FC2ブログ

肥満解消法

2010.09.09 (Thu)

肥満解消法は生活習慣の見直しが大切ですが、
最近は高度の「肥満症」には薬による治療法もあ
るそうです。

肥満は、摂取と消費のエネルギーのバランスが崩れ、
体内にエネルギーが蓄積されるために起こります。

それに伴う合併症が減量によって改善されるそうで、
病気の合併が予測される場合は、治療が必要な
肥満症」とされます。

治療の原則は食事療法と運動療法ですが、
肥満度70%以上の高度肥満症や、運動療法が
困難な場合は抗肥満薬が用いられるそうです。

中枢性食欲抑制薬
熱産生促進薬
消化吸収阻害薬
の3タイプの抗肥満薬が用いられているそうで、
現在、日本では中枢性食欲抑制薬の一種である
「マジンドール」という薬を処方するそうです。。
日本では、肥満度20%以上の男女228人を対象に、
12週間用いたグループと、用いなかったグループを比較
した結果、用いたグループは平均4.2キロ減ったのに対し
、用いなかったグループでは1.2キロ減で、その効果が
認められているそうです。

一方、副作用としては、のどの渇きや便秘を伴うことも
あるようです。
マジンドールは、食事療法と運動療法の効果が不十分
な高度肥満症に用いた場合は、健康保険が適用され
るようです。

薬の連続使用期限は3カ月と規定され、その後2週間
から1カ月の休止期間を置いて、何回か繰り返して
治療を続けることになるそうです。

長期にわたって服用するため、安易に使うのは感心
しませんが、肥満治療の一つの選択肢と位置付けら
れているようです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 肥満症 合併症 抗肥満薬

14:56  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |