FC2ブログ

頻尿て、どうゆうことでしょう

2009.04.03 (Fri)

最近なんだかおしっこが近くなったような気がする
私にも重要なテーマである頻尿について、お話します。

膀胱の容量はふつう200~300ccのようです。
約150ccたまると軽い尿意を、250ccたまると強い尿意を感じるようになりるようです。
平均的な尿回数は、昼間は4~5回、夜間は0~2回前後のようです。
一日平均1,000~2,000ccの尿量がありますが、水を多量に飲めばそれほど
尿の量も回数も増えてきます。

さらに老人になれば、腎臓の尿を濃くする力(尿濃縮力)が低下するので尿の
回数は多くなりがちで、とくに夜間に尿に行く回数が増えてくるそうです。
夜間に1~2回小便に起きるのは異常とは言えないようです。

いろいろな原因で尿の回数が増えてきた状態を頻尿といいますが、昼間に
8回以上、夜間睡眠時に3回以上、合計で一日8~10回以上トイレに
行く時は頻尿といえるでしょう。

頻尿の起こる原因としては膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器に病気が
存在して起こるものと、とくに原因がなく起こる頻尿とに区別できるそうです。

たとえば膀胱炎や前立腺炎では排尿時の痛みや不快感、残尿感を伴うように
なりますし、また膀胱炎や尿道炎では尿の検査で赤血球や白血球、細菌など
が認められるようです。
前立腺炎(細菌性)では前立腺をマッサージすると白血球が混入するようになり、
このように尿の性質の変化から診断できるものは、診断も比較的容易です。

尿の回数だけでなく、1回の尿量も異常に増えている場合は多尿と呼ばれ、
尿崩症や糖尿病、慢性腎不全などが疑われるそうです。
中・高年の男性で尿が出るまでに時間がかかったり、尿が出てもチョロチョロとしか
出てこない時には前立腺肥大症が考えられるようです。
前立腺肥大症では夜間に何回も小便に行きたくなるそうで、最も多いのは尿の
回数は増えているものの、他の自覚症状はなく、尿量も何回もトイレに行くために
ほとんど出ないか、出てもごく少量の場合でのようです。

この場合、膀胱内の腫瘍などにより膀胱容量が減少してくる可能性や、
子宮筋腫や卵巣腫瘍など膀胱周囲の臓器の異常により膀胱が圧迫された
可能性を考える必要があるそうです。

頻尿については少し気をつけたいことですね


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 頻尿 膀胱 膀胱炎

12:37  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |