FC2ブログ

肥満という響きがイヤ!

2009.02.04 (Wed)

太りすぎより肥満と言われると、なにか悪い状態
のように感じるのは私だけでしょうか?

肥満は 糖尿病・高血圧・高脂血症などを代表とするさまざまな
病気を招く「万病のもと」だそうですよ。
食生活の欧米化や、不規則な生活、生活の便利化などによって、
肥満や生活習慣病に悩む人が増えてきています。

肥満の診断方法はいくつかあるようです。
一つがBMIとよばれるもので、「BMI=体重(kg)÷身長(m)2乗」で
数値を算出し、25以上の場合が残念ながら肥満となります。

また、体重が標準範囲でも、体脂肪量が成人男性で25%以上、
女性で30%以上の場合は肥満とみなされます。

さらに、ウエスト周囲長による判定では、男性85cm以上、
女性90cm以上が肥満と判定されます。

肥満改善のためには、
「摂取エネルギー量を減らす(減食)」「消費エネルギー量を増やす(運動)」
ことが必要です。

まずは標準体重と一日の必要摂取カロリー量を計算し、それ以上
食べ過ぎないようにしましょう。

◎一日に必要な摂取カロリー={標準体重=身長(m)x身長(m)x22}×25~30

この数値は目安で、性別や、年代、日常の運動量によっても変動してきます。
また、年齢とともに基礎代謝量は減ってくるので気をつけましょう。

食事面では、脂肪を燃やす手助けをする「ビタミン・ミネラル」や、
糖質や脂質の吸収を抑え、低エネルギーで満腹感も得られる「食物繊維」を
摂るようにしましょう。

また肉類など高脂肪ものは、食べる回数を減らしましょう。

朝・昼・晩の決まった時間に食事を摂り、就寝前の食事や間食を
避けることも大切です。

日頃から階段を積極的に使うというように、体を動かす習慣を身につけていき、
消費カロリーを増やすことを心がけましょう。

さあ、今日から運動しましょう。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 肥満 摂取エネルギー 消費エネルギー

09:40  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |