FC2ブログ

子供の鼻血には・・・

2010.01.22 (Fri)

子供によく起きる鼻血は、細菌が繁殖しやすいためか、
夏に多い傾向があるようですが、今日はこの鼻血について
お話します。

子供の鼻血は3、4歳をピークに小学校低学年くらいまで
よく起きるそうです。

止血法は、まず寝かせずに座らせましょう。
頭を反らすと血液を飲み込んでしまうことがあるので、
普通の姿勢で、出血している方の小鼻を5分間押さえ
ましょう。
同時に冷たいタオルなどで鼻の付け根を冷やし、鼻の穴に
何かを詰めるときは、ティッシュペーパーではなく柔らかい綿
がいいでしょう。

止血後は、安静にする必要はありませんが、炎天下で
遊んだり、激しい運動をしたり、プールで泳いだりはしない
ようにしましょう。
入浴もぬるめのシャワーだけにしましょう。

血が止まらないときは、病院に連れていくようにし、量が分か
るように、出血をティッシュペーパーで受け止めて、ビニール袋
などに入れて持っていきましょう。受診は耳鼻咽喉科がいい
ようです。

鼻血は、鼻の穴を左右に分けている壁(鼻中隔)側の、
入り口から5㍉ほどの所からの出血で、ここは毛細血管が
走る粘膜で、子供は大人に比べると粘膜が薄いために
出血しやすいそうです。

炎症も起きやすく、炎症が起きるとかさぶたができて、
子供はそのかさぶたをいじって出血するようです。

アレルギー性鼻炎で鼻がかゆくなり、鼻の中などをかいて
鼻血を出す子供もいるし、眠っているときや勉強している
ときなど、じっとしているときに出る子もいるようです。

数は少ないようですが、けがや、遊んでいて異物を鼻に
詰めて起きる鼻血もあります。
14、5歳を過ぎて、何かに軽くぶつかっただけでも出血する
場合は、鼻中隔湾曲症のことがあるようですよ。

スポンサーサイト



タグ : 鼻血 止血 冷やし

14:31  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |