FC2ブログ

隠れ糖尿病て? 

2009.05.11 (Mon)

皆さんは、日本人の糖尿病患者が予備軍を含めると約2210万
人もいるのをご存知でしょうか?

40歳以上の5人に1人は糖尿
病であるともいわれ、今や国民病と考えられています。

今日はそんな糖尿病について少しお話をしたいと思います。

生活が豊かになるに従い増加している糖尿病ですが、最近では
そのなかでも特に「隠れ糖尿病」が注目されています。

通常、血糖値はインスリンというホルモンが血液中の糖を細胞に
送り込むことで正常に保たれています。しかし、インスリンが不
足してしまうと糖が細胞に入れず血液中にたまってしまいます。
これが一般的にいわれる「糖尿病」です。

一方、「隠れ糖尿病」や糖尿病予備軍の人は、健康な人に比べて
インスリンの分泌されるタイミングが遅いのが特徴です。血液中
に糖がたまり、ぞれを正常値に戻すのに時間がかかってしまうの
です。
そのため、空腹時の血糖値は正常なのに、食後の血糖値は
糖尿患者並みになります。これでは通常の健康診断では見抜けま
せん。

血液中に糖がたまると毛細血管がダメージを受けやすくなり、網
膜症や足などの神経障害、腎症を引き起こすきっかけとなります。

インスリンの分泌が低下する理由はさまざまで、肥満・加齢・心
身ストレス・運動不足など、日常生活に影響されている可能性が
高いといわれています。原因を特定するのは難しいですが、毎日
の暮らしのなかで予防していくことが大切です。

運動には血液中の糖を消費するだけでなく、インスリンが血糖値
を下げる仕組みそのものを改善する効果があります。日ごろから
無理のない運動を続けることで、心身のリフレッシュとともに体
の機能を回復させることができるのではないでしょうか。

皆さんも是非、簡単な運動から始めてみてくださいね。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 糖尿病 インスリン 血糖値

11:11  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |