FC2ブログ

葉酸はなぜ必要か?

2010.09.22 (Wed)

ビタミンBの一種である葉酸は、米英では、パンなど主食
となる穀類にその添加が義務付けられている大事な栄養素です。

日本でも昨年4月以降、母子手帳に葉酸摂取の必要性が
記載されるようになりました。

記載理由は、神経管閉鎖障害という胎児奇形の発生予防
のためだそうです。

葉酸は受精卵がヒトになる途中の脳や脊髄などが形成される
過程で重要な働きをします。
神経管閉鎖障害の子供では、歩行障害、排尿障害、水頭症
など生後の障害が起こりやすくなり、最悪の場合、脳が形成され
ない無脳症となり、死に至るケースもあるそうです。

このため、細胞の分裂が活発な受胎直後から妊娠3カ月までは、
葉酸を十分に摂取する必要があるようです。

妊娠初期に限らず、妊娠中全般にわたって、葉酸が欠乏すると、
早産、流産、死産、妊娠中毒症の発症率が上がる他、貧血も
起こりやすくなります。

葉酸は、ホウレンソウなどの葉物野菜、レバー、オレンジジュースなど、
身の回りの多くの食品に含まれています。

妊娠初期の摂取目標は、1日0.4ミリグラム。ただし、食品に
含まれる葉酸は調理で分解しやすく、吸収率もあまり良くないため、
この時期には栄養補助食品からの補充も有効だそうです。

最近になって、血中葉酸値が低い人で、心臓病や脳卒中など
動脈硬化性疾患の発症率が高いといった報告や、葉酸摂取量と
大腸がん・子宮がん発生との因果関係、さらに認知症との関連を
指摘する報告も見られるようです。。

葉酸は妊婦だけでなく、幅広い年齢層に不可欠な栄養素で、
健康維持のために、毎日の食生活の中で葉酸の摂取を心掛ける
べきだそうです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 葉酸 神経管閉鎖障害 予防

16:40  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |