FC2ブログ

サイクリングは効果的

2010.04.24 (Sat)

運動不足は、高血圧や糖尿病、虚血性心疾患などの
生活習慣病の誘因となるそうです。

運動不足解消に効果的なサイクリングの話です。

サイクリングは、ジョギングやウオーキングと同様、代表的な
有酸素運動で、体脂肪の減少や持久力の強化に効果
が認められており、生活習慣病の予防はもちろん治療にも
有効と考えられているそうです。
特に、肥満している人には、ひざに負担を掛けない利点が
あるようです。

運動強度は、心拍数や最大酸素摂取量などを指標に
します。
わたしたちが感覚的に、軽く、普通、やや強く、強く-の
4段階を目安に効果を調べたところ、やや強くの感覚で
最低20分間ペダルをこぐと有効、ということだそうです。
また、普通の感覚でこぐ場合は、1時間は必要のようです。

少し脚が疲れる感じはしても、サイクリングを続けられる
ペースで、その感覚は個人差があるので、自分のペース
で走ればいいようです。

週に1回でも効果はありますが、ほんのわずかで、
効果がはっきり出るには、週に3-5回は必要だそうです。

もちろん毎日走ると有効ですが、そのために無理をする
ことになると、かえってストレスとなってしまいます。
サイクリングを続けることが大切なので、マイペースを心掛け
るといいようです。

こだわる必要はありませんが、軽快に走るにはマウンテン
バイクなど、それなりの自転車が望ましいようです。

サドルの高さは、かかとをペダルに掛けて踏み切ったときに、
脚が真っすぐ伸びる状態が理想的です。
そして、親指の付け根辺りでこぐと、ひざへの負担が軽減し、
効率よく走れるそうです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 運動不足 生活習慣病 サイクリング

11:29  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |