FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

しゃっくり

2011.03.28 (Mon)

しゃっくりは、突然起こります。
しゃっくりが長く続いてつらかったら、舌を少しの間
引っ張ってもらうと、大抵は止まります。

しゃっくりは、横隔膜(胸の内部とおなかの内部を
隔てる壁で、筋肉でできている)のけいれん性の
運動だが、なぜ起こるのかは完全には分かって
いないようです。

胎児は、母親の体内にいる時、羊水の中を漂って
いますが、羊水中にある“ごみ”が鼻やのどの奥に
詰まると、除去する必要があり、この場合に、
横隔膜がけいれんを起こし、ごみを吸い込み、
同時にごみが肺に行かないように声帯が閉じる
のだそうで、この一連の反射運動が、しゃっくり
相当すると考えられておます。

しゃっくりをすると、「ヒック」という音が出るのは、
声帯が閉じるときのものだそうです。

妊婦が、胎児がしゃっくりをしているのに気付く
ことはよくあり、また、赤ちゃんがよくしゃっくりを
するのは、胎児の時の反射経験がまだ残って
いるからだと考えられています。

成人でも、しゃっくりは出るが、これは、普段は
しゃっくりを抑えている中枢の働きが、飲酒など
何らかのきっかけで、緩むか、何らかの反射刺激が
加わったために出るようです。

乾いたガーゼのようなもので舌をつかみ30秒ほど
強く引っ張ると、のどの奥への刺激によって、
しゃっくりを止める効果があるそうです。

しゃっくりは、ほとんどの場合心配はないが、胃や
食道などの消化器疾患、肺や心臓などの胸部
疾患、腎臓病や肝臓病、脳神経系の病気など
で起こることもあるそうです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : しゃっくり 横隔膜 反射運動

14:32  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |