FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

慢性じんましんは原因が分からない

2010.10.18 (Mon)

慢性じんましんは、突然、強いかゆみとともに
赤い発疹が体に現れ、数時間から24時間ほど
たつと跡形もなく消えるそうです。
このような症状が1カ月以上断続的に続くようなら、
皮膚科の受診を受けた方がいいようですよ。

慢性じんましんは、一部を除き原因が分からない
ようです。

皮膚の細胞の一つである肥満細胞は、かゆみの
もととなるヒスタミンという物質を蓄えていなすが、
何かのきっかけで、原因物質が体の外から体内に
入ってきて肥満細胞が反応、ヒスタミンを放出し、
皮膚の表面が赤くなり、かゆみが出てくるそうです。

原因物質としては、食物や薬剤などが挙げられ、
日光や温熱、寒冷など物理的な刺激が引き金に
なることもあるようです。

また、自己免疫疾患や細菌感染などの、ほかの
病気が原因で症状が出る場合もあるようです。

検査によって原因物質が見つかれば、それを除去
する治療を行いますが、原因がはっきりしないときは、
症状に応じて、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬など
を処方しながら治療するようです。

かゆいときにかくと、皮膚炎になる恐れがあり、かゆみ
を軽減するには、温熱・寒冷じんましん以外は、
保冷剤をタオルで巻いて患部に当てるとよいそうで、
冷やし過ぎないよう注意が必要のようです。

運動や入浴で体が温まると、ヒスタミンが放出され
やすくなるため症状が出ることがあります。
ぬるめのシャワーをさっと浴びて、皮膚はこすらないで
手で洗いましょう。せっけんは使ってもよいようです。
アルコールは、じんましんを誘発し、特にビールには
ヒスタミンの類似作用があるので控えましょう。

また、ヒスタミンの類似物質を多く含むサバやマグロ
などは食べ過ぎないように。睡眠不足にならないよう
にして、規則正しい生活を心掛けることも大切な
ようです。




スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 慢性じんましん ヒスタミン 自己免疫疾患

17:08  |  肌荒れで  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |