FC2ブログ

乳がんと乳房温存手術

2010.05.26 (Wed)

乳がんは、手術をすると、胸の膨らみが
なくなってしまうと思われていましたが、
現在では、胸の形を保つ乳房温存手術
標準的だそうです。

乳がん患者に、かつて行われていた手術は、
がんとその周囲を大きく切り取るものだったため、
胸の膨らみがなくなり精神的な打撃も大きい
ようですが、検査方法や放射線、抗がん剤
よる治療の進歩で、現在では、乳房の形を
あまり損ねない乳房温存手術が主流になって
いるそうで、この手術では、メス跡が皮膚に
残るだけで、胸の膨らみは元のまま、手術
していない乳房との差もほとんどないそうです。

しかし、乳房温存手術は、すべての乳がん
適用されるわけではなく、がんが、大きかったり、
広く散在している場合や、妊娠中や膠原病で、
体が放射線治療を受けられない場合には適用
できないようです。

代表的な温存手術は、乳房の円形に沿って
皮膚を切り、がんを取り除くもので、10日から
17日ほどで退院でき、退院後の治療は、
がんの状態や年齢で違いがありますが、放射線
治療を5、6週間通院して受け、抗がん剤治療を
4カ月から6カ月続けるのが一般的だそうです。

抗がん剤は注射かのみ薬で、ホルモン治療薬を
5年くらいのみ続ける必要があるそうですが、長期
間のんでも副作用はほとんどないそうです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん 乳房温存手術 抗がん剤

14:01  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |