FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

病気にかかりにくい人は、免疫力が高い!

2008.10.09 (Thu)

いや~ぁ、日本も捨てたモンではありませんね。
なんせ、ノーベル賞の受賞者が4名とは・・・・・・
それぞれに、大変なご苦労と努力の結果でしょう。
今の暗いニュースの多い中、太陽のように暖かくしてくれる
話題ですね。

それでは、身体にいい話
昨日に続き免疫力にについて書いてみましょう。

風邪を引いてしまったり、同じものを食べていても、自分だけお腹を壊してしまう人。
では、病気にかかりやすい人の免疫力はどんな状態になっているのかといいますと、その原因は粘膜系の免疫力の低下です。

そもそも粘膜とは何なのでしょうか。

粘膜とは、鼻や口などの、身体の内側にあり、外界と接する部分の事。そして、食道や、胃、腸などの粘膜から、人間は、栄養素や水分を吸収しています。

しかし、粘膜には様々な物が外界から流入するため、病原体の侵入場所になってしまいます。

粘膜は色々な病原体の侵入を阻止するバリアとして重要な役割を果たしています。
ウイルスや細菌などの病原体は、呼吸や食事と一緒に、人体に入り込みます。

健康な人はそこで、粘膜のバリア機能が病原体の侵入を阻止。病気にかかることはありません。
ところが、粘膜系の免疫力が低下していると、病原体が粘膜を体内に侵入。病気にかかってしまうのです。

つまり、病気にかかりやすいのは、粘膜系免疫力の低下が原因です。
粘膜を健康な状態にする事が重要それには、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つのビタミンの摂取が必要 です。

この3つを、同時に手軽に取れるのがカボチャそして赤パプリカ。さらに、ホウレン草です。
粘膜の新陳代謝を活性化すれば、「粘液」や「IgA抗体」の産生量も増加します。

さらに、粘膜系免疫戦士が弱っている時その代役をしてくれる健康サポート食材をご紹介いたします。

健康サポート食材1はカテキンです。

カテキンには、ご存知の通り、高い殺菌作用があります。お茶の産地では"お茶うがい"は常識です。
その高い殺菌作用で、低下している粘膜系免疫力をバックアップ します。

健康サポート食材2はフコイダンです。

フコイダンは、海藻のヌルヌル成分のことで、海藻が他の生き物に食べられないようにする為に作り出すバリアの様なものです。
このフコインダンは、人間の粘液と非常に性質が似ていて、粘膜になじみやすく、粘液不足を補ってくれるのです。

健康サポート食材3 キムチ

実は、キムチには、大量の乳酸菌が含まれていて、腸内で、食中毒菌を退治してくれる働きがあります。
キムチ特有の乳酸菌「ラクトバチルス」は、胃酸で死滅しがちな乳酸菌の中で、もっとも腸に良く届く、優れた乳酸菌なのです。

免疫力バンザイ


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 免疫力 粘膜 病原体

09:15  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/11-df13cd48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |