FC2ブログ

巻きづめが痛い

2009.11.05 (Thu)

つめが指に巻き付くように伸び肉に食い込んで
痛むという悩みを抱えている人が10人に1人は
いるそうですよ。

きょうは、そんな巻きづめについてのお話です。

つめは、指先から見ると、なだらかな横方向のカーブを
描いている。このカーブがきつく巻くように伸びるのが巻き
づめ、そのつめの角が軟部組織(肉や皮膚)に食い込んで、
強い痛みや腫れを起こしたものが陥入爪のようです。

これらは、ほとんどが足の親指に起きるそうで、巻きづめは、
先端のとがった靴を履いていたり、スポーツで踏ん張ったりし
たときに、つめの縁を包むように肉が持ち上がり、つめが
押されることから始まるそうです。

つめが押されて痛みが生じると、つめを深く切りがちになり、
深づめをすると、一時的に痛みがなくなるが、余計に肉が
盛り上がり、つめが押されるので、さらにつめを巻き込んで、
陥入爪も重くなるそうです。

軽い場合は綿を詰めると良いようです。
巻きづめ、陥入爪の治療の第一歩は、つめを伸ばすことで、
軽い場合は、コットンパッキングで対処しましょう。
風呂上がりに、脱脂綿を米粒ぐらいに丸めて、つめの角と
肉の間にとがったピンセットで詰めます。
これを続ければ、四人のうち三人は痛みが取れるそうです。

痛みや腫れがひどかったり、化のうしている場合は、一般に、
爪母も含めてつめと軟部組織を取り去る手術が行われて
きましたが、しかし、こうした手術は、つめの幅が狭くなるか、
再発しやすいという欠点もあるようです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 巻きづめ 軟部組織 陥入爪

09:45  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |