08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

腰痛は国民病といえます

2013.09.05 (Thu)

腰痛はだれでもよく起こる疾患で、日本中の成人の90%が、
なんらかな機会に腰痛を経験しているといわれており、
腰痛は国民病のひとつといえるでしょう。

腰痛の原因には、椎間板ヘルニアのような腰椎の疾患、
脊髄にできた腫瘍、神経の損傷、腰椎の筋肉や筋膜などの
障害があります。

腰痛の発症は、スポーツや無理な姿勢だけではなく、
内臓疾患によることもあります。

精神・心理的なことが原因になっていることもあります。

腰の骨や椎間板の異常の多くは、レントゲン検査やMRI検査でわかります。
それ以外の腰痛は、内臓疾患や心の病気のサインだったりすることもあります。

1.背骨に原因する腰痛 (骨折、すべり症、椎間板ヘルニヤなど )
2.筋肉・靭帯に原因する腰痛 (ぎっくり腰、腰部打撲、筋・筋膜炎など )
3.神経に原因する腰痛 (パーキンソン病、脊髄腫瘍などの神経疾患によるもの )
4.内臓疾患に原因する腰痛 (胃腸・膵臓・肝臓疾患、腹部大動脈瘤、腎・尿結石、
  膀胱疾患、子宮筋腫、子宮内膜症など )

以上の疾患の可能性もございますので、注意しましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 腰痛 椎間板ヘルニア すべり症 ぎっくり腰

15:52  |  腰痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。