FC2ブログ

ちょっと心配な物忘れ

2009.04.18 (Sat)

若い人にはピントきませんが、中年以降には誰でも物忘れが多くなりるようです。

よく忘れるのは人の名前で、のど元まで出ているのに思い出せないと自分が
情けなくなってしまうことがよくあります。

うっかり約束を忘れたり、物の置き場所を思い出せなくなると、自分がぼけて
きたのではないかと心配になりますね。

しかし物忘れの多くは老化現象によるもので、知能など精神機能の低下する
痴ほうとは異なるようですよ。

物忘れの自覚があるのなら痴ほうの心配はほとんどありません。
痴ほうでは物忘れの自覚そのものがなくなるそうです。

最近、急に物忘れがひどくなってきたという場合には、慢性硬膜下血腫や
脳腫瘍などの脳外科疾患が心配になるようです。

高齢者では強く頭部を打った記憶がなくても軽い外傷程度で慢性硬膜下血腫を
生じることがあるそうです。

高齢者が物忘れだけでなく、急にぼけてきた時には頭部CTを撮影することを
忘れてはなりませんし、また薬剤を常用している時には、薬剤の影響を考える
必要があるようです。

睡眠薬や抗不安薬などを服用していると物忘れの原因になることもあるようです。

こうした原因の物忘れは適切な診断により回復が期待できるようですよ。


スポンサーサイト



タグ : 物忘れ 老化現象 精神機能

11:39  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |