FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

C型肝炎の治療

2010.11.26 (Fri)

肝がんによる死亡者の約9割は、C型肝炎から
移行したケースだそうです。
C型肝炎と分かったときには、専門医による適切な
治療が必要です。

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスに感染する病気で、
主に血液を介して感染します。

感染後、約7割の人は慢性肝炎を起こします。
その後20-30年を経て、肝硬変から肝がん
移行するそうですが、肝硬変になるまで自覚症状は
ないそうです。

現在、全国に200万人以上ものC型肝炎の人が
いるとみられているそうで、毎年およそ3万8,000人
が死亡しているそうですよ。

C型肝炎と分かったときには、適切に治療するのが
一番重要のようです。

この病気はウイルスの遺伝子の配列によって、
グループ I と II に分けられるそうで、、それぞれの
病態に即した治療法を使い分ける必要があるようです。

適切な治療を受けるには、肝炎の専門医を受診
する必要があるようです。

治療法はアルファとベータのいずれかのインターフェロンと、
リバビリンの併用療法があるようです。

グループ I の場合は通常、インターフェロンとリバビリン
が併用されますが、お年寄りや高血圧、糖尿病を
合併している人では、脳出血を起こす危険性があり
その意味でも、専門医による治療を受ける必要が
あるそうです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : C型肝炎 C型肝炎ウイルス 肝がん

10:04  |  医師  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |