FC2ブログ

じんましんがでた!

2009.04.27 (Mon)

じんましんてな~に?

からだのすみずみにまで存在する細い血管では、
ふつうでも常にいろいろな物質や水分のやりとりが
血管の内外で行われています。

じんましんは皮膚の浅いところの血管で、水分が血管の中から
外に洪水のように一方的に流れ出て、部分的に水たまり
-限局性浮腫-を生じたものだそうです。

血管からの水分の流出を起こすのは、いろいろな刺激に反応して
ヒスタミンという物質が放出される結果、血管の壁の変化が起こり
血管の透過性の亢進が起こるための考えられています。

おとなのじんましんの多くは原因がよく分からずに起こるようです。
食べ物が原因で起こるじんましんは大人では少なく、体調が悪い
ときや体質が何らかの原因で変わったときに起こりやすく、
また自律神経失調症として起こることもあるようです。

典型的なじんましんでは、蚊に刺されたときのような盛り上がった
発疹(膨疹)がまたたく間に大きく広がっていきま。.

かゆみが強く、かいた痕は赤い盛り上がったすじを作ります。
じんましんは数時間もたつと自然に消失していきますが、
一日のほぼ同じ時間になると再び出現してくるようです。

朝から出るじんましんもありますが、多くは夕方から出ることが多く、
入浴でからだが暖まった後や、飲酒後に出やすくなります。
したがってじんましんの出るときには長湯はさけてさっと入る程度にし、
飲酒はさけて食事はあっさりとしたものにした方が無難ですよ。

じんましんの出やすい時にとくにカニ、エビ、カイ類を食べると
急にかゆくなるときがあるので注意しましょう。

このタイプのじんましんは抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬がよく効き、
比較的治りやすいじんましんと言えるようです。

じんましんはバカにできませんよ



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : じんましん ヒスタミン 発疹

16:05  |  ふきでもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |