05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

蓄積疲労について

2017.06.06 (Tue)

「蓄積疲労」の症状は、集中力・注意力が欠けて単純ミスが多くなったり、
ささいなことでイライラするようになります。

蓄積疲労とは、健康な状態の人であれば、バランス良い食事と充分な睡眠で
1日の疲れは 回復するものですが、日々の疲れが取れない状態が長く続くと、
慢性的にだる い、目覚めたときにすっきり感がない、やる気が起きないという
状態になります。

また、蓄積疲労が進むと、今度は眠れなくなり、「うつ」状態になること もございます。
大切なことは早めに疲労の蓄積の原因を改善することです。

蓄積疲労を取るための方法は、一般的には食事であり疲れがたまる一因は
エネルギー不足が多いようです。

糖質をエネルギー に変えるのに不可欠なビタミンB1が豊富に含まれる豚ヒレ肉、
うなぎ、 玄米、ほうれん草、ゴマ、卵などを、1日に何回かに分けて取ることを
蓄積疲労にはお勧めします。

エネルギー代謝を高めるマグネシウムが含まれる木綿豆腐、昆布、 緑黄色野菜にも
疲労回復効果がありますので蓄積疲労と思われる方は意識的に摂取されるとよいでしょう。  

次は血行促進。筋肉疲労で発生する乳酸は、血流に運ばれて除去されるので
血液循環をよくすることが大切で38~39度のぬる湯にゆっくりとつかる 習慣をつけましょう。

また、血液の粘りを緩和するこまめな水分補給の他、体内のイオンバランスの崩れも
大気汚染や紫外線で、空気中のマイナスイオンが年々減っている現在心配なことです。

蓄積疲労に対するマカの効用は古くから経験的に知られていましたが、近年研究が
進みその科学成分や特性が明かにされてきました。

体力の衰え

体力は、大きく身体的要素と精神的要素に分かれます。
さらに、行動体力と防衛体力に分かれ、皆さんが日頃感じている体力は、
行動体力の中の「機能」という部分になります。
行動体力の中の「機能」には、行動を起すために必要な筋力(力を出す)や
筋パワー(力強さ)、行動を持続するために必要な全身持久力(スタミナ)や
筋持久力(力を出しつづける)、また行動を調整するために必要な柔軟性、
平衡性(バランス)、敏捷性(すばやさ)、巧緻性(上手さ)があります。

また、防衛体力は、暑くなったりすると、身体がぐったりするなどの物理的な
ものから、細菌が体内に入るとよく熱を出すなどの生物的なものといった
ストレスに対する抵抗力を意味します。


スポンサーサイト
11:58  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |