02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ニキビと女性ホルモンの関係

2017.03.30 (Thu)

ニキビとは様々な原因により引き起こされる炎症を伴った発疹で、
医学的には尋常性ざ瘡、一般的に特に思春期以降のニキビを
「ふきでもの」とも言います。
主に皮脂腺の多い顔、頭、胸、背中に多く見られます。

ニキビは体質に大きく関わり、皮脂腺の活動が活発な人が症状が
出やすい傾向があります。
ニキビの出来やすい時期もあり、季節の変わり目である初夏や
初秋に出来やすくなります。

多くの場合思春期以降になると自然と収まりますが、近年では
思春期以降もニキビができる大人のニキビで悩む人も増えています。

さて、ニキビは 毛穴にたまる皮膚の角質や汚れです。皮脂と角質が
混じり合うとコメドと呼ばれるかたまりができます。
これが ニキビ の初期段階です。そのコメドを栄養にして、アクネかん菌が
繁殖します。
皮膚のアクネかん菌が増えると、皮脂を分解して不飽和脂肪酸を放出
します。
これが皮膚に炎症を起こしニキビとなります。

ニキビの原因については、まず第一に、女性ホルモンバランスの崩れです。

皮脂の分泌は、男性ホルモンと女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)の
働きによって、コントロールされています。
このホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌が盛んになり、 ニキビ が
できやすい状態になります。

経前の約 2 週間、つまり排卵があってから次の月経が始まるまでを
『黄体期』と呼びます。
この時期に分泌される黄体ホルモンには男性ホルモンと同じように、皮脂の
分泌を高める働きがあるため、『黄体期』には ニキビ ができやすくなったり、
悪化しやすくなります。

また、月経前は、不眠症がちだったり、ストレスがたまったりと、 ニキビ に
悪いことが多く起きます。
また月経が不順な人は、黄体ホルモンのバランスがくずれて、ニキビが
できやすい状態になります。

また、便秘症なども原因の一つです。
便秘になると消化された食物が腸内に長く滞留し、分解物が異常発酵し
有毒物質を発生します。

有毒物質が腸内から吸収されると、 ニキビ が悪化してしまいます。
また黄体ホルモンには、大腸の動きを抑制する作用がありますので、
月経前の時期には便秘傾向になりやすいので、普段から注意が必要です。

女性ホルモンバランスの崩す要因は、 ストレスや蓄積疲労 などで、
強いストレスがかかると、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンが
分泌されます。
これが男性ホルモンと同じような働きをする「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の
分泌を促進するといわれています。
これが皮脂の増加をひき起こし、ニキビが出来やすくなります。

バランスの良い食事をとらないと、ニキビの原因となります。
とくにビタミンは大切です。
ビタミンB 2 は皮膚や 粘膜を保護するはたらきがあります。
ビタミンB 2 は、レバー、牛乳、ほうれん 草、さば、うなぎ、焼き海苔、
干ししいたけ、ワカメ、卵などに多く含まれています。

ビタミンB 6 は 皮膚の健康を保つために必要なビタミンで、皮膚の
抵抗力を強め、カブレや ニキビ を予防します。ビタミンB 2 との併用は、
いっそう効果的です。

ビタミンB 6 は、レバー、豆類、穀類、いわし、さば、まぐろ、卵、鶏肉
などに、多く含まれています。
ビタミンCはニキビ あとの色素沈着を防ぐのに有用です。ビタミンCは、
野菜類、果物類に多く含まれています。飲酒は B2 の体内への吸収を
阻害しますので、注意が必要です。

また過度の飲酒は肝臓の機能を低下させるため、各種ビタミンの
貯蔵能力が低下し、結果的に皮膚の代謝機能を阻害し、ニキビを
悪化させます。

また食生活など、過度のダイエットも要注意です。
脂肪細胞からも、女性ホルモンは産生されています。過度のダイエットで
体脂肪が極端に減少すると、女性ホルモンの低下によりニキビが出来
やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : にきび

09:27  |  ふきでもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ニキビと女性ホルモンno

2017.03.30 (Thu)

09:21  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

むくみについて

2017.03.28 (Tue)

むくみは血管内と血管外を行き来している体液のバランスが
崩れることで、むくみ(浮腫)が生じます。

むくみを調べるには足首の少し上を30秒程度押してみて、
へこみが残るとむくみがあるとわかります。
むくみが起こる原因には、血中タンパク質の減少、心臓機能の低下、
血管の炎症や原因となる病気などから引き起こります。

そもそも、食べ物や飲み物から摂取した水分は、血液中に取り込まれ
全身へと運ばれます。
そして、毛細血管から出て、細胞間隙を満たしている細胞間液を介し、
細胞へ酸素や栄養を運びます。同時に細胞などから出た古い水分
(老廃物)を受け取り、ほとんどは毛細血管から静脈へ戻ります。

静脈に戻らなかった水分はリンパ管で回収され、リンパ管を通り
静脈へと戻されます。最後はすべて腎臓でろ過され、必要なものは
再利用され、不要なものは尿となって身体の外へ排泄されます。

この循環が滞ってしまうと体内に水分がたまり、身体がむくみます。

健康な身体を保つには、いつも血液やリンパの循環を良くして
あげることが大切です。
脚はもともと、心臓より低い位置にあるため、重力の関係で
リンパの流れが悪くなりやすいところです。

長時間同じ姿勢をとり続けると、すぐに循環が悪くなってむくみやすく
なってしまいます。

むくみを防止するには、同じ姿勢を長時間続けるのは避けること。

デスクワークなどで長時間座ったままの時は、2時間に1度は席を立ち、
脚を高くあげるなど、身体を動かすようにしましょう。

イギリス・バッキンガム宮殿の前には門兵がじっと立っていますが、
しばらくすると、脚を高くあげて交代儀式をしますよね? 
あれは単なる儀式ではなく、実は脚のむくみを改善するためでも
あるんですよ。

むくみは一晩寝れば元に戻ると言いましたが、横になって寝ると
重力が軽減されてリンパの流れが良くなるため、脚のむくみはかなり
解消します。

むくみを感じたら、まずはしっかり寝ることが必要。むくみがひどい
ときは足元を少し高くして寝るといいでしょう。

血液は心臓のポンプ作用によって流れていますが、リンパ管は
リンパ管自体のリズミカルな自動運動と、主に脚の筋肉の収縮力に
よって水分を流しています。
そのため、血液はわずか40秒で全身を一周しますが、リンパは
約12時間もかかります。

リンパ管には柔軟性があり、水分を含んで膨んでしまう性質が
あるため、筋肉がないと水分の流れが弱くなるだけでなく、
リンパ管がだらんと緩み、さらにむくみやすくなります。

むくみやすい人は、なるべく歩くようにしたり、軽い運動をして
筋肉を刺激してあげることが大切です。

また、少し圧力のある靴下やストッキングを利用してリンパの
流れを促してあげることも、むくみだけでなく、脚の疲れを和らげる
ことに有効です。

昔、日本兵がゲートルという固めの包帯のようなものを脚に
巻きつけていたのをご存知ですか? 
あれも単なるファッションではなく、むくみや疲れを防ぐためだったんです。

他にも入浴などで身体を温め、血行を促すことも有効ですし、
マッサージをするのもとても効果的です。
逆に、身体を冷やしたり、きつい下着を身に着けるのは避けること。
脚の付け根には大きなリンパ節があるのですが、きつい下着は
この流れを妨げてしまうことがあるので注意が必要です。

また、一過性のむくみであれば、以上の方法でほぼ解消できますが、
翌朝になってもむくみがひどい場合は、病気が原因ということも考え
られます。

代表的な病気は、心臓、肝臓、腎臓の病気。心臓が悪いとポンプ力が
弱くなり、血液や組織液の流れも悪くなります。

また、アルブミンは、肝臓で分解・再生されるので、肝臓が悪い人は
アルブミンの働きが鈍りやすく、むくみやすくなります。

長い間浮腫みがとれない場合は、病院で検査されることをお勧めします。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : むくみ

14:08  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

顔のかゆみとかぶれ

2017.03.23 (Thu)


蓄積疲労やストレスがお肌に与える影響のメカニズムは
詳しく解明されていないことも多いようですが、ストレスにより
自律神経やホルモンバランスが乱れたり、免疫力が低下したり、
抹消血管の収縮による血行不良、消化不良が引き起こされる
ことが知られています。

不安や悩み、心配ごと、仕事、プレッシャーなど、人間の体には
ストレスや不快を抑制しようとする「防衛機制」があります。

これは、心の安定を保つための働きで、「心の安全装置」とも言えます。
これがうまく働いていれば問題ありませんが、それが「許容範囲」を
超えたとき、体にシグナルを送ってきます。
それが体調の変化であり、自律神経系に乱れが生じ、血液循環を
悪化させて、病気となって現れるのです。

原因の多くは精神的ストレス、人間関係のストレス、イライラ、さまざまな
閉塞感などで、常に緊張感がとれず、リラックスできないのが起因して
ホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、
他方の副交感神経の働きが抑えられてしまうことです。

ホルモンバランスに影響される自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、
心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きをコントロールして
いる神経のことです。

交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため
交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために副交感神経が
働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスをとって内臓の
働きを調整しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあり、ここにはホルモン、免疫機能の
コントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。
そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

顔にかゆみと赤くかぶれは、ほとんどの場合ホルモンのバランスがくずれ、
自律神経の変調を生じているものと思われます。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : かぶれ

14:50  |  ふきでもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ばね指について

2017.03.16 (Thu)

バネ指は指の屈筋腱に起こる腱鞘炎で、靭帯性腱鞘が
屈筋腱を圧迫したために生じます。
発生部位は母指が最も多く、3指、4指の順となります。

名称(バネ指)の由来は、引っかかった指を無理に伸ばそうとすると、
まるでバネの現象のように、ビヨーンと伸びるのでバネ指と称され、
別名「弾発指」、「snapping finger」とも呼ばれています。

中高年者に多く、慢性的な機械的刺激(使い過ぎ)が原因と思われますが、
体質的な要因も大きく関与していると考えられています。

症状は指の付け根の痛みと運動障害です。
症状は、「指の曲げ伸ばしが困難だ」、「朝起きると指が曲がったままで伸びない」、
「無理に指を伸ばそうとすると引っかかりを感じる」などと訴えられます。

指には指の関節を曲げたり伸ばしたりする腱というものがついています。
そのうち指を曲げる腱を屈筋腱といい、親指(母指)に1本、人差指から
小指にそれぞれ2本の計9本あります。

その屈筋腱には指を曲げる時に腱が浮き上がらないようにする組織があり、
それを靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼びます。
この屈筋腱と靭帯性腱鞘との間に炎症(腱鞘炎〈けんしょうえん〉が起こった状態)
が起こると刺激のために腱が厚く硬くなったり、腱鞘が厚くなって、結果とし
て腱の動きが悪くなります。

これを無理して動かそうとするとバネ現象が起こります。
これをバネ指と呼びます。

原因として手の酷使でも発生しますが、主に妊娠時、産後や更年期の
女性に起こることが多い疾患です。

そして関節リウマチでも発生します。
小児にも多く発生しますが、これは原因として先天性で靭帯性腱鞘の
入り口で長母指屈筋腱がこぶのように大きくなってバネ現象が引き
起こされると考えられています。

またどの指にも発生しますが、右手の親指に最も多く発生します。
小児例では親指以外の発生は多くありません。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

11:22  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレートネックについて

2017.03.10 (Fri)

ストレートネックとは、本来は前方向に弯曲しているはずの頚椎が、
姿勢の崩れや慢性的な疲労、負荷によって、文字通り『まっすぐな
状態を指します。

症状としては、肩こり、頭痛、首コリから始まり、吐き気、腕や手の
シビレ、めまい等に繋がります。
また、ストレートネックと猫背は多くの場合にセットで起こります。

猫背によって肩甲間部(肩甲骨と肩甲骨の間)の慢性的な痛みや辛さを招き、
猫背のカーブの強い場合には浅呼吸になり、自律神経のバランスを崩して
しまう場合もあります。

ストレートネックの場合、頭部や重心線が背骨より前に来てしまう為に、
重い頭を首の筋肉で支えなければなりません。
ですので、慢性的に首や肩がこり、それらの筋肉の緊張から頭痛などの
トラブルを引き起こします。

痛い部分にばかりこだわり、そこに刺激を加えよう(マッサージ、指圧、揉む、
叩く、関節を鳴らす、ストレッチ、シップや磁石を貼る)とする方が多いのですが、
これはかえって逆効果で、痛い首をさらに悪くしてしまう原因になりますので、
部分にこだわった治療は危険です。

痛いのは首であっても、1、骨全体との関係 2、骨盤との関係 3、股関節との関係 
を考慮に入れなければ体の重心がくるってしまいす。

傾いた体は構造上いつも無理な力が加わることになりますので、体の土台の上に
ある首も安定しにくくなります。
特に足の調整(体の重心を整える)ことは大切で、上半身は、下半身の歪みに
よって形が決定されてしまうからです。
腕のいい、整体師にご相談されることを、お勧めします。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

12:53  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

生理不順を改善する体内環境作り

2017.03.08 (Wed)

人間のからだは、自律神経の中枢である視床下部によって体温を
一定に保っています
この視床下部が、何らかの影響を受でバランスをくずすと体温の調節が
うまくいかなくなって冷え症や生理不順の原因となることが多いようです

さらに、視床下部は生殖ホルモンのコントロールもつかさどっていますので、
自律神経の乱れは生殖機能の低下となり不妊症の原因になるといえます。

1、食事に気をつけましょう

毎日ランチは職場の近くでコンビニ、そして自宅でもコンビニ弁当ですます人も
多くなってきた最近、動物脂肪が多い食生活を送っている人も多いことでしょう。

動物脂肪が多い食生活は、ホルモンバランスを崩します。
野菜、肉、魚などの栄養バランスのよい、また添加物のない食生活をすると
よいでしょう。

まず、三食規則正しく食べるようにして、カラダにリズムをつけます。

そして、野菜、魚、肉などバランスよい食生活、栄養バランスに富んだ
食事をするように心がけるとよいでしょう。

特に生理不順によい食材もあります。

血流をよくするビタミンE、体を温めるビタミンB群、ホルモンバランスを
整えてくれる大豆製品、生理には必要不可欠といわれているミネラル
(主に鉄分)、生理前のイライラにはカルシウムをとり精神を安定させます。
これらのものを積極的にとるようにしましょう

2、質のいい睡眠をとりましょう。

「よい睡眠」とは、午後10:00~午前2:00に睡眠をとることです。
この時間の間に睡眠をとることができると自律神経は整い、ホルモンの
分泌をよくなります。
できれば7時間ぐらいの睡眠をとるのがベストで、質のよい睡眠を導きます。
まずはよい睡眠をとって自律神経を整えましょう
よい睡眠をとるようになると、生活のリズムができ、規則正しい生活に
つながります。

3、適度な運動をしましょう。

血液はホルモンやさまざまな栄養素をカラダ中に運び、健康を
保つためには大切な道筋です。
身体全体の血液循環が悪いということは、子宮内部の血液循環が
悪いということにもなり生理不順になりやすい体質になります。

身体を動かさないと、脂肪がたくさんつき、新陳代謝は悪くなると
同時に血流も悪くなります。
新陳代謝や血流が悪くなると、カラダ全体の体調は悪くなってくる
ことでしょう。
体調をよくしすると新陳代謝や血流など、いろいろな意味で体内環境が
整いに身体リズムができます。
そして、毎月の生理は正常にくることになります。

排卵は、ホルモンの分泌によりおきます。
そのためには、ホルモンバランスのよい体内環境を整えた健康体で
なければなりません大変お忙しいでしょうが、ちょと実施してみませんか。




テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 生理不順

10:04  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレスと生理不順

2017.03.07 (Tue)

極度のストレスや生活環境の変化、不規則な食事による栄養障害や
蓄積疲労などは、ホルモンバランスを崩し生理不順を引き起こします。

生理がないということは、ホルモンバランスが崩れ、からだの機能が
おかしくなっているという赤信号で、人間関係などによる精神的ストレス
無理なダイエット 激しい運動 規則な食生活や蓄積疲労などにより、
ホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、
他方の副交感神経の働きが抑えられてしまいます。

ホルモンバランスに影響される自律神経というのは、自分の意思とは
関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きを
コントロールしている神経のこと。

交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発に
するため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために
副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスを
とって内臓の働きを調整しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあり、ここには女性ホルモン、
免疫機能のコントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。
そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

卵巣に起こる周期的変化は視床下部と下垂体前葉の機能によって調節され、
卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンの
分泌量には、その周期性変化につれて変化が起こります。

下垂体と視床下部とは密接な関係があり、下垂体の内分泌機能は視床下部から
分泌される放出因子・抑制因子というホルモンによって調節され、下垂体は
いろいろな内分泌腺の上位中枢として卵巣機能も下垂体から分泌される
ホルモンによって調節されています。

また、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンが逆にフィードバックして
下垂体と視床下部のホルモン分泌を調節しています。

近年、神経伝達物質であるノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミン、
エンドルフィンなどが、視床下部の性腺刺激ホルモン放出ホルモンに影響を
及ぼすことが明らかにされ、卵巣機能に対する環境や精神的要素の影響は
これらの物質を介することがわかってきました。

つまり、月経を直接コントロールするのは、女性ホルモンのエストロゲン
(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)ですが、この女性ホルモンの
分泌は脳の中の下垂体でつくられる黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモン
によって、さらに細かい調節を受けています。

元を正せば月経も脳でコントロールされているのです。
さらに、脳の中で月経をコントロールしている視床下部下垂体という部分は
ストレスの影響を強く受けてしまう場所ですので、環境や体重減少、精神的な
悩みなどの急激な変化で、ストレスが生じると、体が「危機」と感じとり、月経が
乱れたり止まったりするのです。

戦時中やインフレ不況の社会ではその間、無月経となる例も多いようですよ。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ストレス 生理不順

16:05  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレスと吹き出物について

2017.03.06 (Mon)

残念ながらストレスをなくすことはできませんし、
生きている限りストレスは続きます。

といいますのは、ストレスとは、本来、生物が外的あるいは内的な
刺激に適応していく過程そのものを概念化したものだからです。
つまり、気候が変わればそれに適応し、飲み水が変わればそれに適応し、
心理的なショックを受ければそれに適応していく、そうした環境に
適応していく時の反応とプロセスのことをストレスというのです。

ストレスの種類について

①物理的・・・・……・・・・・化学的ストレス・・・騒音、温度、湿度、けが、有害物質、
                薬物、大気汚染

②生理的ストレス・・・・・・・過労、睡眠不足、栄養不足、ウイルス、
                細菌感染など。

③心理的・社会的ストレス・・・人間関係の葛藤、欲求不満、不安、
                   心配、、緊張、怒り、失望など。

現在、私たちが社会生活の中で抱えるストレスはとても
大きいものでしょう。
ストレスを抱え込むことでホルモンバランスは大きく乱れてしまいます。
ストレスを溜めない事がお肌に一番良いですが、簡単にストレスを
減少させる事は容易ではありません。

だからこそ、時間をかけてでも自分にあったストレス解消法を
見つける事が大切です。
毎日、無理のないゆとりを持った生活を送れるように計画を立てて
みる事もお肌にも吹き出物にも効果的でしょう。

食事は油ものが多くなると出やすくなります。
生活のリズムが崩れると、ホルモンのバランスも崩れる
傾向があるため、自覚していなくても体にはストレスとなっ
ていると思われます。

日々の生活でストレスを溜めていると、自律神経や副交感神経の
バランスも崩れることになります。

リラックスするための時間が必要になるでしょう。
排泄は体に老廃物をため込まないように、便秘にならないように
適度な運動をして腸を活性化させたり、食物繊維の多いものを
食べるなどの工夫してみましょう。

ストレスがたまると自律神経が乱れます。

自律神経の乱れると腸の働きが抑制され、胃炎や便秘になり
有害物質が腸に溜まります。
腸に溜まった有害物質が吸収されるとお肌にも影響を及ぼし、
吹き出物が出来やすくなるのです。


ストレスに強くなる栄養素

ストレスを完全に避けることは不可能です、
そこで大切な事が上手なストレス解消とストレスに負けない
体づくりなのです。
ストレスはホルモンのバランスを崩す原因となりますが、
体内のホルモンバランスを正常にもどし、かつストレスに強い体を
つくってくれるのが栄養で、ビタミンやミネラルは特に神経や
ストレス、免疫力に関する栄養素です。

そのメカニズムはまだ究明されていませんが、
さまざまな実験や調査により、ストレスが免疫力を低下させることが
わかってきています。

阪神大震災後の生活でストレスを受けていると答えた人は、
ストレスを感じないと答えた人よりも10~25%も免疫力が低下していた、
という大阪大学医学部の調査結果などがその例です。

反対に、シルバーコーラス部の女性のNK細胞(免疫細胞のひとつ)の
活性度を調べたところ、平均値よりも20~30%高く、さらにコーラスの
練習後の値はもっと高くなっていたとの調査結果にもみられるように、
精神が高揚したり開放的になることで免疫力は増すと言われています。

「笑う」「前向きに考える」「ストレスを上手に発散させる」などの工夫を
してみることも大切でしょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

12:56  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。