スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

セロトニン神経の活性化で元気に

2010.09.30 (Thu)

長引く不況のせいか、落ち込んでいる人が
多いようです。
元気を出すには、元気に関係のある脳内の
セロトニン神経活性化することが効果がある
ようですよ。
セロトニン神経活性化には、座禅の腹式呼吸
などによるリズム性運動が効果的です。

脳は基本的に左右対称の構造になっているが、
セロトニン神経は脳の左右の“縫い合わせ”部分
にあるそうです。

その数は、せいぜい数万個ですが、軸索という
ケーブルを使って脳の広い領域に情報を送って
いるそうで、その情報は、個々の細かな指令で
はなく、意識レベルや心身の状態など生体機能
の全般にかかわるものだそうです。

セロトニン神経は、人が起きて動き始める直前
から活動を開始し、その働きが活性化すると、
心身が適度に緊張すると考えられています。
セロトニン神経は、『元気』という状態を演出する
神経だと言えるようです。

わたしたちが無意識に行っている自律的な呼吸は、
吸気が中心だが、座禅の呼吸法は逆に、呼気
(吐き出す息)が中心になるようです。
座禅ではまず、下腹部の圧力で胸底から上腹部
にかけて空っぽになるまで、十分に息を吐き出し、
吐き尽くしたところで、下腹部の筋肉の緊張を緩め
ると、吸う努力をしなくても自然に鼻から空気が
入ってくるといわれています。

座禅では、こうした腹式呼吸は線香1本たく間
(約30分)続けます。
これは、ハードな呼吸努力を必要とし、座った
姿勢でありながら、30分間ジョギングするにも
匹敵する呼吸量だそうです。

腹式呼吸は、大変厳しいリズム性運動なのですが、
これが、セロトニン神経活性化すようです。

腹式呼吸のリズム性運動がセロトニン神経を活性化
することは分かってきたが、単に深呼吸を数回繰り
返せばいいというわけではないようです。
毎日、少なくとも20-30分腹式呼吸を続けることが
大切で、それによってセロトニン神経が活性化され、
心身ともに元気になってくる実感を体験できるようです。

スポンサーサイト

テーマ : 摂食障害 - ジャンル : 心と身体

タグ : セロトニン神経 活性化 元気

13:57  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アロマセラピーの効果とは?

2010.09.29 (Wed)

アロマセラピーが話題になっています。
ハーブから抽出された精油を使ってきゅう覚に働き掛け、
皮膚からも吸収して自己免疫力を高める治療法です。
不眠症など、特にストレスが原因となって起こる症状を
和らげる効果があるようです。

ストレスは、交感神経を緊張させ、交感神経の緊張は
血管を縮め、血液の流れを悪くして、しびれや痛みの
原因となるようです。
この状態が長く続くと痛みが増幅され、心身症や
更年期障害、アレルギー性鼻炎やアトピー性鼻炎
が悪化することもあるそうです。

痛みは脊髄を伝わって脳に届くのですが、痛みの通る
“門”の存在が解明されつつあるそうで、例えば、いい
環境音楽を聞くと門は閉じ、ストレスが加わると開きっ
放しになるそうです。

ストレスがなければ、この門は開かない。痛みそのものが
ストレスとなって、この門を開けてしまうこともあるようです。

痛みの治療の一環として行われるアロマセラピーを受ける
のは、20-40歳代の女性が多いようで、訴える症状は
不眠や慢性的な疲労、肩凝り、腰痛など、いわゆる
OL症候群と呼ばれるものでそうです。

アロマセラピーはハーブの花や実、枝や幹から蒸留法や
圧搾法によって抽出された精油を使います。

使われるオイルは約40種類。一般的に、気分を落ち
着かせるラベンダーやカモミールなどが不眠症に、
ローズマリーやユーカリなどが肩凝りや腰痛に効果が
あるとされています。

症状に合わせて2-4種類の精油を選び、混ぜ合わせて
使用され、この精油で背中のマッサージを約15分おこなうと
漂う香りは肺から、さらにマッサージで皮膚から、それぞれ
体内に浸透するようです。

この後約20分ほど、うつ伏せのままリラックスした状態で
いると、吸収された有効成分は血液中で最高濃度となり、
40分後には肺から排出されます。
ストレスが原因の場合、5-10回の治療でほとんどの
症状は改善されるようですよ。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

タグ : アロマセラピー 精油 自己免疫力

11:52  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

歯のかみ合わせ

2010.09.28 (Tue)

食べ物などをよくかむためには、良いかみ合わせ
が必要だそうです。
良いかみ合わせでよくかむと、脳細胞活性化
されるようです。

口の中に物を入れてかみ始めると、歯の根の
周りを取り巻く歯根膜という部分が、かむ力や
その量の多少や硬軟などの情報をキャッチし、
歯根膜に通じる上顎の神経と下顎の神経が
目の神経と一つになり、三叉脳神経を通じて
脳に伝えるようです。

脳は、その情報に基づいて、適したかみ方の
指示を出し、硬い物なら回数を多くかむとか、
かめなければのみ込んだり、軟らかい物を要求
したりするようですよ。

上下の歯のかみ合わせがうまくいっていないと、
当然、脳の活動も緩慢になるといった悪循環
に陥るようです。

歯やあごも長年使っていると、すり減ったり、
ゆがんだりする。かみ合わせがうまくいっているか、
自分でチェックする方法があるようです。

まず、口をゆっくり大きく開けて、ゆっくり閉じ、
上下の歯がきっちりとかみ合わされば正常で、
閉じるときS字を描くように曲がる感じがしたり、
奥歯がうまくかみ合わなかったりする場合は、
要注意だそうです。

唾液には細胞のがん化を抑制する作用のほか、
神経を集中させる働きがあり、よくかむと唾液が
十分分泌され、交感神経も活発に働き運動性
も高まるそうです。

高齢者は、歩行中にわずかな高低差につまずき、
転倒することがあり、かみ合わせがうまくいっていると
平衡機能も保たれるため、歩いていてもふらつかず、
つまずきにくくなるようです。
 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 歯のかみ合わせ 脳細胞 活性化

13:59  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

野菜の旬と栄養

2010.09.27 (Mon)

多くの野菜が、1年中出回るようになりましたが、
野菜には本来、旬があるが、旬以外の時期も
栄養価は同じではないようですよ。
特にビタミンCカロチン含有量が、季節に
よって大きく変動するようです。

この調査は、関東地方のスーパーマーケットや
デパートなど5店舗で、1年間毎月同じ野菜
購入し、栄養分の含有量を測定した結果、
ミネラルは、年間を通してあまり変動がなく、
安定しており、ナイアシンは、人体内の酵素の
働きを助ける補酵素の成分になるものですが、
これも変動はなかったそうです。
水分もあまり変動はなかったが冬が旬の野菜は、
夏に水分が多い傾向にあったそうです。

含有量の変動が大きかったのは、カロチン
ビタミンCだ。カロチンの値は、ニンジン、トマトでは、
最低月は最大月の半分以下、ブロッコリーでは
同様に3分の1程度まで落ちたようです。

ビタミンCの変動は、カロチンよりもさらに大きく、
ジャガイモは100グラム当たり含有量が最大月は
38ミリグラムだが、最低月は8ミリグラムとなり、
ホウレンソウは、最低月は最大月の5分の1、
ブロッコリーは半分ほどに落ちるようです。

栄養価は、やはり旬のころが高いようです。

品種改良、ハウス栽培の進歩、輸入野菜
増加などによって、市販される野菜はここ20年
ほどで大きく変化しているようで、青臭さがなく
甘くなった現在のトマトは、以前とは別品種で、
ホウレンソウは、夏に出回るものと冬物とは同じ
ものとは言えないそうです。

夏物はビタミンCは少なくても、ミネラルは冬物
と変わらないようです。

ハウス野菜と露地野菜、国産野菜と輸入野菜
の栄養価の違いについて調べると、ハウス栽培が
多いピーマン、輸入品が多いカボチャはミネラルも
ビタミン類も年間を通して変動が少なかったそうです。

 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 野菜 ビタミンC カロチン 含有量

14:37  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

血液検査と健康状態

2010.09.24 (Fri)

日本j人にはカルシウム不足の人が多いそうですが、
鉄分不足の人や、たんぱく質が不足している人
も多いようです。

献血した場合、血液検査によって、健康診断と
同じように、体の状態が分かるようです。

中高年では、総コレステロール値や肝機能を
表す数値が、適正数値より高い人がかなりいる
そうです。

これに対して、若い年代では、血液の赤血球1個
の大きさを示す平均赤血球容積が、適正値より
低い人が多いようです。

赤血球容積は体内鉄分の目安になるもので、
適正値は89-99で、85未満だと、潜在的鉄欠乏
となるようです。

赤血球の中心成分であるヘモグロビンは、鉄を含む
色素とたんぱく質が結合したもので、全身に酸素を
運ぶ重要な役割を担っているそうです。
このため、鉄分が不足した場合、貧血が起き、疲れ
やすい、息切れ、頭痛、目まいがするなどの症状が
表れるようで、特に、妊娠中の鉄欠乏は、胎児の
発育を阻害し、流産、早産の危険が高くなるそうです。

こうした症状は、全身の酸素不足から起きるもので、
長期間続くと、心臓も弱ってくるそうです。

調査した結果では、貧血だった人は、全体の8.6%、
女性では13.3%だったそうで、赤血球容積が適正値
より低かったそうです。

鉄分の補給は食事が中心になるが、鉄分が多いのは、
肉類の赤身やレバー、マグロ、カツオなどの魚、貝類、
海藻類、ホウレンソウやコマツナ、納豆などよいそうです。

調査結果から若い世代の食事が、栄養の面で偏って
いることが推測でき、若い人と話してみると、栄養に
ついての基礎的な知識があまりなく、食事の内容が
偏っているようです。

中年の男性には、高脂血症で肉を食べないため、
たんぱく質不足から貧血になっている人もいるようです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 血液検査 カルシウム 鉄分

12:19  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

葉酸はなぜ必要か?

2010.09.22 (Wed)

ビタミンBの一種である葉酸は、米英では、パンなど主食
となる穀類にその添加が義務付けられている大事な栄養素です。

日本でも昨年4月以降、母子手帳に葉酸摂取の必要性が
記載されるようになりました。

記載理由は、神経管閉鎖障害という胎児奇形の発生予防
のためだそうです。

葉酸は受精卵がヒトになる途中の脳や脊髄などが形成される
過程で重要な働きをします。
神経管閉鎖障害の子供では、歩行障害、排尿障害、水頭症
など生後の障害が起こりやすくなり、最悪の場合、脳が形成され
ない無脳症となり、死に至るケースもあるそうです。

このため、細胞の分裂が活発な受胎直後から妊娠3カ月までは、
葉酸を十分に摂取する必要があるようです。

妊娠初期に限らず、妊娠中全般にわたって、葉酸が欠乏すると、
早産、流産、死産、妊娠中毒症の発症率が上がる他、貧血も
起こりやすくなります。

葉酸は、ホウレンソウなどの葉物野菜、レバー、オレンジジュースなど、
身の回りの多くの食品に含まれています。

妊娠初期の摂取目標は、1日0.4ミリグラム。ただし、食品に
含まれる葉酸は調理で分解しやすく、吸収率もあまり良くないため、
この時期には栄養補助食品からの補充も有効だそうです。

最近になって、血中葉酸値が低い人で、心臓病や脳卒中など
動脈硬化性疾患の発症率が高いといった報告や、葉酸摂取量と
大腸がん・子宮がん発生との因果関係、さらに認知症との関連を
指摘する報告も見られるようです。。

葉酸は妊婦だけでなく、幅広い年齢層に不可欠な栄養素で、
健康維持のために、毎日の食生活の中で葉酸の摂取を心掛ける
べきだそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 葉酸 神経管閉鎖障害 予防

16:40  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「かっけ」と食事

2010.09.21 (Tue)

かっけは、ビタミンB1が欠乏して起こる病気です。
飽食のこの時代に、かっけは存在しないように
思われているが、心身症や不定愁訴など“
現代病”の陰にかっけが潜んでいることが指摘
され始めたそうです。

ビタミンB1は、食べ物が消化され、糖質代謝
されるときに必要となる栄養素です。
最近になって、かっけが注目を集めるようになったのは、
インスタント食品に偏りがちな学生に、かっけの症状が
表れるケースが増えてきたことによるそうです。

ビタミンB1は、血液中の糖の消費に必要な補酵素で、
インスタント食品やスナック菓子には脂質とともに糖質も
多く含まれているのですが、この糖質の消費に必要な
ビタミンB1の摂取が足りていないのだそうです。

かっけの初期症状は、疲れやすい、体が重い、むくみが
ある、どうきや息切れ、朝起きるのがつらい、食欲がない
など、いわゆる不定愁訴や心身症の症状に似ています。
低血圧であることも多いようです。

かっけなら、放っておくと知覚が鈍くなり、歩けなくなるだけ
でなく、心不全を起こす危険性もあり、かっけは過去の
病気ではなく、現代の食生活に隠された落とし穴のようです。

かっけが増えている背景には、糖尿病と、高齢の入院患者
の増加もあり、糖尿病の場合は、血液中の糖質に対する
ビタミンB1の不足が原因となり、高齢の入院患者の場合は、
高カロリーの輸液に対して、やはりビタミンB1の不足が原因
となって起こるそうです。

さらに、過度なダイエットや欠食、外食により女子大学生の
血中総ビタミンB1の値が非常に低いそうです。
ビタミンB1が不足していても、他の栄養素のバランスがいい
場合は、すぐにかっけにはならないようですが、食生活に偏り
があり、疲労感やけん怠感が続いている場合は、潜在的
ビタミンB1欠乏症と考えて、食生活を改善する必要があ
るそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : かっけ ビタミンB1 食生活

16:38  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アルツハイマーと魚

2010.09.18 (Sat)

高齢社会にあって、アルツハイマー型の認知症の増加が
心配されていますが、少しでも防ぐ手立てはないでしょうか。

アルツハイマー型の認知症64人と、そうでない健康な80人
との比較検討を行った結果、アルツハイマー型の認知症の
人は健康な人に比べて、男女共に発症する前から偏食で、
と緑黄色野菜の摂取量が少なかったそうです。

女性は特にが少なく、男性は肉が多かった。このため、
男女とも健康な人と比べて、の脂に対してほかの油の
摂取比率が高いことが分かったそうです。

油の主な成分である脂肪酸には、幾つもの種類があり、
性質もそれぞれ違います。

イワシやマグロなどに含まれる脂肪酸、ドコサヘキサエン酸
とエイコサペンタエン酸(EPA)には、血管をふさいで梗塞
を起こす血栓や動脈硬化をできにくく、体内でコレステロ
ールを作りにくくしたりする性質があるそうです。

脂肪酸は、体内で体に必要な物質を作る材料になり、
体に炎症を起こす物質も脂肪酸から作られますが、
DHAとEPAからは炎症を起こさない物質が作られる
ようです。

「ADでは脳に炎症が起きますが、発症する前から炎症が
起きやすい体だったと考えられるようです。

DHAとEPAを取ることで炎症が起きにくい体にすることが、
ADの予防にもつながると考えているそうです。

ADの前の段階とされている軽度認知障害の人の中には、
食事内容を変えたことによって、障害の程度が分かる
テストの点数が改善された人もいるようです。


 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : アルツハイマー ドコサヘキサエン酸

11:19  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

魚は身体にいい

2010.09.17 (Fri)

に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)や
ドコサヘキサエン酸(DHA)が健康に良いことは
広く知られているが、どれくらい食べると効果が
得られるのでしょう。

EPAやDHAは、油に含まれる「n-3系」と
言われる脂肪酸で、効果はいろいろ指摘され
ているが、はっきりと分かっているのは心筋梗塞
など虚血性心疾患に対する効果です。

血液中のn-3系脂肪酸が最も多い人は、
最も少ないグループに比べて、心臓病による
突然死の危険率が9割も低かったそうです。

また、米国の女性看護師を対象に16年間の
虚血性心疾患による死者数の推移を見たところ、
を週に5回以上食べているグループは、ほとんど
食べないグループに比べ、この間の死亡率が4割
以上も低かったようです。

こうした調査報告やこれまでの研究から、n-3系
脂肪酸は、心臓だけでなく脳梗塞などに対する
効果も期待されています。

1日に1-1.7グラムが適量だと言えるそうです。
日本人の平均摂取量は1グラムほどなので、
を積極的に食べている人は1日に1.7グラムは
取っているようです。

の種類には、特にこだわらなくてよく、毎日食べ
なくても構わないようです。

例えば、ブリ半切れで1.7グラム摂取できるので、
1切れを食べれば、ほぼ2日分の摂取量に相当し、
翌日はを食べなくてもいいようです。

逆に、魚が健康に良いからといって毎日魚料理を
メーンに取っていると、栄養のバランスを崩すので、
バランスの良い食生活も心掛けるのがいいようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : エイコサペンタエン酸 ドコサヘキサエン酸

16:15  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

睡眠薬の副作用と依存性

2010.09.16 (Thu)

睡眠薬は、不眠の薬物療法に用いられますが、
副作用依存性を心配する人が多いようです。

寝付きが悪い、熟睡感がない、朝早く目が覚める
などの不眠症に悩む人は、日本では3-5%いる
と推定されています。

薬物療法は、通常、こうした症状が4週間以上
続いたり、4週間以内でも、特別な状況下での
緊張による不眠があったりした場合に行われます。

しかし、睡眠薬にはいろいろな種類があるので、
まず不眠の症状と、なぜ眠れないのかを医師に
きちんと伝えることが大切なようです。

しかし、せっかく症状に応じて処方された睡眠薬にも、
不安を持つ人が多いようで、その理由は、副作用
依存性の2点のようです。

睡眠薬の服用は、朝起きたときに眠気が続く、
筋肉が緩む、記憶力が低下するなどの副作用
伴うことがありますが、勝手に服用量を減らしたり、
やめたりすると、症状が改善しないで長引くなどの
悪循環になるようです。

逆に、期待したほど効果がないと判断して、増量
する人もいますが、服用量が増えれば副作用も出
やすくなります。

医師の処方した量は、きちんと守って服用すべきです。
それを1週間ほど続けてから、効果の程度を医師に伝え、
服用量を調整してもらうといいようです。

医師とのコミュニケーションを十分に取っていれば、
依存性の心配はないそうです。

睡眠薬の服用で治療効果が上がった場合でも、
薬を急にやめると、反跳性不眠といって服用前よりも
強い不眠に陥ることがあるようです。

睡眠薬は、1カ月も服用していると、体に慣れてくるので、
徐々に減量していく必要があり、具体的には、服用量を
4分の3に減量して数週間経過を観察し、症状が安定
していれば2分の1にします。

それで睡眠できる場合は、服薬を隔日とし、次第に
服薬日を減らしていくといいそうです。

睡眠薬治療とともに、日常生活では睡眠のリズムを崩さ
ないことが大切で、日光に当たる時間と睡眠のリズムが
関係しているので、昼間はできるだけ外出の機会をつくる
といいようですよ。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 睡眠薬 副作用 依存性

11:06  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

薬をのみ忘れ

2010.09.14 (Tue)

自分の病気やをのむ意義を十分理解していなかったり、
仕事が忙しかったりすると、をのみ忘れることがあり
ますね。

をのみ忘れたときはどうすればいいのでしょう。

をのみ忘れる原因は2つあるようです。

1つは、高血圧や糖尿病など自覚症状に乏しい疾患で
病気に対する認識が不足しているため、の必要性を
十分理解していない場合のようです。

もう1つは、仕事が忙しくて、ついのみ忘れてしまう場合
だそうです。

をのみ忘れた場合の対処法は、病気の種類や患者の
病状、薬剤の種類などで違うので、医師や薬剤師の指導
を受けることが大切なようです。

一般的に、のみ忘れをなくすには、食後すぐに薬をのむこと
で、薬の服用は、食後が多く、大抵は食事の前後が目安
になっています。

通常「食後とは、食後30分くらい」と言われているが、
忘れてしまいがちな人は、薬を食後すぐに服用しても
ほとんど問題はなく、薬ののみ忘れに気付いたら、すぐに
服用すればいいが、胃を荒らしやすい消炎鎮痛剤などは、
少量の食べ物や、牛乳やヨーグルトを取った後で服用する
方がいいようです。
のみ忘れに気付いたのが次回の服用時間に近いときは、
1回飛ばして、通常の服用に戻るといいそうです。

また、のみ忘れたのが抗菌薬の場合は、細菌が増えている
ことがあるので後の服用時間をずらして、できるだけ1日分を
その日にのむようにした方がよいようです。

忘れた分も服用する場合は、まとめてのんだり、服用時間が
近かったりすると作用が強く出過ぎることもあるので、間隔を
5、6時間以上置いて、1回分ずつ服用したほうがいいようです。

1日2回服用(朝夕食後)の薬で、朝食分ののみ忘れに気付
いたのが、午前中ならすぐに服用し、夕食分は通常の服用
しましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 薬剤師 抗菌薬

14:28  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ステロイド薬と骨粗しょう症

2010.09.13 (Mon)

骨がすかすかになり、骨折しやすくなる
骨粗しょう症は、高齢女性に多いようですが、
男性や若者もかかるようです。

特に、ほかの病気でステロイド薬をのんでいる
人は、発症しやすいそうです。

高齢女性に交じって、10-20代の若者、
壮年男性の骨粗しょう症患者も見られる
そうです。

そういう患者さんの多くがステロイド薬をのんで
おり、それが骨粗しょう症の原因になっている
そうです。

ステロイド薬は、関節リウマチや気管支ぜんそく
などの治療に威力を発揮する一方で骨を作る
働きを抑えてしまうようです。

通常の骨粗しょう症の場合は転倒が骨折の
原因となるが、ステロイド骨粗しょう症だと転倒
しなくても骨折するようで、それだけ骨がもろく
なっているようです。

骨粗しょう症の診断は、骨の中のカルシウム量
を目安にしています。
一般的には、この数値が20-40代の平均値の
7割を切れば、骨粗しょう症と診断されます。
しかし、ステロイド薬服用者は、急激に骨がもろく
なるので、この数値が平均値の8割を切った
時点で治療の対象となるそうです。

骨折の予防には、運動や食事など、生活習慣
の管理が大切で、歩いたり、室内で軽い体操を
したりするのがよいようです。

また、ステロイド薬は食欲を増進させるが肥満は
骨の負担につながるので、過食しないよう気をつけ
ましょう。
カロリーに気を配りながら、乳製品、大豆、小魚
などでカルシウムを補給し、大量飲酒は高カロリー
となり、喫煙は骨の中のカルシウム量を減らすので、
いずれも“ご法度”だそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 骨粗しょう症 ステロイド薬 ステロイド骨粗しょう症

15:53  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

薬と発疹

2010.09.10 (Fri)

は副作用を伴うことが多いのですが、誤解され
がちなのが疹だそうです。

そのほとんどはアレルギー反応によるもので、
長年使用していて何事も起こらなくても、ある日
突然、皮膚に発疹が生じることがあるようです。
それをの副作用と気付かない人も多いそうで
すが、どのでも起きる可能性があるようです。

疹は、薬を服用後、はしかのような発疹
皮膚や粘膜に生じる副作用です。
本来、異物である薬を治療や検査目的で体内に
取り入れるので、用いているうちにアレルギー反応
によって薬疹が起こっても不思議はありません。

薬疹は、例えば、漢方薬やビタミン剤でも起こり、
アレルギー反応が生じるまで、最短で一週間前後
ですが、20年間常用して突然起こるケースもある
ようです。

このため、使用中の薬と発疹とを結び付けられない
人が多いようで、放置していると、発疹は全身に
広がるようです。

また、粘膜に発疹が出た場合は、肝障害など
他の臓器にまで障害が及んでいる危険性がある
ので、薬を用いていて発疹が出たときには、医師に
相談しましょう。

それによって薬疹が疑われる場合は、皮膚科の
専門医を紹介してもらうのがよく、市販薬による
ケースでは、服用中の薬を持参して最寄りの
皮膚科を受診するといいようです。

発疹が治まるまでは、パッチテスト張り、アレルギー
の原因物質を調べる検査はできないので、
原因の薬剤を特定できませんが、病歴と発疹の
出方で診断はほぼ付くそうです。

治療は、原則的に使用中の薬をすべて中止し、
違う系統の薬に変えるのが第一だそうです。

それが不可能な場合は、どうしても必要な薬
だけを服用し、こうした治療で発疹が消えてから、
初めて原因薬の検査を行います。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 発疹 アレルギー

14:21  |  ふきでもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肥満解消法

2010.09.09 (Thu)

肥満解消法は生活習慣の見直しが大切ですが、
最近は高度の「肥満症」には薬による治療法もあ
るそうです。

肥満は、摂取と消費のエネルギーのバランスが崩れ、
体内にエネルギーが蓄積されるために起こります。

それに伴う合併症が減量によって改善されるそうで、
病気の合併が予測される場合は、治療が必要な
肥満症」とされます。

治療の原則は食事療法と運動療法ですが、
肥満度70%以上の高度肥満症や、運動療法が
困難な場合は抗肥満薬が用いられるそうです。

中枢性食欲抑制薬
熱産生促進薬
消化吸収阻害薬
の3タイプの抗肥満薬が用いられているそうで、
現在、日本では中枢性食欲抑制薬の一種である
「マジンドール」という薬を処方するそうです。。
日本では、肥満度20%以上の男女228人を対象に、
12週間用いたグループと、用いなかったグループを比較
した結果、用いたグループは平均4.2キロ減ったのに対し
、用いなかったグループでは1.2キロ減で、その効果が
認められているそうです。

一方、副作用としては、のどの渇きや便秘を伴うことも
あるようです。
マジンドールは、食事療法と運動療法の効果が不十分
な高度肥満症に用いた場合は、健康保険が適用され
るようです。

薬の連続使用期限は3カ月と規定され、その後2週間
から1カ月の休止期間を置いて、何回か繰り返して
治療を続けることになるそうです。

長期にわたって服用するため、安易に使うのは感心
しませんが、肥満治療の一つの選択肢と位置付けら
れているようです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 肥満症 合併症 抗肥満薬

14:56  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

薬と食物の飲み合わせ

2010.09.08 (Wed)

薬と飲食物にも“のみ合わせ”があり、薬の効き目
強くなって血圧が下がり過ぎたり、弱くなってあまり
効かなくなったりすることがあるそうです。

多くの人に縁がありそうなのみ合わせは、牛乳と、
風邪のときなどに処方される一部の抗生物質で、
牛乳に含まれるカルシウムの作用で、薬が水に
溶けにくくなり、その結果、体内になかなか吸収
されず、効き目が弱くなることがあるそうです。

これを避けるには、薬と牛乳をのむ時間帯を2時間
以上ずらすことで、ヨーグルトやチーズも同様のようです。

最近のんでいる人が増えている骨粗しょう症の薬の
一部は、牛乳に限らず、すべての食べ物によって吸収
が妨げられ、効き目が弱くなり、食間、空腹時、起床時、
など、指定の服用時間を必ず守ること重要です。

効き過ぎるのみ合わせもあるようで、高血圧の薬である
カルシウム拮抗(きっこう)剤は、グレープフルーツジュース
と一緒にのむと効き過ぎることがあるそうです。

血圧が必要以上に下がり、ふらつき、火照り、どうきな
どの症状が出るようです。

この薬をのんでいる人は、グレープフルーツジュースとの
のみ合わせに十分注意が必要です。
グレープフルーツジュースでは、臓器移植を受けた人が
服用する免疫抑制剤でも、同じことが起きるそうです。

飲酒の際は、どの薬であろうと、一緒にのんではいけない
そうで、特に、睡眠導入剤や抗てんかん薬は、時間を
ずらしてもアルコール飲料の影響が及ぶので危険だそうです。

飲食物ではないが、サプリメントや生薬、漢方薬などは、
市販されているためか、気軽に口にしがちですが、飲んで
いる西洋薬と相性の悪いものもあるかもしれないので、
十分注意しましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 薬と食物 のみ合わせ 効き目

16:45  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

気をつけよう薬物性肝障害

2010.09.07 (Tue)

生活習慣病の増加や健康ブームを背景に、
薬や健康食品を常用する人が増えていますが、
気を付けたいのが薬物性肝障害だそうです。

薬だけでなく、健康食品でも起こるそうです。

薬物性肝障害は大別して、肝炎型胆汁うっ滞型
これらの混合型の3タイプがあるようで、最も多いのが
肝炎型。「肝炎型は通常、ほとんど症状がなく、
あっても疲労感程度なので、血液検査をしないと
分からないようです。

このため気付きにくいのですが、見逃していると
重症化して、劇症肝炎を起こす危険性があるそうです。

劇症肝炎は、薬物性肝障害の1、2%に見られ、
その症状は、強い黄疸や、肝性脳症と言って意識
障害を起こし、生命にもかかわってくるそうです。

特に慢性疾患などで薬を長期に服用する場合は
注意が必要ですが、薬だけでなく健康食品も同様で、
数年前、中国製のダイエット用健康食品で死亡した
報告が相次いだのは、記憶に新しいところです。

健康食品が逆に健康を害する場合もあることを
考え、安易に愛用しないようにし、他の薬との併用に
よる肝障害も心配なので、注意しましょう。

いずれにせよ、長期に薬物を服用する場合は、
2、3カ月に1回は定期的に血液検査を受けて、
肝機能の状態を調べてもらうのがいいようで、
それによって肝障害が認められたときには、疑われる
薬物を中止するようにしましょう。


タグ : 薬物性肝障害 肝炎型 胆汁うっ滞型

14:54  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夜尿症

2010.09.06 (Mon)

成人の夜尿症は、200人に1人ほどの割合で
見られるそうです。
独りで悩んでいる人は、泌尿器科を受診して
適切な治療を受けた方がよいそうです。

夜間、眠っている間に、無意識に尿を漏らす
夜尿症ですが、夜尿症には、たくさんの尿を
漏らす多量遺尿型と、少量の尿を漏らす
排尿機能未熟型、そして、両者の混合型の
3タイプあるそうです。
成人では排尿機能未熟型が多いようです。

排尿機能未熟型は、ぼうこうに尿が少し
たまると、ぼうこうが過敏に反応して収縮する
過活動ぼうこうが代表的な原因です。
ぼうこう炎や前立腺肥大症などの病気、
冷え性、常習性便秘によっても起こるそうで、
一方、多量遺尿型は、抗利尿ホルモンの
分泌不足、水分の取り過ぎ、生活リズムの
乱れや精神的な問題が原因になるようです。

泌尿器科で夜尿症のタイプを判別し、さらに、
タイプ別の原因を調べ、その原因に即した
薬物療法を行います。
いずれのタイプも、基本になるのが日常生活
でのケアで、夕食後は、水分摂取を控えます。

冷え性の人は、冬は就寝前に入浴し、体を
温めてから布団に入りましょう。

さらに、排尿機能未熟型の場合は、尿意を
感じても、我慢する排尿抑制訓練も必要だ
そうです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 夜尿症 多量遺尿型 排尿機能未熟型

15:08  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

腎結石は、超音波検査で!

2010.09.04 (Sat)

腎結石は、超音波検査の普及に伴って、発見される
人が増えているようです。
その多くは、自覚症状がないため放置されているそうです。

腎結石が発見されたら、まず最寄りの泌尿器科で尿路の
レントゲン造影検査を受けるようにしましょう。

腎結石は、尿酸やカルシウムなど尿中に溶けている物質が
腎臓に蓄積し、石のような塊(結石)ができる病気です。

その結石が尿管に落ちると激しく痛むが、結石が腎臓内に
あるうちは通常、これといった症状はないので、腎臓内に
ある結石が、健診時に発見されるケースが圧倒的に多い
そうです。

腎臟の超音波検査で男性の2%、女性の1.2%に結石が
発見されているそうで、そのうち約90%は無症状のようです。

健診で腎結石が指摘された場合、過度に心配する人も
いれば、症状がないからと放置する人もいるようです。

実際に治療を要するのは、腎結石が指摘された人の10%
ほどで、治療方法は、主に結石の大きさによって異なるようで、
最近は体外衝撃波結石破砕術が主流となっており結石の
サイズが直径1センチ以上、2センチ以下に対して適応され
ているようです。

この治療法の基本は、体外から腎結石に焦点を合わせ、
放電して石を細かく砕き、砕かれた石は、尿と一緒に排出
されるので、治療後は水分を十分に取ることが重要です。

一方、腎結石が1センチ未満で腎機能の障害がないケース
では、定期的に経過を観察するようにしましょう。

年1回、健診時に結石のサイズと部位をチェックし、
日常生活ではやはり水分を十分に取りましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 腎結石 超音波検査 体外衝撃波結石破砕術

09:21  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

意外と多い男性不妊症

2010.09.02 (Thu)

不妊は、夫婦やカップルの10組に 1 組が、
不妊で悩んでいるそうで、原因の半数が
男性側にあるようです。
不妊で悩んでいたら、男性も積極的に
泌尿器科で精液検査を受けた方がよい
そうです。

普通に性生活をしているのに、1 年以上
たっても妊娠しないケースが不妊症ですが、
男性側の最も多いのは、原因不明の特発性
造精機能障害だということです。

男性不妊症患者のうち約64%は特発性
造精機能障害で、半分以上は精子の数
少ない、あるいは精子の運動能力が弱い
といったケースだそうです。

次に多いのは、精索静脈瘤で約30%を占め、
この病気は、先天的な血管の異常によって
血流が滞り、精巣の温度が上がり精子を作る
能力が低下するのだと考えられています。

男性不妊症には、このほか、染色体異常や、
精子の通り道がふさがる閉塞性無精子症など
があります。

男性不妊症の診断は、基本的に精液検査で
行い、射精した精子は、時間がたつと活動力が
低下するので、本人が泌尿器科で受診して
検査を受けることが必要です。

世界保健機関(WHO)によると、精液の正常値は、
射精の量が 2 ミリリットル以上、精子濃度が精液
1 ミリリットル中2,000万以上、精子運動率50%以上、
精子正常形態率30%以上とされています。
この正常値に満たず、ほかの検査で精索静脈瘤や
閉塞性無精子症と診断がつけば、手術療法が行
われます。

特発性造精機能障害は、精液検査の結果が
正常範囲で、夫婦ともに30歳未満なら経過を
観察しますが、高齢とか異常が認められるときは、
患者の了解を得て補助的生殖医療を行うのが
一般的のようです。

補助的生殖医療には、人工授精、体外受精、
顕微授精がある。人工授精は、排卵の時期に
合わせて、採取した精液から運動能力の高い
精子を集めて子宮内に注入しますが、精子濃度
が精液 1 ミリリットル中1,000万以上が適応条件
だそうです。

精子が少なければ体外受精、さらに少ないときは
顕微授精が適すようです。

顕微授精は、顕微鏡で見ながら、取り出した
卵子に精子を入れるので、100%受精します。
それを子宮内に戻すのですが、着床して出産に
至るのは30%前後だそうです。

男性不妊症の説明HP 
http://three-b.net/kenkou/shop/dansei-funin.html

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 男性不妊症 精子の数 精子の運動能力

17:08  |  ホルモン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

前立腺肥大症の男性増加!

2010.09.01 (Wed)

前立腺肥大症に悩む男性が増えています。
50歳以上の男性は、20%が治療が必要だと
推定されているそうです。

前立腺肥大症は、男性特有の病気で、精液を
作る前立腺の内側の組織が肥大し、尿道が
圧迫され、夜間頻尿残尿感のほか、尿の
出方が悪くなるなどの症状があります。

この病気は、分かりやすくいえば、良性の腫瘍
で、中にはがんになるのでは、と危ぐする人もい
ますが、心配はないようです。

症状が日常生活に支障を来すか否かを、
治療を受ける目安にするといいそうです。

治療薬には、前立腺の筋肉の緊張を緩める
αブロッカーや、抗男性ホルモン剤、漢方薬などが
ありますが、一般に用いられるのはαブロッカーだ
そうです。
薬物療法で効果が認められない場合や、長期間
通院するのが生活に差し障るような場合は、手術
が行われるようです。

手術は最近、開腹をせずに、体の負担が少ない
手術が主流になっており、現在、広く行われている
のは、経尿道的前立腺切除術だそうです。

これは、尿道から内視鏡を挿入し、電気メスで
腫瘍を削る方法です。
治療効果は高いのですが、7-10日は入院が
必要のようです。

外来でできる手術もあり、その1つが高温度治療で、
尿道から加熱装置の付いたカテーテルを挿入し、
45-50度の熱を加える方法。
さらに、前立腺組織内レーザー凝固法も、外来で
可能だそうです。

これは、尿道から挿入した内視鏡で見ながら、
患部をレーザーで照射して凝固させ、壊死させる
治療法だそうです。

このほか、尿道ステント留置法といって、患部に
金属でできたメッシュ状の管を留置して、尿道を
確保する治療法もあるようです。
それぞれの利点と欠点を医師によく聞き、効果と
負担の兼ね合い、年齢や基礎疾患の有無などを
総合的に判断して、自分に適した治療法を選択
するようにしましょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 前立腺肥大症 夜間頻尿 残尿感

15:22  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。