FC2ブログ

声がかれることはありませんか?

2009.04.11 (Sat)

声がかれることを、年に何回か経験しますが
今日は、声がかれることについてお話しましょう。

声がかれる原因は大きく分けて炎症による場合と腫瘍による場合があるようです。
かぜなどで声帯がはれたり、充血するとV字形をした声帯が声を出す時に
ぴったりとあわなくなり声がかれてきます。
これはかぜが治れば自然によくなり、二週間以上声のかれが続くことはないうようです。 

しかし、かぜなどで声帯が炎症を起こしている時に、さらに大声を出すなど声帯を
酷使したり、タバコを吸い続けたり、アルコールを飲み過ぎたりしていると慢性的な
炎症となるそうです。

こうなると声帯は変形しやすくなり、声のかれは治らなくなります。
声をよく使う職業の人やアルコールが入ってカラオケで大声で歌を歌った時などに、
声帯の炎症から内出血を起こして一種の血まめができ、これが時間とともにしこりに
なったものが声帯ポリープです。

ポリープのように大きくなく、声帯に小さなたこができたものが声帯結節で、
声帯結節は声帯の振動する回数が多すぎると起こりやすいため、女性で声を
よく使うバスガイドや教師、保母、インストラクターなどに多くみられるようです。
これは職業病の一つで声帯の酷使とまちがった発声法が原因だそうです。

もっとも怖いのは喉頭ガンで、約80%は声帯にできる声門ガンです。
喉頭ガンは10:1の割合で男性に多く発症し、その男性のほとんどに喫煙歴がある
ことから喫煙と何らかの因果関係があると考えられているそうです。
慢性炎症や声帯結節では二週間以上も声がれが続きますが、中高年者で
二週間以上声のかれが続く時には、まずガンかどうか調べる必要があるようですよ。

声がかれるのは、それなりの原因があるようです。
お互い注意したいものですね。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 声がれ 声帯 喉頭ガン

12:05  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |