FC2ブログ

風邪やインフルエンザに注意!

2008.12.03 (Wed)

風邪は、まだまだ私の体に居座るつもりのようです。

鼻がつまり、せきが続く中で、身体にいい話を書くとしますか、

冬の訪れとともに、寒さも厳しくなってきました。
それにともなって風邪やインフルエンザが流行する時期も近づいています。
そこで今回は風邪とインフルエンザ、それぞれの特徴と対処法について
ご紹介します。

まずは一般的な風邪についてお話します。

かぜの原因となるウイルスは200種類以上あるといわれ、鼻をぐずつかせるもの、
喉を腫れさせるものなど症状は様々です。
そのなかでも、鼻かぜを起こすライノウイルスや喉を腫らすアデノウイルスが病原体の
代表格といわれています。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、のどの痛みなどの局所症状があるのは、
皆さんご存知の通りですね。
症状は比較的軽く、普通は3日以内、長くても1週間程度で治ります。
熱はないか、出ても37~38度ほどです。

対処法としては、安静にして体力を温存すること。
からだがきつくなければ、無理に布団の中で横になる必要はありませんが、部屋は
温度を20~25度くらいにして加湿器などで保湿するのがお勧めです。
私も現在やっていますが・・

十分な水分と、たんぱく質やビタミンC、ビタミンB群の豊富な食事をしっかりとるのも
早く治すコツですね。

つぎにインフルエンザについてです。

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスを病原体とする「かぜ症候群」のことです。

このウイルスはその性質により、A型、B型、C型の3タイプに分けられますが、
大規模な流行を起こすのは、感染力の強いA型とB型です。
普通のかぜウイルスと違い、空気中にただよって長時間生存することができる
ので、ウイルスがいる空気を吸い込むだけでも感染してしまいます。

症状としては発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、怠感などの全身症状がいきなり
現れるのが特徴です。

多くの場合、激しいせきをともなって鼻水は後から続きます。
症状は重く、感染から1~2日の潜伏期間をおいて、3日目頃から急激に悪化します。
熱は40度前後に及ぶことも多く、流行中に高熱が出たらインフルエンザとみて間違い
ないと考えましょう。

対処法については風邪とは大きく違い市販薬では手に負えないといえます。
悪化すると肺炎になる恐れもあるので、 かかったと思ったらすぐに医師の診察を
受けましょう。
医師が処方する薬には、ウイルスに直接効くものもあるので薬を早期にのみ始めれば、
症状が出ている期間を短くし、重症化を防ぐことができます。

風邪やインフルエンザにかかりやすい人と、かかりにくい人とを分けるカギは免疫力です。
肺や心臓に病気がある人、糖尿病、腎不全などの慢性代謝性疾患をわずらっている人、
さらには強い精神的ストレスを抱えている人は免疫が弱いため、風邪やインフルエンザに
かかりやすいといわれています。
忙しい人ほど十分な睡眠を心がけ、日頃から免疫力を高めましょう。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 風邪 インフルエンザ 特徴 対処法

11:45  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |