FC2ブログ

水道水をおいしく飲もう

2009.07.15 (Wed)

夏は、お水を飲むことが多くなりますね。
そこで、今日は水道水を美味しく飲む
方法をお話しましょう。

水道水には、浄化や殺菌のために塩素が含まれています。
この残留塩素は刺激臭の原因となるだけでなく、水の味を
まずくする元がそうですよ。

残留塩素の基準値は、蛇口で水1リットル当たり0.1ミリグラム
以上、1ミリグラム以下を目標に管理されているそうです。

0.1ミリグラムあれば、殺菌力は十分だが、大都市部では、
刺激臭やカルキ臭が感じられる0.4ミリグラムを超えていることが
多いそうです。

汚濁した原水を短時間で水道水にする際、大規模な浄水場では、
急速濾過(ろか)法を用いているそうで、塩素を投入してマンガン、
アンモニアを除去し、次に有機物などを凝集・沈殿させた後、
砂を使った濾過装置で、細かい汚れを取り、消毒用塩素を加えた
上で、配水するそうですよ。

水源が汚染されるほど、塩素など薬品頼みの浄水法に傾くため、
水道水の味や質が損なわれるようです。

例えば、塩素がアンモニアを分解するときは、カルキ臭が生じます。
また、過剰な塩素が水中の有機物と反応し、トリハロメタンができます。

そこで、 レモンや緑茶で工夫をしてみては。

トリハロメタンは発がん性物質だが、水道水に含まれるのは微量で、
水道水1リットルを毎日飲み続ける場合の発がんの危険性は、
ワイン1杯を毎日飲み続ける場合よりもはるかに低いそうです。

水道水の残留塩素は感染症を防ぐために有益だが、おいしく飲用
したいときは以下のように簡単に除去できるそうです。

やかんでお湯を沸かし、ふたを開けたまま5分間沸騰させるか、
10分間沸騰させると、トリハロメタンも蒸発するようです。

また、ふたのない容器に一晩くみ置きするのもいいようです。

水道水1リットル当たり、レモン汁を1、2滴垂らします。
または、茶こしに一つまみの緑茶を入れ、水道水をゆっくり通し
ます。

浄水器を付ける場合は、塩素臭をなくしたいのか、トリハロメタンを
除きたいのかなど、目的をはっきりさせて選ぶといいようですよ。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 水道水 トリハロメタン 塩素

10:57  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |