FC2ブログ

股関節痛について

2009.01.16 (Fri)

私たちは、誰でも年齢とともに弱ってくるのが、足腰です。
体全体の不調、肥満を招いたりする原因にもなりかねません。
その原因が、股関節のねじれやゆがみの放置にある事は少なくありません。

そこで今日は、股関節痛についてお話しましょう。

事実、股関節を始めとし、身体はねじれながら歪んでいるのです。

股関節はだれでも知っている関節のひとつですが、その役割について
理解している人は、意外と少ないのが現実です。 
股関節が歪んでいると、体全体の不調を引き起こしたり、肥満を招いたり
することもあるといわれています。

また、足が引っかかる、もつれる、転びやすい、などの現象はおおもとの
股関節に歪みがあると足くびにもねじれが生じやすいために起こってきます。

下半身の様々な不調など、それは、股関節のねじれからくる歪みの
せいかも知れないのです。

股関節のゆがみをおこす原因は、何気なくしている普段の動作の
中にあります。

1 内股歩きのように、膝頭を内側に向ける動作
2 膝の後ろを突っ張らせて立つ習慣
3 成長期の過度な運動や、ハイヒールの常用
4 ねじった関節に体重をかけるような座り方
5 片足立ち、猫背等のようなバランスの悪い姿勢

横座りやぺちゃんこ座り、片足に体重を乗せて立っていたり、内股歩き
などが習慣になっている人がO脚になってしまい股関節のゆがみを
おこす原因となる事が多いです。

これらの動作が徐々に股関節にねじれやひずみを生んでしまい、
身体自体は曲がっていないのに、正面から見ると脚がOの形に
開いてしまうO脚になってしまうのです。
これら股関節のゆがみやねじれを改善させていくことが大変重要です。

股関節痛の危険度チェックをしてみましょう。

1、横座りをよくする人
2、ぺちゃんこ座りをよくする人
3、足をよく組む人
4、歩行時、足の出しやすさが左右で違う人

上記の人は、意識して生活行動を改善する必要があります。

1、あぐらは痛くて組めない人
2、長時間歩いた後、足のつけ根や、腰が痛くなる人
3、足のつけ根(股関節)が痛い人
4、足裏を合わせた状態座ると、ヒザの高さが違う人
5、上向きで寝た場合、足の開きが左右で違う人
  あるいは、極端に外側や内側を向いている人
6、股関節脱臼をしたことがある人
7、股関節だけでなく、腰も痛い人
8、股関節の痛みがだんだんひどくなっている人
9、股関節の痛みがひどくて歩けない人

上記の人は、股関節の歪みが起こっている人です。

この股関節は、体重を支える重要な関節のひとつなので、
丈夫なじん帯や筋肉によってしっかりと固定されています。
股関節は、立つ、歩くという動きに絶対的にかかわってきます。

股関節は骨盤にはまっている関節であり、また、股関節をしっかりと
支えるため、腰の骨や骨盤部分と筋肉をかいしてつながっているので、
股関節と腰や骨盤は、影響を与えたり、受けたりする間柄なんです。

また、腰痛や足のしびれにも関係する筋肉などもあるので、
その分影響も大きいんですよ。

歩き方や座り方など、生活習慣の悪いクセなどにより、股関節の
動きが悪くなます。

そうなると、股関節部分の痛みだけにとどまらず、骨盤、腰などにまで
影響が出てきたりすることとなりますが、股関節痛は、骨盤や股関節の
ゆがみを整えることにより、痛みが軽減する場合が多いようです。

この原因の骨盤の歪みにより、片側の股関節に偏圧(偏った体重の
掛かり方)が掛かり、股関節に故障が起きるものです。

股関節の故障は以外に多い傾向にあり、自覚痛が無い人でも
この故障により他の部位の故障の原因になっている事も多いようです。

代表的なものは腰痛や膝痛の原因になっている事や、意外なところでは
顎関節症の原因になっている事も少なくなく、この場合、股関節を治さ
なければ顎関節が治らない傾向にあります。

骨盤の歪みの原因になっているものは?

スポーツでも特にスキーが原因のもの、幼児の時に(オシメによるもの)
故障を起こし(今は少ない傾向にある)それが後遺症になっているもの。
この場合幼児の股関節脱臼は別に扱われる。

また、男性はケガが原因になってる事が多いが、女性の場合には、
出産が大きく影響している場合がございます。 

骨盤の歪みは男性よりも女性に多いのです。
女性は出産時に、仙腸関節が自動的に動くと言われている。
これが出産後うまく元に戻らないと言う事があるようです。

これにより、骨盤の歪みとなり、一方の股関節に『異常傾斜圧』がかかり、
関節に歪みが生じる事になります。

これが膝関節にまで影響を与える事になります。
従って、膝関節症は圧倒的に女性に多く見られるようです。
男性で膝が痛いのはケガの場合が多く、ご本人にも思い当たる事があるようです。
股関節が痛いと言われる人は非常に少ない傾向にあります。

これは推測ですが、股関節の部位には痛みを感じる知覚神経が他の
部位よりも少ないのではないかと、言う事が理由ではないかと思われます。

出産後の骨盤の矯正について

前述の様に骨盤の歪みが、出産後に顕著に表れる場合が多いようです。
その人により膝が痛い、恥骨部に痛みがあると自覚される人がおりますが、
この場合は明らかな骨盤の歪みがありますので、出産後の矯正を行う事を
お勧め致します。
いずれに致しましても「膝関節症」や「股関節症」は明らかに女性に
圧倒的に多くある事です。
女性の方は注意が必要でしょう。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 股関節 股関節痛 股関節の歪みが

10:27  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |