FC2ブログ

女性の舌痛症

2010.03.08 (Mon)

原因となる異常が認められないのに、舌が痛んだり、
異常感を覚えたりする「舌痛症」をよく耳にします。
女性に多いようですが、そんな 舌痛症のお話です。

心理的な要因によって舌の痛みや異常感を訴える
ことが多いようで、、神経症に近い病態といえる
そうです。

舌痛症は8対1の割合で女性に多いようで、年齢層は
中高年が中心だそうです。

がん年齢”といわれる層で、同科の受診者の平均年齢
は52歳だそうです。

舌痛症は、心配性、完全癖といった性格がの人が多く
そのせいか、歯や口内炎の治療後、あるいは知人や
友人ががんにかかったことなどをきっかけに、発症する
ケースが多いようですよ。

症状は、歯や義歯と接触する舌の先端や側縁部に
出やすいのですが、食事の際は、痛みは軽くなるか
消失するようで、ガムをかんでいたり、あめを含んで
いたりすると、痛みは軽減するそうです。

治療はまず、病態をよく理解して、舌の異常感など
から気をそらすのが第一歩で、日常生活で気をそらす
方法としては、

舌の異常を見つけようとしない
医学書を読まない
舌で歯に触れない
趣味を持つ
運動する

などがいいようです。

リズミカルで適度な運動は、心身両面をリラックスさせる
効果があり、散歩なら一日30-60分歩くと効果的だ
そうです。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 女性 舌痛症 舌の先端

13:45  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |