FC2ブログ

扁桃炎で赤く腫れて・・

2009.05.25 (Mon)

扁桃炎でも悪寒と高熱が続きます。

そこで今日は急性扁桃炎についてお話しましょう。

急性扁桃炎はかぜをきっかけとして起こり、ふつうは悪寒と
高熱を伴います。
のどをみると扁桃腺が赤く腫れているだけでなく、扁桃腺の
表面に白いうみが付着していることがあるようです。

このような白いうみは細菌感染が原因で起こるため、扁桃腺は
抗生物質による治療が有効のようです。

急性扁桃炎は小児や青年に多く、高齢者では扁桃腺が萎縮
するためにほとんどないようです。

扁桃炎は高熱が出てもふつうは3,4日で解熱します。
しかし子どもの間で夏季に流行するプール熱では、
扁桃炎とともに結膜炎を伴い5,6日高熱が続くことが
あるそうです。

おとなの扁桃炎、特に20~30歳代の扁桃炎では、扁桃の周囲に
炎症が広がっていくことがあり、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍と
呼ばれます。

この場合、のどがふさがるように腫れていくため、のどの奥の
はれぼったい違和感や食べ物がのどを通りにくい感じがするようです。

ひどくなると呼吸困難や窒息を起こすことがあり注意が必要なようです。
抗生物質による治療が不可欠ですが、のどの閉塞感が強いときには
タイミングを逃すことなく、早いうちに耳鼻咽喉科を受診することが大切な
ようですよ。

扁桃腺が赤く腫れていませんか。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 扁桃炎 急性扁桃炎 細菌感染

16:38  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |