スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

レム睡眠行動障害とは・・・

2009.09.30 (Wed)

睡眠中に夢を見ながら暴力を振るうことがある
レム睡眠行動障害という病気をしっていますか?

今日は、レム睡眠行動障害についてのお話です。

人は、夢を見ているとき、「レム睡眠」と呼ばれる浅い眠りの
状態となっています。

この状態では、通常、脳は覚せい状態に近く、眼球は激しく
動いているのに対し、体の筋肉は緩んでいるのですが、
レム睡眠行動障害は、レム睡眠時に活動を停止している
はずの筋肉が覚せい状態になり、夢で行動する通りに
体が動いてしまうのです。

レム睡眠行動障害は、けんかをする、追い掛けられるなど、
暴力的な夢を頻繁に見ることに始まり、数カ月から1年後
には、睡眠中に大声を出し、暴力を振るうなどの症状が
徐々に出てくるそうです。

会社の同僚とけんかする夢を見ていた患者は、タンスに
激突するなどして、頭がい骨や手の指を骨折したり、
マンションのベランダから落下しそうになったりしたことが
あったそうですよ。

ほとんどが50歳以上の男性で、このため、睡眠中の
夫の異常行動に気付いた妻が相談に来る場合も
多いようです。

症状は、午前3-5時ごろに出やすく、1晩に2、3回起こる
こともあるそうです。

症状が起きると、本人が負傷するだけでなく、就寝中の
妻を殴ってけがをさせる危険性もあるため、早期に診断
することが大切だそうです。



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : レム睡眠行動障害 覚せい状態 睡眠中

10:38  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

睡眠時無呼吸症は・・

2009.09.29 (Tue)

睡眠時無呼吸症の人は、見逃していると、
突然死や交通事故につながることがある
そうです。

そこで、今回は睡眠時無呼吸症についてのお話です。

睡眠時無呼吸症とは通常、7時間の睡眠中に
10秒以上の呼吸停止が30回以上ある場合か、
1時間の睡眠中に呼吸停止が5回以上ある場合を
いうそうです。

睡眠時無呼吸症の人は、かいていたいびきが急に
静かになったときに無呼吸になっていると、家族に
指摘されて分かる場合もあるようですが、自覚症状
としてこのようなことがあるようですよ。

(1)朝、起きたときに頭重感があり、寝るとさらに頭が重くなる
(2)昼間の眠気、それも寝てはいけないときに一瞬、眠ってしまう

こうした症状に気付いたときは、検査設備の整った耳鼻咽喉科、
呼吸器内科、精神科のいずれかを受診しましょう。
放置していると、突然死や交通事故につながりかねませんし、
悪化して心不全を起こす危険性もあるそうです。

睡眠時無呼吸症の原因は、鼻やのどの病気のほか、
脳の中枢の異常のこともあり、肥満や加齢、あごの構造など、
複数の原因が重なっている場合もあるそうです。

患者のうち、8割は肥満者で、太っていると、のどの周りにも
脂肪が付き、就寝時に気道を狭めるそうです。
また、高齢になると、気道は、筋肉が衰えて緩むため、
狭くなります。

治療は、原因によって異なるが、最も一般的なのは
持続性陽圧呼吸法で、これは、就寝時に鼻にマスクを固定し、
空気を送り込んで気道の閉塞(へいそく)を防ぐ治療法ですが、
対症療法として効果がある半面、面倒で、のどが渇くといった
問題点もあるようです。

睡眠時無呼吸症を根本的に治療するには、原因に即した
手術になるそうですが、成功率は50-80%だそうです。
このほか、マウスピースで下あごを少し前に出して気道を確保
する治療法もあるようですよ。


 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 睡眠時無呼吸症 呼吸停止 持続性陽圧呼吸法

16:06  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

睡眠相後退症候群とは?

2009.09.28 (Mon)

体内時計のずれによって睡眠を取る時間が遅れてしまい、
夜はなかなか寝付けず、朝は起きられない人が多いようです。

そこで、今日は睡眠相後退症候群について、お話します。

本人は早寝早起きを心掛けるのですが、どうしても起きられ
ないようです。
このため社会適応ができず、周りの人からは意志の弱さを
指摘され、自己嫌悪に陥ったりするようです。

この病気に悩む人は、全国で10万人から100万人は
いると推定されているそうです。
それも、10代後半から20代前半の若い人に多いようです。

もともと朝に弱い人が、入学や就職で以前より早く起き
なくてはならない、あるいは徹夜が続くなど、生活リズムの
崩れをきっかけに発症しやすいのだそうですよ。
症状に気付いたときは、睡眠外来のある病院や専門医の
いる精神科の受診を受けた方がいいようです。

治療は、まず時間療法とともに、光に対する感受性を
高める働きのあるビタミンB12が用いられるようです。

時間療法は毎晩、眠くなるまで寝ないようにし、
就寝時間を遅らせていくそうで、適度な時間に起床し、
睡眠時間帯をずらしていき、社会に適応できる時間帯に
なったところで固定するのだそうです。

改善されない場合は、毎朝30分から2時間ほど、
2,500-3,000ルクスの光を浴びる光療法を行ことで、。
それによって体内時計を、早寝早起きのリズムにリセット
するそうです。

照度は、家庭で用いる電灯よりもかなり強いが、太陽の
光よりは弱いようです。

光療法は、レンタルの装置もあるので自宅ででき、
晴れた日は自然光を利用するのもいいようです。

こうした光療法を自宅で行うには、家族の協力が欠か
せないそうです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 睡眠相後退症候群 早寝早起き 時間療法

10:41  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

朝、快適に目覚めるコツ

2009.09.26 (Sat)

なんとなく目覚めた後、ぼんやりとする、スッキリしない
などの目覚の悪い朝を経験していませんか?

今日は、朝、快適に目覚めるコツをお話しましょう。

私たちは、日中は活動して、夜間は休むというこうした
生体リズムを持っているそうです。
ところが、夜間に活動することも多い現代社会では、
生体リズムを崩しやすいのです。

その結果、宵っ張りの朝寝坊になって、寝過ごす人も
多いようで、子供では登校拒否の一因にもなっています。

朝起きづらい、あるいは起きられないときには、早寝早起きを
しようと思いますが、これは誤りだそうです。

眠りに就くのは自然のリズムで、自分の意志では眠れない
そうですよ。
逆に、起きるのは自分の意志でコントロールできるので、早起き
早寝を心掛けるのが良いようです。

それには、次の3点に注意しましょう。

1、眠りの浅い時に目を覚ます。
2、目覚めたら、床の中で体に徐々に刺激を与えていく
3、朝食はきちんと取る

起床後13-14時間たつと、メラトニンという物質が分泌され
ますが、これには眠気を催すそうで、体温を下げるます。
メラトニンは生体リズムを整えるといった働きがあります。
その分泌を活発にするために、日中は活動的に過ごすように
してみるといいようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 目覚 生体リズム メラトニン

17:14  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

よく眠れない理由は・・

2009.09.25 (Fri)

よく眠れない悩みを抱える人は多いようです。
そこで、睡眠についてのお話を・・

気持ちよく寝付くには、朝きちんと起きて光を浴びる
ことが大切なようです。
これには、体内時計の仕組みが関係しているようですよ。

朝、目覚めて太陽の光を目で感じると、これを時報として
脳の奥の方にある体内時計がリセットされるそうで、これで
体の内部の温度を上昇させるなどして脳と体を目覚めさせ、
13-14時間にわたり、体を活動に適した状態に保つそうです。

そして、朝に光を感じてから15~16時間ほどたつと、
体内時計は眠りの準備を始めるようです。
手足から熱を逃がして体の内部温度を下げ、脳と体を
休息状態に導くようで、自然に眠たくなるのは、この時だそうで、
眠りの準備がスムーズに進むと、気持ちよく寝付けるそうです。

眠りの準備が自然に進むには、床に入る前の時間をリラックスして
過ごすことも大切ですが、心配事や不安などで緊張して寝付け
ないこともありますね。

無理に眠ろうとしないで、床を離れて本を読んだり、音楽を
聴いたり、リラックスして過ごし、焦らずに眠くなるのを待つのが
よいようですよ。

コーヒーや日本茶などに含まれるカフェインは、眠りを妨げます。
カフェインは、4、5時間覚せい効果が持続するので、午後11時に
寝付くには、7時を過ぎたら飲まないことにしましょう。

風呂で疲れを取ろうと、寝る直前にあまり熱い湯に入ると、
かえって刺激になり、疲労感は取れても寝付きが悪くなるそうです。

ぬるめの湯にゆったりと漬かる方が寝付きには良いそうです。
リラックス効果とともに、体の内部の熱を逃がす仕組みが働き、
眠気をもたらします。

また、サプリメントのバレリアンも効果的だそうですよ。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 睡眠 体内時計 リラックス

11:51  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

冬に入る前からビタミンAを

2009.09.24 (Thu)

自分を守るための自己防衛システムが、免疫といわれる
もので、この免疫により病気感染やがんなどから守られ
健康が保たれているそうです。

ビタミンAは免疫のシステムに欠かせない栄養源で、
欠乏すると病原菌などに対する免疫力が低下する
そうです。

そこで今日はビタミンAについてのお話です。

年に何回も風邪を引く、他人の風邪がすぐにうつる、
インフルエンザで学級閉鎖が行われるなどの背景には、
このビタミンA欠乏による免疫力の低下があるそうです。

そこで風邪の予防にビタミンAの積極的な補給が大切に
なってきます。
成人が1日に必要とするビタミンA摂取量は男子2100IU)、
女子1800IUだが、これが十分に取れていないのが実情だ
そうでそよ。

例えば毎朝卵1個、牛乳1本、バター20グラムを取ってい
ても必要量の約半分にしかならないそうです。
それならば、ビタミンAを多く含む食品、肝油、レバー、
チーズ、ウナギなどを努めて取るようにすればいいのですが、
ウナギばかり食べてもいられないし、レバーは独特のにおいが
あり嫌う人もいるようです。
卵や乳製品はコレステロールが心配になります。

ところが、動物性食品だけでなく緑黄色野菜でもビタミンAが
補えるようです。ベータカロチンがそれで、ベータカロチンは体内
に入ったあと、ビタミンAに変わるので、緑黄色野菜を1日に
100グラム取れば普通のビタミンA不足は補えそうですよ。

ベータカロチンがビタミンAに変わるためには、動物性たんぱく質に
含まれるメチオニンというアミノ酸の手助けがいるそうですが、 納豆
でもOK。 納豆に含まれるパントテン酸とナイアシン(ニコチン酸)が、
ベータカロチンがビタミンAに変わるのを助けるそうです。
納豆は本当にすぐれものなんですね。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ビタミンA 免疫 ベータカロチン

13:52  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シミや老人性色素斑を治す

2009.09.19 (Sat)

顔にできるシミには、老化による老人性色素斑(はん)、
日焼けややけど、けがなどの炎症後にできる炎症後色素沈着、
生まれつきのあざである扁平(へんぺい)母斑などがあるようです。

これらを取り除くには、
(1)冷凍療法(ドライアイスや液体窒素で凍らせる)
(2)レーザー治療
(3)手術-などが行われている。
しかし、「できれば塗り薬で簡単に取れれば」と希望する人が多い
ようです。

こうした人の治療に、自家調合したレチノイン酸を用いている
医師がおられるようです。。
「レチノイン酸は、ビタミンAから作られたもので、皮膚の表皮の
細胞分裂を早め、表皮の下の真皮の張りを保つコラーゲンを
増やすそうです。

シミは、程度にもよりますが、レチノイン酸を塗った後1カ月ほどで
目立たなるそうです。

レチノイン酸を用いてシミの治療(現在は健保の適用外)をした
167人(男性27人、女性140人)を、シミの性質、部位ごとに分け、
12週間以上追跡調査をした結果は

その、改善率は、老人性色素斑では84.7%で、特に顔にできた
シミは97.4%と、高い効果が見られたそうです。

改善率は、炎症後色素沈着では87.9%、扁平母斑では63.6%
そうです。

副作用として、皮膚炎が起こり、肌が赤くなることがあったが、
赤くなった部分は、薬を塗って数日後には表皮がむけ、その後は
つるつるになったそうですよ。

しかし、動物実験では、レチノイン酸を大量に使った親から生まれた
子供に、先天的な奇形が発生していることが報告されているようです。
このため、塗り薬なので副作用の危険性はあまりないが、患者には、
治療中だけは避妊するよう指導しているそうです。

レチノイン酸は、欧米や香港などでは治療薬として認可されているが、
日本では認可されていないようです。
治療費用は、健康保険の適用がなく、月に2、3万円かかるそうですよ。
 
この治療を受けたい人は、東大医学部形成外科医局
(電話03-5800-8670)に問い合わせてみてはいかがでしょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : シミ 老人性色素斑 治療

16:58  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

増える顔や腕の「しみ」は・・

2009.09.18 (Fri)

加齢に伴って増える顔や腕の「しみ」で、
お悩みの方もおおいようです。

今日は、そんな「しみ」についてのお話です。

ご存知でしょうが顔や手、腕のしみは、紫外線のダメージで
メラニン色素が局所的に増えた状態だそうです。

医学的には、日光性色素斑と言うようです。

早い人では20歳代で見られますが、高齢者に多く、
老人性色素斑とも呼ばれているようです。

中には、年のせいにしてあきらめている人がいるが、
美容上の問題だけでなく、皮膚がんの危険性もあるようです。

肌のしみに気付いたときは、念のため最寄りの皮膚科専門医
に診てもらった方がいいようですよ。
それが単なるしみか、そうでないかは、通常、視診とダーモスコープ
という精密な拡大鏡による検査によって分かるようですよ。

治療は、しみの程度によって異なる。しみが薄い場合は、
日焼け止めクリームや美白剤のほか、皮膚の新陳代謝を促進
するレチノイドという薬が用いられるそうです。

濃いしみには、薬物療法に加えてレーザー治療が必要で、
メラニン色素に吸収されると熱に変わるレーザー光線を用いて、
しみを除去する治療法です。

照射部が一時かさぶた状態になりますが、しみは治療後
10日ほどで消失してしまうそうです。

レーザー照射時にゴムではじかれたような痛みが生じるが、
我慢できない場合は局所麻酔をして行われるようです。

日光性色素斑の治療には、健康保険は適用されて
ので、実費になりますが希望者は医師に相談して
みるといいでしょうね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : しみ 紫外線 老人性色素斑

09:27  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

睡眠中に脚がむずむずする

2009.09.17 (Thu)

夜間、睡眠中に脚がむずむずするレストレスレッグ症候群は、
少なくとも日本人の1%に見られるそうです。

今日は、そんなレストレスレッグ症候群についてのお話です。

レストレスレッグ症候群は一般に、むずむず脚症候群と呼ば
れています。
この病気は腕や脚に起こりますが、ほとんどが脚、とくにふくら
はぎの辺りにむずむず感や痛がゆいといった不快感が生じる
ようです。

それも夜間、安静時に悪化し、じっとしていられないほどで、
人によっては、動かしたり歩いたりすると症状は軽くなりますが、
寝るとまた起こってくるという特徴があるようです。

半数以上の方は、夜間睡眠中に自分の意思と関係なく、
脚の異常運動が起こる周期性四肢運動障害を合併して
いて、不眠につながるようです。

50歳以上の人や腎不全で透析を受けている人、鉄欠乏性
貧血の人に多いのですが、症状を自覚したときは、精神科か
神経内科を受診するか、または睡眠障害の専門医に診て
もらうといいそうです。

レストレスレッグ症候群の原因は不明のようですが、、
(1)神経伝達物質であるドーパミンの働きの低下
(2)脊髄(せきずい)や末しょう神経の異常
(3)遺伝的な要素
-などが考えられているそうです。

日常生活で誘発因子になるカフェインやアルコールを避ける
のが第一で、就寝前に脚をマッサージして、筋肉のこわばりを
取ると改善されることもあるようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 睡眠中 レストレスレッグ症候群 鉄欠乏性

17:32  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

べた足はへん平足ではない?

2009.09.16 (Wed)

土踏まずがないべた足がへん平足と思っている人は
意外と多いようです。

そこで、へん平足についてお話しましょう。

医学的には、かかととつま先をつないでいる縦アーチがつぶれ、
足の甲の舟状骨と足底との距離が異常に近くなっているのが
へん平足だそうです。

べた足の症状が表れますが、べた足がすべてへん平足とは
限らないようです。

こうした後天的なへん平足に対して、先天性のものは、
「垂直距骨」と呼ばれる病気がほとんどで、赤ちゃん1万人に
2、3人に見られる程度のようです。

べた足は足底の筋肉が発達したスポーツ選手に多いそうです。

運動不足で足の裏に脂肪が付いている、縦アーチが柔らかい、
足の幅が狭い、といった人もべた足になりやすいそうです。

べた足で、足が痛む、疲れやすいなどの症状がある場合は、
病気との鑑別診断を受けるため、整形外科を受診すると
いいようですよ。

レントゲン検査で、べた足と診断が付けば、運動が不足して
いるとか、靴が合わないなどが原因とみられるので、原因を
突き止めて、日常のケアをすれば、症状は改善されるそうです。

へん平足と診断されれば、足底板や靴型装具を付ける治療
を行い、土踏まずを形作っていくようにするようです。

ただし、中高年になって、かつてあった土踏まずがなくなった
場合は、別の病気のこともあるので、早めに整形外科へ
いった方がいいようです。

テーマ : セラピー&ヒーリング - ジャンル : 心と身体

タグ : へん平足 べた足 垂直距骨

14:05  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「うおのめ」について

2009.09.15 (Tue)

靴での外出が多くなっている現在「うおのめ」に
悩む人は意外と多いようです。
中には自分で削る人がいるが、ほかに似た皮膚疾患も
あるので、やめた方がいいようですよ。

今日は、そんな「うおのめ」についてのお話です。

うおのめは、体重が掛かる足の裏とか、靴で圧迫されやすい
小指や指の間の皮膚が、厚く硬くなる病気です。

その特徴について、「うおのめ」は、一見、たこと似ていますが、
中央にしんがあり、大きくなるにつれて痛みが増すそうです。

ハイヒールなど、足を圧迫する靴は悪化要因になり、
ひどくなると、靴を履くだけで痛むようになるそうです。

現代病の一つとしてポピュラーなだけに、市販の薬に頼ったり、
自分で削り取る人もいるようです。、

市販薬は、硬くなった皮膚を軟らかくするサリチル酸ワセリンなので、
根本的な治療にはならないようです。
また、しんをきれいに削るのは素人では難しいそうですよ

無理に削って患部を傷つけ、二次感染を起こす人もいるそうです。

このほか、ウイルス性のいぼや皮膚がんでも似た症状が見られるので、
症状を自覚したときには、最寄りの皮膚科で診断してもらい、
適切な治療を受けた方がいいようです。

治療は、メスなどでうおのめを削り取るのが基本だそうで、削りにくい
指の間の場合は、レーザー治療が有効のようですが、残念ながら
健康保険が適用されないので、医師とよく相談して治療法を
選ぶようにしましょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : うおのめ 皮膚疾患 皮膚がん

16:20  |  ふきでもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

下肢静脈瘤の治療とは

2009.09.14 (Mon)

ふくらはぎに血管がこぶのように浮き出る下肢静脈瘤(りゅう)に、
レーザー治療が行われるようになっているそうです。

手術は30分で終わり、翌日から仕事に戻れるそうですが・・

今日は、そんな下肢静脈瘤についてのお話です。

下肢静脈瘤になると、ふくらはぎに静脈が浮き出て、血管が
こぶのように見えます。
そして、日本には、軽症を含めると1千万人ほどの患者がいる
といわれています。

静脈は、血液が心臓に戻るための血管で、所々に弁があります。
この弁がうまく働かなくなると、血液が逆流してたまってしまい、
静脈瘤になるそうです。
50歳代の女性に多く見られるようです。
進行すると、湿疹(しっしん)ができる、皮膚が茶色になる、
皮膚が硬くなるなどの皮膚炎が起き、さらに、かいようができ、
出血することもあるようです。

レーザー治療は、患部を局所麻酔して5ミリほど切開、そこから
細いレーザーファイバーを静脈の中に入れ、血管を焼いて閉塞
させていくそうです。
痛みはなく、手術時間は30分ほど。手術直後には歩くことができ、
日帰りができるようです。

また、血管を焼いてふさいでしまい、血液が流れなくする治療も
あるようですよ。この血管は働かなくなっても、ほかに深部静脈が
働いて、血液の流れにはまったく影響はないそうです。

レーザーを使わない方法として静脈を引き抜くストリッピング手術
も行われているようです。特殊な局所麻酔を使い、これも日帰りが
できるそうです。

このように、下肢静脈瘤治療の選択肢は広がっていますので、
悩んでいたら、血管外科を受診してみるといいでしょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 下肢静脈瘤 ふくらはぎ レーザー治療

12:09  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

海外旅行と時差ぼけ

2009.09.12 (Sat)

海外旅行でつらいのが時差ぼけでしょう。
体内時計の狂いで生じ、不眠と眠気などに悩まされる
ことを経験されている方もおおいでしょう。

そこで、今日は時差ぼけについてお話しましょう。

出発3日前から一日1時間ずつ就寝時間を早めると、
予防に役立つそうですよ。

人間の睡眠と覚醒(かくせい)のリズムは、体内時計が
刻んでいるそうです。
朝、目覚めて脳が日の光を知覚すると、体内時計の
スイッチがオンとなって「活動に適した時間」を刻み始める
ようです。

この時間は、10~13時間続き、その後2時間ほど
休息に適した時間となり、睡眠時間」に入る準備をして、
睡眠となるそうです。

海外旅行などで時差が生じると、このリズムが乱れて、
眠気や疲労感、食欲低下、作業能力の低下など、
時差ぼけ症状が起こるようです。

時差ぼけ症状は、日本から東の方向への旅の場合が
激しく、例えば成田空港を午後に出発しサンフランシスコに
朝9時に到着すると、実は日本時間では午前1時で普段
なら熟睡中です。

真夜中に無理に起こされたのでは、気分が悪くなり、
体調を崩すのは当たり前でしょう。

到着してホテルに入ったら、部屋のカーテンを引いて暗くし、
2、3時間仮眠するといいようです。
正午には無理しても起きて、自然光に当たるのが効果的です。

この時間は、日本では早朝に当たるので、体内時計は
いつもより少し早いが活動を開始しようと動き始めます。

そのまま夕方まで寝込んでしまうと、目が覚めた時、体内時計は
日本時間の活動時間に入っているため、夜が更けても眠たく
ない状態が続き、体内時計と実時計とが狂ったままになる
のです。

旅先で1時間の時差を取り戻すには、約1日必要といわれ、
旅行に出発する際は、3日前から一日1時間ずつ早く就寝
することを3日間実行すると良いようです。

体内時計を3日間で3時間早めると、旅行先での睡眠不足に
よる体の負担を軽くできるそうです。
また、飛行機の中でアルコール類を飲むと、気圧の関係で
普段の倍以上にアルコールが利くので、控えが良いようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 時差ぼけ 体内時計 睡眠不足

10:36  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ご存知ですか、VDT症候群!

2009.09.11 (Fri)

パソコンやワープロなどの普及に伴って、目の疲れを訴える人が
増えているようです。
そして、目の症状だけでなく、心身両面に悪影響を及ぼすようです。

今日はそんな現代病であるVDT症候群についてのお話です。

VDT症候群とは、パソコンやワープロなど、ハイテク機器の画面を
見ながら作業を続けることによって起こる現代病だそうです。

目の疲れ、神経や筋肉の異常、精神的な問題などを伴うようで、
これら症状の中で最も多いのが、目の疲れのようです。

パソコンなどを使うと、目は画面やキーボードなどの頻繁な動きを
強いられ、その眼球運動は、一般事務の1.8倍にもなると報告
されています。
さらにピント合わせや両眼視(左右の眼底に映る像を一致させる
能力)の負担、画面からの光の刺激も加わるので、目が疲れ
やすくなるのだそうです。

こうした状態を続けていると、不眠、頭重感や疲労感、首、背中、
腰の痛み、上腕や前腕の痛みやしびれ、といった全身症状を発生
するようです。

ハイテク機器を使っていて、目がしょぼしょぼするなど疲れを感じた
ときは、まず目をいたわらなければならないそうです。

具体的には、目への負担が少なく、楽に作業できる距離は
約70cmで、この距離は、パソコンなどから放出される電磁波を軽減
するためにも適切なので、この距離を保つように装置をレイアウトし、
一時間作業したら10~15分休むと効果的のようですよ。

眼鏡やコンタクトレンズが合ってないと目が疲れるので、やはり70cmの
所にピントが合う視力を確保することも必要だそうで、また、食後や
空腹時に作業をすると、自律神経が不安定になるので、根を詰め
ないようにしましょう。。

このほか、日常生活では、ビタミンB12やCを積極的に摂取するとともに、
十分な睡眠を取るようにしましょう。
また、サプリメントではマカを摂ると眼精疲労には効果的だそうです。

タグ : VDT症候群 眼精疲労 眼球運動

15:04  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

翼状片という目の病気

2009.09.10 (Thu)

高齢者の増加に伴い、翼状片という目の病気が
増えているそうです。
黒目に白目がかぶさるものですが、軽いケースを含め
お年寄りの20%ほどに見られるという。

そこで今日は、翼状片についてお話しましょう。

翼状片は手術で治りますが、その時機が治療のポイント
だそうです。

初期には異物感や充血
翼状片は、球結膜(白目)が角膜(黒目)の上に
三角状に伸び、かぶさるようになる病気だす。
原因は分かっていないが、加齢とともに増加する傾向が
あり、お年寄りに多いそうです。

高地や海辺など、紫外線の強い地域に住む人にもよく
見られるそうで、一定以上は全く進行しない停止性の
ケースもありますが、多くは年単位でゆっくりと進行するようです。

初期は、ごろごろとした異物感や充血を伴う程度で、
少し進行すると角膜がゆがみ、乱視が出てききますが、
さらにひどくなると、視力が衰えてくるようです。

治療には手術を行いますが、初期のうちに手術すると
極めて再発しやすいそうです。
再発のたびに手術すると、球結膜が足りなくなって目に
障害を起こす場合もあるようです。

外出時はサングラスをしましょう。
翼状片は、若い人でも手術後に再発しやすいそうで、
逆に、進行して翼状片が角膜の中央にまで伸びて大きく
なると、手術しても視力が回復しにくくなるようです。

手術の時機は、翼状片が角膜の4分の1を覆うくらいまで
伸びた時が理想的だそうです。

経過観察中、充血がひどい場合は、一時的にステロイドの
点眼薬で炎症を抑えるようにし、外出時にサングラスを利用
して紫外線を避けるほうがいいでしょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 翼状片 黒目 球結膜

16:04  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

飛蚊症とは

2009.09.09 (Wed)

私も3年ほど前に目の前を糸くずが飛んでいる状態になり
診断の結果、飛蚊症とのことでした。
今日は、そんな飛蚊(ひぶん)症についてのお話です。

目の前で蚊が飛んでいるように見える飛蚊(ひぶん)症は、
心配する必要がないことが多いが、網膜はく離の前触れ
の場合もあるようです。

光が飛んでいるように見える症状を伴ったら、早めに受診
したほうがいいようです。

目の球形を保っているのは、中心部にある硝子体です。
硝子体は、ほとんどが水分だが、液状ではなく、薄いゼリー
のようなゲル状になっており、赤ちゃんの時の均一なゲル状から、
10歳代以降はゲルの中に液状の部分が混じるようになるそうです。

硝子体は、加齢とともに液化部分が増加し、14歳―18歳では
20%、80歳―90歳では50%が液化するそうです。

この液化によって、硝子体内に線維が増加したり、硝子体とくっつ
いている網膜との間に水分が入り込んだりすると、飛蚊症が起き
やすくなるようです。

飛蚊症は、加齢とともに起きる目の変化の一つで、10歳以上の
だれにでも起きる可能性があるそうで、症状があっても問題がない
ことが多いようです。
しかし、飛蚊症から目の病気が見つかる場合もあるそうです。

飛蚊症で受診した患者のうち、網膜はく離だった人が3%、
網膜はく離が起きる前の症状である網膜裂孔(こう)だった人が
7%見つかっており、ほかの目の病気だった人も数%いたそうです。

飛蚊症を自覚した場合は、念のために一度受診した方がいい
ようで、心配ないと診断されても、その後、飛蚊症の様子に
変化が起きたときは、もう一度受診することが大事のようです。

必ず受診してほしいのは、光が飛んでいるように見える光視症を
伴った人だそうで、また、目にカーテンが掛かったように視野の一部
が欠ける症状を伴っている人は、既に網膜はく離が起きている状態
と考えられるので、急いで受診することが大切だそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 飛蚊症 網膜はく離 網膜裂孔

10:09  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

まばたきができない !

2009.09.07 (Mon)

まぶたの開閉が困難な「眼瞼けいれん」の人は、
増えているそうです。
全国で約三万人といわれるが、実際にはその二十倍はいると
推定されているそうですよ。

今日は、眼瞼けいれんについてのお話です。

眼瞼けいれんについては、目の周りの筋肉が収縮して目が開け
にくくなり、まばたきがうまくできなくなる病気だそうです。

主症状は、光がまぶしい、目を開けていられない、目が乾くなどで、
こうした症状を訴えて一般の眼科を受診しても、目にこれといった
異常がないため、ドライアイや眼精疲労と間違われるケースが多い
そうです。

ドライアイや眼精疲労との大きな違いは、外に出たときに光がまぶしく、
意志に関係なく急にまぶたを閉じるなど、まぶたの移動に支障を来す
点で、このため自動車の運転中に事故を起こしたり、歩行中に物や
人にぶつかって転んだりするケースが多いようです。

最悪の場合は、生命にもかかわるそうですよ。
それを回避するには、眼瞼けいれんという病気のあることを認識する
のが第一だそうで、症状からこの病気が疑われる、あるいはドライアイや
眼精疲労の治療を受けていても改善されない場合は、神経眼科を
受診すべきだそうです。

神経眼科医は全国に千人ほどいるそうですが、自分で見つけられない
場合は、掛かっている眼科医に紹介してもらうといいそうです。

診断では、
(1)リズミカルに軽くまばたきができるか
(2)十秒間にできるだけ早いまばたきが何回できるか
(3)強く閉じたまぶたをパッと開けられるか-といったまばたきの検査が
行われるようです。

はっきりとした原因が分かっていないので、根本的な治療は難しいのですが、
一種の麻酔薬であるボツリヌス毒素を目の周りの筋肉に注射して、筋肉の
異常な緊張を緩める治療が主流だそうです。

それでも改善されない場合は、まぶたを開ける筋肉を強化する手術が
行われますが、いずれにせよ病態をよく理解して、根気よく治療することが
大切とのことです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 眼瞼けいれん ドライアイ 眼精疲労

09:51  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

母乳はすばらしい!

2009.09.05 (Sat)

母乳は、感染を防いで体を守る免疫にかかわる物質を
多く含んでいるそうです。
このほかにも、知られていない働きもあり、自己免疫疾患の
発症を抑えるという報告もあるようです。

今日は、そんな母乳についてのお話です。

母乳には、赤ちゃんに必要な栄養が適度に含まれており、
吸収も良く、量が十分であれば、生後4カ月ごろまでは、
ほかの水分は必要ないほどだそうです。

母乳の大きな特徴は、免疫にかかわる物質を多く含んで
いることだそうで、体にとっての異物(抗原)であり害も及ぼす
細菌やウイルスを認識する物質、それを体外に排出する物質、
細菌やウイルスの機能を奪う物質など、多種多様な物質が
含まれているようです。

抗原を認識したり、やっつけたりする物質(抗体)は、生まれて
間もない赤ちゃんにはなく、生後3カ月くらいから、やっと備わって
くるそうで、母乳は、赤ちゃんにはない抗体を豊富に含んでいる
ことになるようです。

母乳は、幼児期以後にも影響を及ぼすようです。
かいよう性大腸炎など、思春期以降に多い自己免疫疾患の発症が、
母乳で育った人より人口乳で育った人の方に多いという研究結果が
発表されているそうです。

母乳にも弱点はあるようです。
アトピー性皮膚炎は、人工乳より母乳で育った子に多い傾向が
見られるそうです。
お母さんが、うっかりワインなどを飲むと、赤ちゃんもアルコールを吸収
してしまいます。

同様に、薬やたばこの成分も吸収するそうです。
母乳は、環境ホルモンや、大気の汚れも含んでいるかもしれなせんが、
完ぺきではないものの、母乳が無防備な赤ちゃんの体を守るのは間違い
ないようで、できれば、生後3カ月までは母乳で育てるのが理想的の
ようです。




テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 母乳 免疫 栄養

10:17  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

赤ちゃんの手足の左右の動きに差が・・

2009.09.04 (Fri)

1歳になっても歩けないと心配する母親は多いようですが、
赤ちゃんの運動機能の発達には個人差があるようですよ。

そこで、今日は赤ちゃんの運動機能と脳の発達について
お話しましょう。

赤ちゃんの運動機能は、脳の発達に伴い進むようです。

赤ちゃんの脳は1歳までに著しく発達しますが、それに伴って
運動機能も頭から足に向かって発達していくそうです。

その目安として、まず生後4カ月ごろになると首が座り、
8カ月ごろには背中がしっかりしてお座りができるように
なるようです。

その後、はいはいをするようになり、1歳を過ぎると歩き始め、
また、大きな運動から小さな運動へと発達していくのですが、
いずれにせよ、その過程には個人差があるようです。

例えば、性格が用心深かったり、消極的だったりするだけでも、
差がでてきますので、運動機能の発達が他の子供よりも早い、
遅いと一喜一憂する必要はないようです。

ただし、生後5カ月を過ぎても首が座らないなど、発達が極端に
遅い場合は要注意だそうです。

全身状態や栄養状態が悪いと、発達の遅れの原因になり、
また、マンション住まいなどで外出がおっくうになり、赤ちゃんの
日光浴が足りなくなると、くる病にかかり、やはり発達が遅れます。

このほか注意すべき点は、手足の動きに左右差があるケースや、
それまでできていた運動が急にできなくなったときだそうです。

こうした場合は、脳や神経の病気が隠れている可能性があるそうです。

ただし、高熱を出した後に、でき始めていたことができない場合は、
一時的な現象の可能性があります」
ともあれ、赤ちゃんは自分で異常を訴えられないだけに、何よりも
両親の注意が欠かせないようです。

過度に神経質になる必要はないようですが、発達が極端に遅い、
手足の動きに左右差がある、運動が急にできなくなったなど、
運動機能の発達に関係する異常に気付いたときは、迷わず
小児科に連れていくことが大切なようです。

そして、運動機能の発達を円滑にするには、全身状態や栄養状態を
良好に保つのはもちろん、赤ちゃんとよく遊んであげることが大事だと、
いうことのようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 赤ちゃん 脳の発達 運動機能

11:37  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

赤ちゃんはコアラ抱っこで!

2009.09.03 (Thu)

赤ちゃん抱き方のは、母子密着で心も健康になる
方法がいいようです。

そこで、今日は赤ちゃんのコアラ抱っこについてお話しましょう。

赤ちゃんの体は柔らかく、下手な抱き方をすると壊れてしまいそうで
怖いなど、初めての子供を持ったお母さんにこんな悩みが多いようです。

赤ちゃんの抱き方は、赤ちゃんをお母さんと向かい合わせにし、
お母さんの腰骨やおなかにまたがらせるようにしたほうがいいようですよ。
生まれて間もないころには、首が座っていないため、両手で支えたり、
お母さんが慣れてきたら、少し斜めに向かい合わせにして片手で抱き、
お母さんのひじを枕にして、赤ちゃんの頭を支えるようにしましょう。

これは『コアラ抱っこ』と呼ばれていますが、赤ちゃんには、ぬくもりと
柔らかさのあるお母さんの胸に抱かれて、圧力を受けていることが、
何よりも安心になるそうです。

母子密着という好ましい初期の人間関係が成立し、赤ちゃんの心を
健康に育てるスタートにもなるそうです。

コアラ抱っこには、赤ちゃんの股(こ)関節脱臼を予防できるという
利点もあるようです。

赤ちゃんは胎内では脚を曲げており、少しまたを開いた形の癖が付いて
生まれてくるので、この自然な脚の形を、生まれてからいきなり伸ばすと、
股関節脱臼を起こしやすいようです。

赤ちゃんの脚を、巻きおむつによって、生まれていきなり伸ばすように
していたころは、股関節脱臼の発生率が生まれたその日の検診で
約3%だったそうですが、しかし、股間だけのおむつによって脚を伸ば
さないようにしたところ、発生率は約0・3%に激減したとのことです。

コアラ抱っこなら、赤ちゃんは脚を伸ばさず、自然な脚の形を維持
しながら、お母さんとスキンシップが取れるのです。

正しい抱き方でよく抱いてあげ、できれば、母乳を与えながら語り
掛けるようにすることがいいようですよ。




テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 赤ちゃん抱き方 コアラ抱っこ 股関節脱臼

11:47  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

赤ちゃんの呼吸が止まって・・

2009.09.02 (Wed)

1歳までの元気な赤ちゃんが眠っている間に呼吸が止まって
死亡する事例をよく耳にします。

そこで、今日は乳幼児突然死症候群についてお話します。

乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くなる赤ちゃんは、
年間250人になるそうです。
その危険因子とされるのが育児環境のようです。

乳幼児突然死症候群は8割は生後6カ月以内におきる

乳幼児突然死症候群は、窒息などの事故や心臓病など
見逃した病気及び虐待などの犯罪-といったケースを除き、
1歳までの元気な赤ちゃんが眠っている間に呼吸が止まって
死亡する症候群のことです。
8割は生後6カ月以内に起こっていますが、新生児期を過ぎて
1歳までの赤ちゃんの死亡原因では最も多いそうです。

その原因として、睡眠時の無呼吸状態からの覚せい反応の
遅れが指摘されているようです。

人間の赤ちゃんは、生理的に未熟な状態で生まれてきます。
呼吸機能も発達過程の状態にあり、睡眠中に呼吸が止まる
こともあり得ます。

そこで覚せい反応が遅れると、SIDSに結び付くと考えられて
いるようです。

実際、ほとんどのケースが、赤ちゃんが1人で眠っている場合に
起こっており、自分の力で自由に体を動かせない赤ちゃんでは、
誰に起こっても不思議はないが、発生には育児環境が大きく
影響しているようです。

その3大危険因子が、
(1)うつぶせ寝(2)妊娠中や養育時の両親の喫煙
(3)人工乳保育

発生のリスクは、うつぶせ寝で3倍、喫煙していると5倍、
人工乳保育では5倍になると報告されています。ただし、
人工乳そのものが悪いのではなく、母乳保育だと、赤ちゃんを
抱き締めて飲ませる行為が発育を促すだけでなく、
一緒にいる時間も長くなるので、できるだけ母乳で育てた方が
いいようです。

それとともに、赤ちゃんは睡眠時にできる限り1人にしない
ことが大切です。
そのためには、両親や養育者が同じ部屋で、赤ちゃんとは
別々の寝具で寝るのが理想的のようですよ。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳幼児突然死症候群 新生児期 無呼吸状態

09:46  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

主人在宅ストレス症候群!

2009.09.01 (Tue)

定年になった夫が常に家にいるようになったことで、
妻が、強いストレスを感じ、体に変調を来すことが
あるようです。

そこで、今日は、主人在宅ストレス症候群について
お話します。

このようなストレス症状が出るのは、定年後に夫が家にいるように
なってからの場合が多いが、中には夫が脱サラして自宅で仕事を
始めてからという場合もあるようです。

・夫は何もしないでテレビばかり見ている ・3度の食事の用意が大変
・あれこれと指図される ・細かく干渉されるなど、日常生活で強い
束縛感を感じていることのようです。

亭主関白型の夫と、自分を抑えて夫に従う妻という構図で、
高圧的な夫に気持ちを伝えられないため、精神的なストレスが
体の弱い部分を攻撃することのようです。

このストレス症状は、ストレスと強い関係のある高血圧や胃かいよう、
十二指腸かいよう、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群などのほか、
脱力感や冷や汗、震えなどが起きる低血糖症候群や、ほかにも
慢性肝炎とさまざまのようですよ。

夫を気にせずに、趣味の会やカラオケ、旅行などに1人で外出する
ことがストレス解消にはいいようです。
友達や肉親に自分の気持ちを話したり、外出したりするだけで
症状が和らぐ人も多いようです。

夫との関係を変えるのは難しいですが、決してあきらめないで
夫婦で話し合い、お互いを思いやる関係を築いておけば
主人在宅ストレス症候群は防げるようです。



 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 主人在宅ストレス症候群 束縛感 ストレス症状

11:35  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。