FC2ブログ

立ちくらみの予防するには?

2009.04.16 (Thu)

昨日お約束したように、きょうは立ちくらみの予防について
お話いたします。

自律神経の働きを整えるための日常生活の一般的な
注意を上げてみましょう。

1)早寝・早起きの規則正しい生活リズムを作りましょう。
睡眠を十分に取りましょう。

2)寝ている状態から急に立ち上がらないように気をつけます。
とくに起床後の動作はゆっくりと行い、過労や急に姿勢を
変えることは避けましょう。

3)高齢者では夜中にトイレに立って用を足した後に、急にフーとして
倒れることがあります。
トイレは洋式が好ましく、ゆっくりと立ち上がるように気をつけましょう。
冬はトイレや風呂場を暖かくする注意も必要です。

4)早歩きや体操、水泳など軽い運動を毎日10~20分は続けましょう。

5)血液の循環を促すためには、朝の入浴や乾布摩擦も役に立ちます。

6)便秘や腹痛の原因となる食事はできるだけ避けましょう。
(排便で力んだり、腹痛が強くなるとフーとなることがあります)。

7)日昼はややきつめのストッキングや、腹巻きをするのも血管が
引き締まり役立ちます。

こうした方法でも良くならない時や立ちくらみが強い時には、
血圧を上げる作用のある薬を使い緩和することが出来るようです。

少し意識して生活してみましょう。






スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 立ちくらみの予防 自律神経

12:15  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |