11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

金属アレルギーの予防と対策

2016.12.27 (Tue)

金属アレルギーにならないためには、汗をかいた場所
から金属を外す、金属をつける場所を清潔に保つ、歯
みがきをきちんとする、傷がある場所は金属と触れな
いようにするなどのケアが大切です。

汗をかきやすい季節や、かゆみがある場所などに無理
してアクセサリーをつけるのはタブーです。悪化する
とかゆみだけでなく、しもやけのように皮膚が炎症を
起こして硬くなり、割けて血がにじむ時もあることか
ら、軽くみてはいけません。

すでに金属アレルギーになっている人は、かぶれたモ
ノを繰り返し使うことをせず、原因となる金属に触ら
ないことが非常に大事です。かぶれなどの症状をださ
ないようなケアを続けていくと、活性化していた白血
球が落ち着いてくるため、金属に触れても平気になる
ことがあります。

原因となる金属を避けて生活することは、根本的な治
療にもつながるのです。また、原因が特定できないと
きは皮膚科で「パッチテスト」を受ければ、どの金属
が原因なのか、特定することができます。

また、アレルギーを起こしにくい金属を選ぶことも重
要になってきます。アレルギーが起こりやすいのは合
金(合成の金属)です。主にニッケルや亜鉛、コバル
ト、クロム、銅など様々な種類があります。とくに安
いアクセサリーはほとんど合金でできているので注意
しましょう。金属アレルギーでも結婚指輪をつけたい
人のために推奨されているのは「サージカルステンレ
ス」や「チタン」です。

サージカルステンレスとは元々手術の際に使う器具用
のステンレスで、ニッケルを極力抑えてあります。チ
タンは金属ではないのでアレルギーは少ないと言われ
ていますが、どちらも価格の安いものは合金が混ざっ
ている可能性が大きいので、購入の際にはよく確かめ
てください。

また、ピアスは皮膚に穴を開けて直接金属を差し込む
のでアレルギーが起こる確率がとても高いといわれて
います。体が過敏になるとチタンポストのピアスでも
かぶれることがあるので、どうしてもつけたい場合は
プラスティック樹脂ポストのものを選ぶのがオススメ
です。

平気だった頃は何の症状もなくても、一度発症すると
完治することはほとんどないのが金属アレルギーだと
いわれています。そうなる前に、日頃から対策をとっ
て金属との上手な付き合い方を心がけましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

14:24  |  アレルギー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

金属アレルギーについて

2016.12.21 (Wed)

“金属アレルギー”という病気をご存知ですか?

時計やアクセサリーといった金属に触れることで、
皮膚がかぶれたり膿(うみ)が出たりするこの病気。

悪化するとさまざまな金属に反応し、化粧品や注射針
などにもかぶれてしまいます。
しかし、誰もが、ある日突然、発症する可能性がある
ということは意外にも知られていません。

そこで今回は、この金属アレルギーについてお話をし
たいと思います。

私たちの体には「金属アレルギー体質」になるスイッ
チが備わっています。実は、今までそのスイッチがオ
ンになる原因は謎とされてきました。しかし近年にな
り、少しずつその謎が明らかになってきています。

金属アレルギー発症のきっかけになるものは多種多様
で、毎朝使っていた化粧道具のビューラーや歯のブリ
ッジや差し歯など、人それぞれです。これまでは、金
属が長い時間をかけて体内に蓄積されることが発症の
原因だと考えられていましたが、実際には汗をかいた
ときに金属アレルギーの症状が出るケースが多いこと
が分かってきました。

金属と汗の関係を調べるため、ネックレスや時計のベ
ルトなどを手に握って汗をかくとどうなるか実験をし
た場合、特殊な装置で汗の成分を調べると、ニッケル
という金属が検出されます。これは、汗の塩分や弱酸
性の性質などによって溶け出したものです。溶け出し
た金属はイオンと呼ばれるとても小さな粒になり、肌
にしみ込むのです。これが、金属アレルギーになる1
つ目のポイントです。

そして、この汗以外にもうひとつの要因が加わったと
きに人は「金属アレルギー体質」となります。そのも
うひとつの要因が「菌」です。

私たちの体の表面には、皮膚の常在菌など何らかの菌
がいます。その菌が金属と一緒に体内に入ると、体の
警備係である白血球が菌と戦いを始めます。そうして
活性化した白血球は、たまたま一緒に入ってきた金属
も敵とみなし、攻撃を始めてしまいます。

これがいわばスイッチの入った瞬間なのです。それ以
降は「金属だけ」が入ってきた場合でも、白血球は攻
撃をしかけ、炎症物質をまき散らして皮膚をただれさ
せてしまうのです。これが「金属アレルギー体質」の
正体です。

菌が入りやすいのは、肌をひっかいてしまうときです。
ひっかいたからといって、すぐに「金属アレルギー体
質」になるわけではありません。しかし、金属をつけ
て汗をかいている場所をぽりぽりひっかいて傷ができ
ると、そこから菌が侵入し「金属アレルギー体質」に
なるリスクが高まってしまいます。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

12:19  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

疲れやすい体にしない為にすること

2016.12.20 (Tue)

鏡に映った自分の顔を見た時、抜け殻のように活力の
無い印象を受けたことがありませんか? 疲労は「疲れた!」
と感じるだけではなく、表情にも表れてしまいます。

疲れの要因は、人それぞれです。「今日はプレゼンがあり、
人前で話すことに緊張して疲れた」「納期ぎりぎりで、睡
眠時間を削って仕事をした」など、疲れの原因が自分でも
なんとなく察しがつく場合もあります。

しかし、このように疲れの原因であろう出来事が起こる以前
に、既に疲れがたまりやすい基盤ができあがっている人もい
ます。本来であれば問題なく取り組める仕事や何気ない日常
生活での出来事に対しても、予想以上の労力・気力を要する
ようになる恐れがあるのです。

そして、もうひとつ「特に疲れるようなことをしたわけでも
ないのに、すごく疲れを感じるのです」というものもありま
すね。ご自身では、疲れる理由の心当たりが無いケースです。
疲労する原因には、肉体疲労的なものと精神的疲労がありま
す。両方が絡んでいるケースも少なくありません。

しかし、疲労状態がいつの間にか慢性化していたり、疲労が
きっかけとなって、体調を崩してしまうことになったりと、
ひどくなってからではないと、自分のカラダに目を向けるこ
とがないという人もいます。早期回復ができない状態へと進
んでしまうと、仕事も休まざるを得なくなります。

そうならないためにも、朝の生活習慣に気をつけてみましょう。

1. 寝起きはゆっくりと体を目覚めさせる
慌てて飛び起き支度をする時、体はまだ活動する準備が万全
ではありません。その状態で体への負担をかけながら、急に
活動を始めると早々に疲れを感じてしまいます。

2. 意識的に酸素を体内に取り込もう
朝は時間の余裕をもって起床を心がけます。布団の中で深呼
吸を繰り返しながら、ゆっくりと伸びをしましょう。意識的
に酸素を体内に取り込んで、筋肉へも刺激を与えましょう。

3. 胃にやさしい朝食を心がけましょう
一日を元気にスタートさせるためには、朝食は必要なエネル
ギー源です。特に疲労時は、胃の働きも低下しているケース
があります。満腹に食べる必要はなく、胃の負担も考慮して、
消化の良いものを摂る様にすると負担が少なく、エネルギー
不足による朝の疲労感が予防できます。

4. 頭をフル回転させてしまう傾向のある人は脳を休めて
考え込む傾向があり、あらゆることを想定して心配になった
り、スケジュールを詰め過ぎたりすると脳疲労の要因になり
ます。心配事やスケジュールの密な段取りを頻繁に考えるだ
けでも、心身を緊張させつつエネルギーを要する場合がある
のです。

5. 靴底の減りと朝の肩こりは健康状態のバロメーター
靴底がすり減っていると、余計な筋力を使い姿勢を保ち動く
ことになるため、気付かないうちに疲れが溜まります。そし
て、目覚めの肩こりも睡眠中に疲労が回復していないサイン
の場合もあります。

何気ないことばかりですが、いくつかの要因が重なり続ける
と、疲労しやすい状態になります。それに気付かなければ慢
性的な疲労感や体調不良を感じるようになります。生活習慣
を見直して、改善できる部分から少しずつでも変えてみては
いかがでしょうか?


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:03  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

入浴の時はヒートショックに用心をしよう

2016.12.19 (Mon)

寒い日が続いています。室内と屋外の気温
差が激しいことも多く、こういった時期には多くの
入浴事故が起こることを皆さんはご存知でしょうか?

急激な温度変化によって、血圧が急に上昇したり下
降したりして体が不調になることをヒートショック
といいます。ヒートショックを起こすと心臓や血管
に異常が発生して突然死する場合もあります。

例えば、脱衣所と浴室の室温10℃、お湯の温度41℃
の条件で血圧の変化を調べたところ、脱衣所で裸に
なると収縮期血圧は約100mmHgから115mmHgに上がり、
その後も上がり続けました。そして、お湯につかっ
た直後に約140mmHgと最も高くなりました。

その後、血管が温められて拡張することや、お湯の
中では心臓の収縮・拡張が制限されることなどから、
血圧は急激に低下します。そして浴室から出るため
に立ち上がると血圧はさらに下がり、お湯から出る
と急激に上がります。

こうした、入浴時の温度変化などに伴う急激な血圧
の変化が、脳や心臓に異常を起こし、事故につなが
ってしまうのです。

入浴による事故を防ぐには、入浴前とお湯につかっ
た直後の血圧の急上昇、入浴中の急下降の防止が重
要です。入浴する前には、浴室・脱衣所を暖めてお
くようにしましょう。脱衣所や浴室を暖めておけば、
「脱衣後」「お湯につかった直後」「お湯から出た
直後」それぞれの血圧の急上昇を防ぐことができ、
ヒートショックによる事故を予防できます。

例えば、浴室の扉を開けて高い位置からシャワーで
お湯張りをすると、浴室や脱衣所を暖めておくこと
ができます。

お湯に入る前には、かけ湯をしてから入りましょう。
いきなりお湯に入るよりも、手足など心臓から遠い
部分から順に5回程度かけ湯をしてから入ると、血圧
の変化が緩やかになり、心臓の負担も少なくなりま
す。浴槽のお湯の温度は、体温に近いほど血圧の変化
が小さくなります。熱いお湯は避け、夏は38℃程度、
冬は40℃程度までの温度で入るようにしましょう。
半身浴を3~5分間行い、お湯に慣れたら少し熱い
湯を足すのもよいでしょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

20:05  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

睡眠力を回復させるために

2016.12.15 (Thu)

近年、睡眠専門医の間で話題になりつつある「睡眠力」。
最近の研究で眠るにも「力」が必要なことがわかってき
ました。特に高齢者の方に多いお悩みは

(1)眠りが浅い
(2)なかなか眠れない

の2つといわれています。そこで今回は、年齢とともに
衰える睡眠力を少しでも回復させるためのお話をしたい
と思います。

実は、夜の問題を解決するカギは、昼にあります。寝つ
きに問題を抱える方の多くは、夕方に居眠りをしがちな
ことが多いのです。夕方に眠ってしまうと、眠気が解消
されてしまい、布団に入る頃に十分眠気が蓄積されませ
ん。その結果、寝つきは悪くなります。十分な眠りが取
れないと翌日は眠気がのこり、パッチリと目覚めた感覚
は低いままです。夕方になると、とうとう力尽きて居眠
りをしてしまいます。こうして悪循環を繰り返すことに
なります。

そこで対策。夕方に居眠りする前に昼寝を先にとってし
まいます。時間帯は午後1時から午後3時までの間です。
眠る時間は30分以下にします。そうすることで、夕方
にくる眠気は解消され、さらに夜、寝床に入るまでの時
間に十分眠気を蓄積することができます。

また、夕方に30分程度の運動をすることもオススメです。
午後1時から3時までの短い昼寝と併せておこなうこと
で、夕方の覚醒度はさらにあがり、運動による疲れも蓄
積されます。睡眠の深さは昼間の疲労度と深い相関関係
が認められますので、眠りは深くなり、夜中に目覚める
時間も減ります。

ある研究で、平均年齢67.8歳の方23人に昼間の短
い昼寝と夕方の運動を4週間続けてもらいました。する
と寝床についてから眠りに入るまでの時間が、78・6
分だったのが38・2分になったのです。およそ半分の
時間で眠れるようになりました。

さらに夜中に目覚めてしまう時間が、合計57・5分だ
ったのが26.8分になりました。こちらも半分の時間
に短縮されたことになります。

眠気をしっかり蓄積し、適度な運動で疲れを感じさせる
ことで眠りはより深いものになっていくのです。なかな
か眠れず、やっと眠れても眠りが浅いという人は、悪循
環に陥ってしまっているのかもしれません。ぜひこの方
法を試してみてくださいね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:56  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

照明選びは意外と大切ですよ

2016.12.14 (Wed)

皆さんは部屋の照明をどのように思われていますか?
「部屋を明るくするだけ」が照明の役割だと思われがちですが、
実は私たちの身体に与える影響はさまざまです。
そこで今回は、内臓や神経にまで影響を及ぼす“照明の
意外なチカラ”についてお話をしたいと思います。

毎日の生活で使う照明は、仕事のパフォーマンスや
自宅での疲労回復に重要な関わりがあります。特に
照明の色は、交感神経・副交感神経の自律神経系に
大きく影響を与えるといわれ、交感神経を働かせれ
ば仕事に集中でき、副交感神経を働かせれば体をよ
く休ませることができます。

仕事をする際の照明は、白系の色の照明を選びまし
ょう。 明るい青みがかった白の照明は交感神経を刺
激し、活動的にさせてくれます。また、壁紙を白くす
れば光の反射率を約70%前後まで高めることができる
ので、より効果的です。 部屋の壁の色とあわせて照
明の明るさを選ぶことで、明るすぎず、暗すぎない環
境を保つことができます。

逆に家でのんびり過ごす時間には、温かみのあるオレ
ンジ色の光を使って休息の質を上げましょう。オレン
ジ色の明かりはリラックス効果が高く、睡眠時にも小
さめの光をつけることで、真っ暗にするよりも安眠効
果があると言われています。

また、落ち着いて仕事をしたい、脳を落ち着かせなが
らも作業をしたいという方は、間接照明などやわらか
な暖色系の明かりを使ってみるのもオススメです。

ある研究では、白い光は「甘み」や「苦み」といった
味覚を敏感にし、赤い光は胃の働きを活発にする作用
があるともいわれています。キッチンは白い光の照明、
食卓は赤っぽい光の照明…なんて組み合わせてみると
面白いかもしれませんね。

このように、普段はあまり気にしない照明も選び方一
つで無意識のうちに生活の質を上げることができると
したら嬉しいものです。皆さんもぜひ試してみてくだ
さい。


17:17  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「発熱力」の低下で病気に気づけない!

2016.12.06 (Tue)

体調を知る目安になる「体温」は細菌やウイルスが
侵入すると高熱がでます。ところが、肺炎などにか
かっても、熱が上がらないタイプの人がいるのをご
存知ですか?ほうっておくと危険な「発熱力」の低
下についてお話をします。

近年、高熱がでないため病気に気づかず、症状が悪
化したという人が、肺炎では75歳以上の約3割、イン
フルエンザでは高齢者の約5割、成人の約2割もいる
といわれています。なぜ、肺炎などを発症しても高
熱がでないのでしょう。

それには高齢になると衰えてくる「筋肉」が大きく
関わっていると考えられています。筋肉に含まれる
「サルコリピン」というたんぱく質には、食事から
とった糖や脂肪をもとに熱を作り出す働きがありま
す。細菌やウイルスに感染したときにも発熱を促し
て免疫力を高め、ウイルスの増殖を抑制しているの
です。

そのため筋肉量が減ると「発熱力」が低下し、いざ
というときに免疫力をあげることができないのです。

筋肉量を増やし、発熱力の低下を防ぐために手軽な
ウォーキング方法をオススメします。

ややきついと感じる速歩とゆっくり歩きを3分間ずつ
繰り返すだけです。1週間で速歩の時間が合計60分以
上になるのが目標です。たとえば3分の速歩を1日5回
なら、週に4日でOKです。

さらに、速歩後30分以内に牛乳200mlを飲むことも
ポイントです。運動後30分~1時間の間は、損傷した
筋肉を修復するためにアミノ酸を多く取り込みます。
このときにアミノ酸を多く含む牛乳を飲むことで筋
肉にどんどん吸収されて筋肉量が増えるのです。

年のせいだと諦めずに、お手軽ウォーキングで筋肉
を増やし、病気の予防や重症化の防止につなげまし
ょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:57  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「におい玉」は扁桃からのSOS

2016.12.05 (Mon)

突然ですが皆さんは、咳をしたときなどに米粒ほどの
大きさの、つぶすとクサイ“玉”が口から出てきたこ
とはありますか?通称「におい玉」とも呼ばれるこの
玉が、実は全身の病気につながる重要なサインである
ことが分かってきたのです。

正式には「膿栓」(のうせん)と呼ばれるにおい玉は、
のどの両脇にある「扁桃」にできます。扁桃は体を守
る免疫器官で、口から体内に入った細菌を炎症を起こ
して撃退します。このときにできた細菌の死骸のかた
まりが膿栓です。

つまり、膿栓はのどが細菌に侵入された証ともいえま
す。扁桃は、免疫細胞の「T細胞」による命令で働き
ますが、細菌との戦いが長引くと、暴走して誤った指
令を出してしまうことがあります。すると、命令を受
けたほかの免疫細胞が全身に攻撃を開始し、腎臓病や
肌荒れなどの全身の病気を引き起こします。

そういった事態を避けるためにも扁桃の状態を自分自
身で知っておくように心がけましょう。まずは、扁桃
の炎症が続く「慢性扁桃炎」に気づき、治療をするこ
とです。のどのイガイガ感や違和感が1か月以上続い
たり、膿栓が月に3~4回、3か月以上出るようであれ
ば、耳鼻咽喉科に相談してみましょう。

また、常に扁桃が腫れている自覚のある方は、口呼吸
のクセがついていないかどうか確認しましょう。口呼
吸は口内が乾燥して細菌が繁殖しやすく、細菌が扁桃
に直接当たるので、慢性扁桃炎になりやすくなります。
口のまわりの筋肉「口輪筋」を鍛えて、口を閉じるよ
うに意識して生活しましょう。


09:20  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

けん玉・お手玉・折り紙に隠された力

2016.12.02 (Fri)

タグ : 健康

10:01  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |