FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

尿路結石が増えている

2010.08.24 (Tue)

食生活の欧米化に伴い、尿路結石が増えている
そうです。

尿路結石は、カルシウムシュウ酸など尿に溶け
にくい成分が固まり、腎臓、尿管、ぼうこう、尿道
といった尿の通り道に結石ができる病気です。
治療の約90%は、ESWLで行われており、
「ESWLは、高電圧の放電で生じた水中衝撃波
の焦点を結石に合わせて破砕し、尿と一緒に排出
する治療法です。

すべての結石に適用できるわけではありませんが、
おなかを切らずに済み、日帰りか1泊2日の入院で
可能で、全身麻酔を必要としないといったメリットが
あるそうです。

血尿や痛みがある
水腎症の合併例
腎臓や尿管にできた結石
結石の大きさが2センチ以下
をESWLの適用基準としています。

結石が1センチ以下の場合、1回で破砕が可能
ですが、2センチを超えるサイズでは、破砕しかねたり、
破砕した破片が尿路をふさいでしまったりする危険性
があるようです。

ESWLは患者の負担が少ないため飛躍的に普及
しているが、医師が安易に取り組むと逆にデメリット
になるようです。

その例が、症状がないサイレントストーンのケースで、
サイレントストーンが腎臓から尿管に落ちると激しい
痛みを伴いますが、それを危惧(きぐ)するあまり
ESWLを行うのはよくないようです。

ESWLによってまれに腎皮膜下血腫ができ、
腎機能を低下させる危険性があるようです。

サイレントストーンがある場合は、半年から1年に
1回は泌尿器科で定期的に経過を観察した方が
いいようです。




スポンサーサイト



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

タグ : 尿路結石 カルシウム シュウ酸

17:47  |  ホルモン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |