FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

胆石症とは?

2010.10.25 (Mon)

食生活の欧米化に伴い、胆石症
増えているそうです。
発作時には激しい痛みを伴う病気です。

胆石症胆管胆のうに石ができる病気
の総称だそうです。

中でも多いのが胆のうの結石ですが、
最近は脂肪の取り過ぎでコレステロール
結石が増えているようです。

石は成人の7-10%に見られるほど多い
病気で、胆のう内に石が収まっていると、
サイレントストーンと言って症状はあり
ませんが、石が胆のうの出口の胆のう管
に詰まると、激しい発作を起こすそうです。

その主な症状は、右脇腹からみぞおちへの
刺すような痛みだが、さらに右の背中から
肩にかけて痛みが広がることもあるようです。

発作は通常、数十分から2時間ほどで治まり
ますが、放置すると1年以内に半数の人が
再発を繰り返し、急性胆のう炎に移行する
危険性も高まるようです。

症状を自覚したときには、まず消化器内科を
受診しましょう。
診断は、超音波やコンピューター断層撮影
装置の画像検査をおこないます。

治療は、腹腔鏡を用いた手術が基本のようですが、
手術後に胆管に結石ができるケースもあるので、
腹痛や下痢などの症状が続く場合はよく相談し
たほうがいいようです。

また、日常生活では手術後半年から1年は、
脂肪の多い食事は控えるとともに、暴飲暴食を
避けることが必要のようです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 胆石症 胆管 胆のうに

17:33  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |