FC2ブログ

舌が痛いのはなぜ?

2009.03.11 (Wed)

何も覚えがないのに、舌が痛くなることがありませんか。
今日は、そんな舌の痛みについてお話しましょう。

舌の先や縁がピリピリ、ヒリヒリと痛み、なかなか治らなくて悩んでいる方が
少なからずおいでになります。
このような訴えは中年以降の女性に多く、舌痛症と呼ばれています。

舌には外見上は異常は認められないことが多いのですが、
舌の先をなめたりこすったりするために、実際には赤くただれている
ようにみえることもあります。
病院を受診して検査を受けても心配ないからと説明されることが多いようです。

舌痛症の原因は明らかではありません。
歯の治療に用いた金属アレルギーや入れ歯などの刺激が原因になっている
こともあれば、亜鉛欠乏のために味覚障害とともに起こることもあります。

更年期の女性に多いことから、女性ホルモンの影響や自律神経の
バランスのくずれが原因と推測される場合もあります。

痛みが強い上原因がはっきりしないため、
大きな病気が隠されているのではないかという不安感が強くなり、
病院を変え何度も受診される方も多いようです。

舌の痛みがきっかけになって、自分の舌に過度に意識が集中している
ようすがみられ、心因的なものも誘因となっていると思われることが多くあります。

実際、抗不安薬や自律神経調整薬、さらにはある種の抗うつ薬が効果的な
例がしばしばあるようですよ。

ご自分の舌も時々気をつけて観察してみましょう。




スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 舌の痛み 舌痛症 赤くただれる

12:14  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |