05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

肘の滑液包炎について

2017.06.08 (Thu)

関節の周りに多い滑液包が炎症を起こす病気です。
肘先でも、骨と皮膚の間の部分で刺激が続くと、 滑液包が炎症をおこし
腫れることがあります。

これは肘の滑液包炎と言いだいたいの場合、自宅で肘をついて寝そべったり、
肘を長時間つくような生活習慣を見直していただき、 痛くなった原因を取り
除くことで治ります。

液包炎に多い場所は、よく動かしたり摩擦がある所で起こります。
理由は、摩擦が多くかかる所に滑液包が多くあるからです。

実際に、肩・膝・肘・股関節・足首など関節や皮膚の動きが多い場所に
発生しやすいです。

原因は、使いすぎ・関節症・外傷・痛風・関節リウマチ・関節症など

多い場所としては、肩・膝・股関節・肘・足首で、症状としては 痛み
・関節可動域の制限・腫れなどです。

関節に近い場所の滑液包炎は腫れがあってもわかりにくいことがありますが、
皮膚表面の滑液包炎の場合、腫れが目立ってきます。

動かしたり、滑液包炎の場所を押さえると痛みがあることが多く、 肘など
皮膚に近い滑液包炎の場合は痛みがないこともあります。

黄色ブドウ球菌などの感染や結晶誘発性関節炎が原因の場合は痛みが
強く、赤く腫れることがあります。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:54  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |