FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

鼻づまりについて

2009.03.31 (Tue)

鼻がつまることはありませんか?
今日は鼻づまりについてお話しましょう。
かぜやアレルギー性鼻炎でなくとも鼻づまりはおきるようですよ。

かぜをこじらせて鼻づまりが強くなると、口をあけてしか息ができなくなり
大変に苦しいものです。
花粉症のシーズンともなるとくしゃみや鼻水とともに鼻づまりは頭痛のたねです。
鼻づまりは誰でも日常よく起こる症状の一つたそうです。

鼻の中の空間を鼻腔といいますが、鼻腔の通気性が低下して鼻呼吸が
十分に行えなくなると鼻づまりのようです。
鼻から吸い込まれた空気は、鼻腔では上方に円を描くように流れて後方に
向かい、息を吐く時には逆の流れが起こります。

鼻腔は表面積を大きくするために、上・中・下鼻甲介という突起物が出ていますが、
このために鼻腔の断面積は小さくなっているそうで、鼻粘膜のわずかなはれや少量の
鼻水でも、鼻呼吸の気流は妨げられ、鼻づまりを起こすことになります。

鼻づまりを起こす原因として、
①鼻粘膜の腫脹と②鼻腔内の形の異常がおもなものです。

鼻粘膜の腫脹は、かぜやアレルギー性鼻炎(花粉症も含まれます)の際に
起こるもので、細い血管の拡張や血管透過性亢進(この結果、血液の水成分が
血管外に漏れ出てきます)によって生じる浮腫により起こるようです。
鼻腔には鼻甲介と呼ばれる突起物があるため表面積は大きいものの断面積は
小さくなっており、このため浮腫があると容易に鼻づまりを起こすようです。

これに対して鼻腔内の形の異常は、鼻の構造的な問題で起こる鼻づまり
だそうです。
鼻腔は薄い軟骨と骨でできた鼻中隔で左右に分けられていますが、
この鼻中隔が変形して鼻づまりを起こしているのが鼻中隔わん曲症です。

鼻中隔わん曲症は以前に受けた外傷によることが多く、古いものであったり
子どものころであったりして、覚えていないことが多いようです。

中学生やそれ以上の年齢で、いつも片方の鼻だけがつまっているようなら
鼻中隔わん曲症が疑われ、日本人のほとんどは少し骨が曲がっていると
いわれていますが、アレルギー性鼻炎やその他の鼻疾患があると、
よけいに鼻づまりがひどくなりがちだそうです。

自分の鼻づまりの原因を知り、適切な対応が必要なようですよ。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 鼻づまり アレルギー性鼻炎 鼻粘膜

11:54  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/136-d4594ff9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |