FC2ブログ

便失禁を改善する

2010.02.25 (Thu)

知らない間に下着が便で汚れるといった便失禁に悩む
お年寄りが多いそうです。

そんな便失禁についてのお話です。

排便機能に合ったケアで改善可能なので、大腸・肛門科
で相談をした方がいいようです。

自覚がなく、いつの間にか便が漏れているケースを
漏出性便失禁といいますが、その中でも多いのが、
これといった原因がない特発性便失禁だそうです。

筋肉が委縮していたり、感覚が鈍っていたりするために
起こる便失禁で、お年寄りに多いそうです。

その程度は
1、下着が汚れる 2、ガスが漏れる 3、下痢便が漏れる
4、普通の便が漏れる  5、硬い便が漏れる
の5段階に分けられるそうです。

有効な治療法は確立されていませんが、個々の排便機能に
応じたケアで改善できるそうです。

排便機能の検査は、肛門の締まり具合、便をどの程度
ためられるか、ためた便をどの程度排出できるかなど
を調べるようです。

ケアは個々人の状態によって異なるが、食生活の改善、
排便コントロール、骨盤体操が基本になるそうです。

便と腸の状態を良好に整えるため、食生活は野菜や
海藻類など繊維質の多い食べ物を積極的に取るのが
第一だそうです。

このほか、乳酸菌と抗酸化物質のポリフェノールが
有効なので、ヨーグルト、ワインやチョコレートなど
を取るとよいようです。

そして排便は1日1回、できれば起床後に排便習慣を
付けるように心掛けましょう。

骨盤体操は、肛門の筋肉を鍛える体操で、5秒に1回、
肛門を締める運動を5分間続けます。
それを1セットとして1日4回行うといいので、こうした
ケアを根気よく続けることが、症状の改善につながる
ようです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 便失禁 特発性便失禁

09:18  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |