FC2ブログ

自家中毒について

2009.12.26 (Sat)

幼児期から学童期にかけて自家中毒が多いそうです。
.
そこで今日は、自家中毒についてのお話です。

吐き気や嘔吐(おうと)が主な症状だが、最近は、
片頭痛の一種として注目されているそうです。

自家中毒は、「周期性嘔吐症」「アセトン血性嘔吐症
とも呼ばれ、複数の病名があるのは、原因がよく分から
ないためで、最近では、片頭痛の一種として分類して
いるようです。。

嘔吐を繰り返す子供に片頭痛の治療薬であるトリプタンを
用い、効果を上げているそうです。

自家中毒のすべてが片頭痛とは限りませんが、片頭痛の
家族歴がある子供に多いのは事実だそうです。

吐き気や嘔吐が前面に出るため、片頭痛が見逃されて
いるケースがかなりあるようです。

自家中毒は、5-10歳の2%に見られるとされており、
治療は、ブドウ糖の点滴と安静が基本です。
吐き気や嘔吐に対しては、吐き気止めの薬を用いるのが
一般的ですが、重症例では入院をします。
重症例でも、トリプタンによって症状が劇的に改善される
ケースが多いようです。
また、月1回以上発作を繰り返す場合は、予防的に
トリプタンを用いると、発作が軽減するようです。

こうした治療によって、子供の苦痛が取り除かれるばかりか、
幼稚園や学校を休まなくて済むので、。子供の自家中毒
悩んでいるご両親は、片頭痛薬による治療について
お医者様に相談するといいようですよ。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 自家中毒 周期性嘔吐症 アセトン血性嘔吐症

12:19  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |