07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

冷房で「冷える体」にならない

2017.08.02 (Wed)

ジトッとした暑さ厳しい季節は、屋外に出るだけでも汗を
かきやすいため、冷房の効いた室内で過ごす時間が多くな
る人もいることでしょう。涼しい場所を選んで過ごすこと
は、熱中症対策としても効果的です。

一方であまりにも外気温との差が激しいと、身体の体温調
節機能がうまく働かず、身体の冷えを感じることもありま
すね。

そこで今回は身体を冷やしすぎないための運動や生活習慣
についてご紹介したいと思います。

一般的に女性は男性に比べて体脂肪が多く、筋肉量は少な
いと言われています。体脂肪は熱を通しにくく、一度冷え
てしまうと温まりにくい性質があるため、女性は冷房に対
してより敏感に冷えを感じやすい傾向があるといえます。

一方、男性は女性に比べて筋肉量が多く基礎代謝が高い
ため、体内で熱を産生し、血液循環をよくすることで身体
が温まりやすい特徴があります。いつもクーラーなどの冷
房で身体の冷えを感じている人は、筋肉量を増やす、つま
り運動を行うことも一つの冷え対策なのです。

もし、日常の中にエクササイズを取り入れるのであれば上
り階段がオススメです。通勤や通学、ちょっとした移動の
時にエスカレーターやエレベーターよりも階段を使うこと
で、下半身の筋肉を鍛えることができます。

ふくらはぎの筋肉を使えばむくみ解消にもつながり、運動
量も確保できて冷え対策にも効果的です。鍛えたい筋肉を
意識するとさらにエクササイズ効果が高まると言われてい
ますので、ヒップアップであればお尻の筋肉を、姿勢を美
しく見せたいというのであれば、太ももの前側の筋肉を特
に意識して階段を上るとよいでしょう。

また、冷房に悩まされる日常生活の中でも身体を温めるこ
とを心がけましょう。運動で身体を温めることはもちろん
ですが、毎日のことである入浴もシャワーのみで済ますの
ではなく、湯船につかって身体全体を温めるようにすると
よいでしょう。食事を三食とることも大切です。食事は食
べることによって体内で熱を発生させるのですが、欠食や
少なすぎる食事量では十分な熱量が得られず、結果として
身体が温まらない状態を作り出してしまいます。

過度にスパイスを効かせたものを食べすぎると、胃腸への
負担が高くなってしまいますが、適度に香辛料のきいたも
のを食べることは、体内で熱量を生み出すことに役立ちま
す。カレーやキムチなどを上手に取り入れましょう。

暑い時期だからこそ、身体が冷えすぎないように過ごすこ
とが、体調を整えることにつながります。ちょっとした運
動や日常生活を見直すことで、冷え対策を行いましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 冷え

15:06  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。