FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

アートメーク(入れ墨)は消すのが・・

2010.12.15 (Wed)

アートメークと称して中高年の女性がまゆやアイラインに、
若い世代では腕や脚などに入れ墨をする人が増えてい
ようです。
いずれ消えると言われ、軽い気持ちで入れる人もいるが、
薄くなっても自然に消えることはなく、悩む人が絶えない
そうです。

アートメークというとファッションのようにとらえてしまい、
入れ墨と思っていない人が多いようですが、これは
従来からある古典的な入れ墨と同じだそうです。

皮膚は表皮と真皮から成っているが、入れ墨は針で
表皮を通して真皮に色素を入れます。
このため、時間がたっても消えません。

加齢とともに変化したり、流行が変わったりして、
消したいと思うようですが、入れ墨はしないに越した
ことはありませんし、入れ墨の針を使い回すなどして
いると、エイズや肝炎のウイルスに感染する危険性が
あるそうです。
また、消去するには時間と経費がかかり、負担が
大きいようです。

入れ墨を消す方法は進歩し、現在はレーザー治療
一般化しているが、それでも難しいケースもあるそうです。

レーザー治療はまず、エルビュームレーザーで表皮を削り、
次いで、色反応型レーザーで沈着した色素だけを壊す
のが基本で、これらを組み合わせて総合的に行いますが、
黄色のように皮膚に近い色では消えにくいようです。

通常、レーザー治療は皮膚を守りながら、1、2カ月に
1回の割合で行われます。
小さな入れ墨では、1回に5-10分のレーザー照射で
済むが、背中一面にあるようなケースでは、1回に
4、5時間もかかり、加えて、健康保険が適用されない
ので、費用も掛かかります。

小さくて、色が黒や茶などの単色の場合は、3、4回の
レーザー治療で改善されますが、それでも1回3-5万円
が必要だそうです。
背中一面にあるような場合は、数百万円にもかかります。
流行や甘い言葉に誘われて、安易に入れ墨はしない方が
よいようです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : アートメーク 入れ墨 レーザー治療

19:04  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |