FC2ブログ

水分補給はのどが渇く前に!

2009.07.04 (Sat)

暑い日が続きますが、皆さんはきちんと水分補給を心がけて
いますか?
喉が渇いてからの水分補給では、知らず知らずの
うちに脱水症状になっている危険があります。

そこで今日は水分補給のコツについてお話します。

人間の体の80%は水分です。
この体内の水分が減少すると血液はドロドロになり血行が
悪くなってしまいます。

そうすると脳卒中や心筋こうそく、熱中症を引き起こす危険も高く
なってしまうのだそうですよ。

特に夏は、発汗などで体の水分が失われがちな季節です。
1日に失われる水分量は約2.5リットルといわれ、運動時
には3.5リットルもの水分を失うようです。

そのため、「喉が渇いたら飲む」という水分の取り方では
失った水分と同じだけの量を摂取することはなかなか難しい
のです。

水分摂取で大切なのは、タイミングと量です。

喉の渇きにかかわらず、意識的に水分をとるようにしましょ
う。そして1度にたくさん飲むのではなく、こまめに少量ずつ
摂取します。

ちょっと心がけてほしいこと。

①のどが渇く前に飲む

②こまめに少しずつ摂取する

③1日に1.5リットルは飲み物から水分を摂取する

年を重ねるとともに肝臓の働きは鈍くなり、より脱水症状を
起こしやすくなります。慢性の脱水症状にならないよう、正し
い水分補給で夏を乗り切るようにしましょう。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 脱水症状 水分補給 発汗

09:22  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |