01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

自己血輸血とは?

2011.02.28 (Mon)

手術の中には、輸血が欠かせないケースがありますが、
自分の血液を輸血する自己血輸血が、このところ
日本でも広まってきているようです。

自分の血液を輸血すれば、副作用の心配はありません

輸血に伴う副作用は、まずウイルス感染症です。
エイズウイルスや肝炎のウイルスは、感染して数日から
数週間は、血液を検査しても見つからないようで、
このため、めったにないことだが、この感染していながら
見つからない状態の献血血液が輸血された場合は、
輸血を受けた人に感染してしまうそうです。

副作用の中でも、免疫の働きの低下は避けるのが
難しく、輸血後は、健康なときなら何の害もない
細菌などに感染しやすくなるし、術後の回復も遅れる
ようです。

ごくまれに起きる怖い副作用は、輸血血液のリンパ球が、
輸血を受けた人のリンパ球を攻撃する移植片対宿主病
とのことで、リンパ球は、白血球の1つで、体を守る免疫を
担う物質を含んでいますが、GVHDが起きた人は、
自分の白血球の血液型が輸血血液の血液型に変わって
しまうそうです。
このため、体を乗っ取られた状態となり、ほとんどの人が
1カ月以内に死亡するそうです。

副作用は、ほかにも、じんましんなどのアレルギー反応や、
急激な低血圧、低体温、発熱などが起きたり、肺に
障害が起きたりすることがあります。

輸血血液は、厳重に管理され、何種類もの検査が
されていますが、それでも輸血の際の副作用を完全に
回避するのは難しいようです。

これに対し、自己血輸血は、副作用を回避できます。
自己血輸血には、主に2つの方法があるようです。

1つは、回収式で、例えば、おなかの動脈に塊が
できる腹部大動脈瘤が破裂した場合、体内で
大量に出血している血液を回収しながら手術して、
後で輸血する方法です。

もう1つは、日本で行われている自己血輸血
7、8割を占める方法で、手術前に採血してためて
おく貯血式です。

手術の3週間前から、1週間に1度通院して、
合計800-1,200cc採血して貯血するのが
一般的な方法のようです。

この方法は、緊急性のない手術に適しており、
関節の手術や、心臓や頭部の手術の1部、
食道がんなど、広い領域で行われているほか、
胎盤に異常がある出産にも応用されているようです。
 
貯血式なら、非常に珍しい血液型の人や過去に
輸血で副作用が起きた人、血液供給が難しい
場所に住んでいる人でも安心して手術を受けら
れるそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 自己血輸血 副作用 貯血式

17:27  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

味覚障害の原因は?

2011.02.23 (Wed)

味が分からない味覚障害に悩む人が意外と
多いようです。

原因はいろいろですが、最も多いのは薬に
よるものだそうです。

味覚障害の原因となる薬剤は、分かって
いるだけでも150種類ほどあるようです。

舌の表面は小さな突起に覆われていますが、
その中に味細胞が集まってできた味蕾という
組織があり、この味蕾が味を感じ味覚神経を
介して大脳に伝える役目をしているそうです。

こうした味を感じる経路のどこかに異常があると、
味覚が低下します。
全く味が分からない、特定の味だけ分からない、
味を取り違えるなどの味覚障害が起こります。

この障害の発生率は、人口10万人当たり
約140人の割合だそうです。

味覚障害の約75%は、味覚の低下、あるいは
味が全く分からないケースです。
原因はいろいろありますが、薬剤による場合が
約22%と最も多いそうで、加齢とともに増加する
傾向があり、70歳以上で薬剤性の味覚障害
3人に1人のようです。
高齢になるにつれ薬を服用する機会が増える
ためと考えられています。

原因となる薬は、分かっているだけで約150種も
あり、降圧剤や利尿薬が多いようです。

亜鉛が不足すると、味蕾の味細胞に異常が生じ
ることが分かっており、降圧剤や利尿剤は体内で
亜鉛と結合して排出されることから、味覚障害
起こすと考えられています。

亜鉛の排出は、抗うつ剤や抗不安薬、抗生物質、
抗がん剤などでも起きるようです。
味覚障害は、どの薬で起きても不思議ではないの
ですが、薬剤以外にも、亜鉛そのものの不足や
亜鉛の代謝と関係する腎臓や肝臓の病気、
糖尿病、さらに口内炎などの口腔内の病気でも
起こるそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 味覚障害 薬剤 亜鉛

11:27  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

飛行機で耳が痛くなる

2011.02.21 (Mon)

飛行機に乗ったときに、耳が痛くなり、
航空性中耳炎になる場合があるそうです。

耳の軽い違和感は、高層ビルのエレベーターでも
多くの人が経験し、飛行機では、主に着陸時に、
違和感を通り越して、痛くなることがあります。
原因は気圧の急激な変化だそうです。

耳は、外耳、中耳、内耳で構成されており、
中耳の気圧は、普段は外の気圧と同じに
保たれていますが、急激に外の気圧が変化すると、
この変化についていけず外と気圧差が生じます。

飛行機に乗っていて耳が痛いのは、この気圧差
によって鼓膜が内側に押されるためで、耳が痛い
のは、鼓膜の痛みだということです。
痛みは、大抵の場合、飛行機を降りてしばらく
すると治まりますが、ずっと治まらない場合は、
航空性中耳炎の一歩手前なので、次の日も
痛みが続くようであれば、耳鼻咽喉科を受診
する方がよいようですよ。

痛みや炎症を抑える点耳薬やのみ薬で治療
できるそうです。

飛行機に乗ったときに耳の痛みを防ぐには、

(1)風邪を引いているときは飛行機に乗らない
(2)アレルギー性鼻炎があれば、乗る前に症状を
   抑えておく。
   夏でも花粉症がある人は治療を受ける
(3)十分な睡眠を取る
(4)前日はエアコンで冷えないようにする
(5)前日の夜は飲酒しない

また、乗っているときは、だ液をのみ込んで耳管を
開ける「耳抜き」をし、外との気圧差をなくすといい
ようです。
あめやガムをかみ、着陸2時間前には目を覚ます
ようにしましょう。
眠っていると、耳抜きができないそうです。
機内のエアコンに直接当たらないようにすることも
大切だそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 航空性中耳炎 気圧差 鼓膜

15:25  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

納豆を食べてはいけない人

2011.02.19 (Sat)

体にいいといわれる納豆には大量のビタミンK
含まれるため、食べてはいけない人がいるそうです。

ワルファリンカリウムという薬をのんでいる人は、
納豆を食べると血栓ができる可能性があり、危険
なのだそうですよ。

血液には、けがなどをして出血してもすぐ止まり、
固まる性質があります。
しかし、血液の状態によっては、この性質が血の
塊である血栓を作り、体内を血流に乗って運ばれ、
肺や脳に達して梗塞を起こすことがあるようです。

ワルファリンカリウムは、こうした血栓を防ぐ抗凝固剤
です。
血液を固める因子の中には、ビタミンKの助けがない
と働けない因子があります。
ワルファリンカリウムは、間接的にビタミンKの働きを
邪魔して、血液を固まりにくくすることで血栓を防い
でいますが、一度に大量のビタミンKを取ると、薬の
作用が極端に低下し、たった一度でも血栓ができ
てしまうことがあるそうです。

納豆ビタミンKの含有量が多く、簡単に大量に
取れてしまいます。
腸の中でも多くのビタミンKを合成するので、
ワルファリンカリウムをのんでいる人は、納豆
食べないほうがいいようです。
納豆巻き一口でも禁止のようです。

ビタミンKは、ホウレンソウやブロッコリー、パセリ、
シソ、ワカメやヒジキなどにも含まれるが、納豆ほど
多くは含まれていないので、これらの食品によって
ビタミンKを一度に大量に摂取することはない
ようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 納豆 ビタミンK ワルファリンカリウム

13:06  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

慢性副鼻腔炎

2011.02.15 (Tue)

慢性副鼻腔炎に悩む人は多いようですが、
家庭でできる治療法に鼻の洗浄があ
その治療効果は40-50%ということです。

古くからある治療法だが、風邪や花粉症
などのアレルギー性鼻炎の予防効果も期待
できるそうです。

慢性副鼻腔炎は、風邪を引いた後など、
鼻腔の両わきにある副鼻腔に炎症が起こり、
慢性化してうみ状の鼻汁や鼻詰まりといった
症状が見られるものだそうです。

手術を要するほどひどくない場合は、薬物
療法が行なわれるが、併用療法として鼻の
洗浄が見直されているようです。

鼻洗浄は、食塩を少し混ぜたぬるま湯を
コップなどに満たし、片側の鼻孔から空気を
吸う要領で吸い込みます。

その際、反対側の鼻孔は指で押さえて
閉じておき、そして、吸い込んだぬるま湯が
鼻咽腔に達したら吸引を止め、洗面器など
に吹き出します。

これを両方の鼻腔で交互に3、4回繰り返し、
最後に耳が痛くならない程度に、鼻をかんで
鼻腔内をきれいにします。

1日に朝、昼、晩の3回行うと効果的のようです。
ぬるま湯が鼻咽腔に達すると、鼻の奥がツーン、
あるいはキーンとした感じがします。
要領を得ない場合は、掛かり付けの耳鼻科医
に指導してもらうといいようですよ。

最近は、鼻洗浄用の簡便な器具が数百円の
価格で市販されていますが、小さな子供など、
自分でできない場合は、こうした器具を利用
するのもいいでしょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 慢性副鼻腔炎 鼻の洗浄 アレルギー性鼻炎

09:18  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

慢性閉塞性肺疾患の人は、風邪大敵

2011.02.04 (Fri)

慢性閉塞性肺疾患の人は、風邪インフルエンザ
注意が必要のようです。

慢性閉塞性肺疾患は、十分に息を吸ったり吐いた
りすることができなくなる病気です。

たんとせきが続く慢性気管支炎や、息切れがする
肺気腫が起きており、病名に「閉塞」と付いているのは、
呼吸で出入りする気流が通りにくくなっていることを
意味します。
2001年だけで、1万3,000人が死亡している怖い
病気だそうです。

慢性閉塞性肺疾患は、ただでさえ十分な呼吸ができず、
体に必要な酸素を取り入れることができないのに、
風邪インフルエンザに感染すると、鼻詰まりやのどの
炎症によって、さらに呼吸がつらくなるようです。

気管支がむくむので、肺に入る酸素の量もいつもより
もっと少なく、免疫が衰えて二次感染が起きやす
くなり、肺炎の危険性も高くなるそうです。

インフルエンザの予防接種は、ぜひ、毎年受ける
ことが大切です。
脚の筋肉を鍛えると肺にも効果があり、息切れしな
い程度にゆっくりでいいですから、歩きましょう。

風邪かなと思ったら、早めに受診することも大切な
ようです。

自分が慢性閉塞性肺疾患であることを知らない人は、
500万人以上いると推定されているそうです。
慢性閉塞性肺疾患は、肺活量を測るスパイロメトリ
という機器で簡単に診断できます。
(1)40歳以上
(2)長年、喫煙しているか空気が汚れている土地に
住んでいる
(3)歩き慣れた上り坂がこれまでと違ってつらい
(4)いつものゴルフ場なのにペースが遅くなってきた

などに気付いたら検査を受けたほうがいいようです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 慢性閉塞性肺疾患 風邪 インフルエンザ

15:10  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストレスとうつ病

2011.02.02 (Wed)

職場のストレスが原因で、けん怠感や不眠が続くと、
うつ病などを発症してしまうことがあるようです。

職場不適応症は、職場のストレスにうまく対応できず、
心身の健康を害して治療が必要になったケースです。

発症は、就職、配置転換、出向、昇進、人間関係
など、仕事上の変化がきっかけになり、くは3-6カ月
後に発症しますが、1カ月後の人もいれば、1年後の
人もいるようです。

徴候は、不眠やけん怠感、集中力の低下、仕事の
悩みが頭から離れないことなどで、その後、うつ病
心身症などを発症することが多いようです。

重症化を防ぐには、上司や産業医に相談するか、
早めに医療機関で診てもらうことと、睡眠薬などで
不眠を改善し、問題点を整理することが大切な
ようです。

ある会社員の男性は半年間、毎夜11時ごろまで
働かないと仕事が処理できなり、以前は休めた
土曜日も出勤し、日曜日は洗濯などをして
ぼんやり過ごしていたが、自分の人生は何だろう
かと考えるとむなしくなり、仕事への意欲も低下し、
疲労や不眠などが続き、朝起き上がれなくなった
ので、心療内科を受診したところ、「消耗性うつ病
と診断され、1カ月休職。復職後、上司と話し合って、
仕事量が軽減されると、健康状態も良くなったそうです。

製造業の男性(52歳)は、熟練工として25年間
働いた後、関連会社に出向。以前とは畑違いの
職場で、共同作業をするのがつらく、3カ月後には、
肩凝りやけん怠感、不眠を訴えて診療所を訪ね、
睡眠薬と少量の抗うつ剤を服用したが、5カ月後
に胃かいようになったそうです。

そのため、職場の健康管理をする産業医の助言で、
最初はマイペースで業務が習得できるようにしたところ、
9カ月目ごろから仕事に慣れ、症状も改善されたそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ストレス うつ病 心身症

13:26  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

急性膵炎について

2011.02.01 (Tue)

つい飲み過ぎて病院の世話になる人がいますが、
急性膵炎になる人が多いようです。
毎年数百人が死亡している危険な病気です。

多くの人にとって、膵臓は普段はあまりなじみの
ない臓器でしょう。
場所は胃の後ろ側で、大きさは長さ15センチ、
重さ80グラムぐらいで、色は黄色のようです。
インスリンというホルモンを分泌している臓器でも
あります。

膵臓にはもう一つ、食べ物の消化に欠かせない
酵素を作って送り出す重要な役割があります。

この消化酵素は、膵臓から膵液として十二指腸
へと送られて初めて、酵素として働く仕組みになっ
ています。
ところが、膵液が大量に分泌したり膵臓の出口が
ふさがれたりすると、膵液がスムーズに流れなく
なって、酵素が膵臓の中で働いてしまい、食べ物
ではないのに膵臓自体を消化する場合があるよう
です。
これが急性膵炎で、その原因の多くは、胆石
過剰な飲酒だそうです。

症状の特徴は、痛み。胃の辺りが差し込むように痛く、
背中や肩も痛くなりますが、下痢はしないそうで、
症状が軽い場合は、歩いたり運転したりして病院で
診てもらうこともできるそうで、症状が重い場合は、
しゃべることもできないし、あまりの痛さに体をエビの
ように曲げて息も絶え絶えになり、自力では病院に
行けないようです。

急性膵炎になる人は、年に1万5,000人くらいで
すが、そのうちの10%ほどは重症化し、重症化
すると膵臓にとどまらず、腎臓や肺など幾つもの
臓器が侵されるそうです。

重症化した人の30%ほどは死亡します。
飲酒による急性膵炎は、飲んでいる最中ではなく、
ひと眠りした後や明け方に発症するので、そんな
ときに痛みが起きたら、すぐに病院に行きましょう。
 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 急性膵炎 胆石 飲酒

12:48  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。