FC2ブログ

朝食はとても大切!  

2009.12.15 (Tue)

皆さんは、毎日の朝ごはんをシッカリと食べていますか?
朝は起きるのがやっとで、食欲もない」なんて方も
多いのではないでしょうか。

厚生労働省の調査では、朝食を食べない人は年々増え
ていて、その割合は男女とも20代が最も多いといわ
れています。
なかでも1人暮らしの20代男性にいたっては65%以上
の人が朝食を食べていないそうです。

そこで今回は、朝食を食べることの大切さについてお話し
たいと思います。

そもそも朝食は、1日のリズムをつくり出す大切な食事
だといわれており、朝食を食べて胃腸が働き出すことで、
活動が始まったことを体全体が認識できるそうです。
そして朝食には、寝ている間に低下した体温を上昇させ、
身体をウォーミングアップさせる役割があるようですよ。

特に脳は、ブドウ糖のみをエネルギー源としています。
そのため米やパンなどの炭水化物を食べないと、脳が
シッカリ働かず、集中力ややる気を出すには、朝食を
食べることがとても大切なのだそうです。

朝食を食べない人が増えている理由は、「時間がない」
「食欲がない」など様々だと思います。

・「朝は少しでも長く寝ていたい」という人
夜型の生活をしている人は、早寝早起きを心がけて
朝型の生活にしてみましょう。平日に生活リズムを変える
のが難しいなら、休日から挑戦してみましょう。

・「朝は食欲がない」という人
遅い夕食や、夜の食べすぎが原因かもしれません。
朝にお腹がすく体内リズムをつくるために、夜9時までには
食事を済ませ、それ以外は食べないようにしましょう。
夕食後、20分程度のウォーキングなど軽い運動を習慣
にしてエネルギー消費を行うのもお勧めです。

・「朝食をとると通勤中にトイレへ行きたくなる」という人
家で朝食を食べると心配な場合は、早めに出勤して
職場の近くで朝食をとるなどの方法を試してみましょう。

朝が食べられないという人は、ヨーグルトや牛乳、野菜
ジュースなどのど越しの良いものから口にして慣らしていき、
そして慣れたらバナナ1本、コーンフレーク・・・といった具合
に食べられるものを増やしていきましょう。

生活習慣やリズムを変えるのは大変なことですが、毎朝の
朝食をシッカリ食べて1日の始まりをイキイキとしてものにし
たいものですね。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 朝食 ブドウ糖 体温

10:09  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |