FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

うっかりミス…緑内障かも?

2018.08.03 (Fri)

左右で違う靴を履いていたり、レジでお釣りをもらうのを
忘れたりなど、うっかりミスの経験が皆さんはありますか?
気をつけているつもりでも誰しも経験があるかと思います。

しかし、そんなうっかりミスの中には、深刻な病気が潜ん
でいる場合があります。それは目の病気…「緑内障」です。
今回は、そんな危険なうっかりミスについてお話をしたいと
思います。

そもそも緑内障という病気は、患者数が全国に360万人以上
もいるとされるにも関わらず、じつは自覚症状がほとんど
ないために約9割の方が気がつかない病気です。

病気に気づけないうちにうっかりミスが増えていき、外出で
きなくなったり、仕事をやめてしまったりするケースも多く、
最悪の場合は失明のリスクも考えられます。

分かりやすくいえば、緑内障は目の奥の網膜に異常が起きて
視野が欠けてしまう病気です。普通に考えると、見えない場
所があれば異変に気づきそうなものですがなぜ症状に気づか
ないケースが多いのでしょうか?

私たちがモノを見るとき、目に入ってきた情報は、目の奥に
ある網膜がスクリーンとなって情報を受け取っています。網
膜にびっしり張り巡らされている視神経によってその情報は
脳へ運ばれますが、視神経は一つの束になって脳に伝わって
いて、その部分はくぼみのようになっています。

このくぼみが大きく陥没している状態が、緑内障なのです。

網膜には常に圧力がかかっていますが、何らかの原因で圧力
が強くなると視野の周辺の視神経がダメージを受けてしまい
ます。そして、視野が欠けていきます。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

14:15  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |