FC2ブログ

うっかりミスはなぜ

2008.11.12 (Wed)

日に日に寒くなって、ついに風邪気味。
ここでしっかり踏ん張らないと、長引く風邪をひくことに・・
しかし、このブログを書いていても頭が痛い、もうひいたか?

さて今日は、「うっかりミス」をなぜしちゃうんだろう・・です 

掃除機をかけていて柱にぶつかった!
考えごとをしながらコーヒーを注いだら溢れてしまった!
皆さんも、そんなうっかりミスを経験したことがあるのではないでしょうか?
私自身もよくやってしまいますが、あまり気にしたことはありませんでした。
しかし実は、この「うっかりミス」が原因で起こる家庭内の事故で,、
亡くなる人が毎年1万人もいるといわれています。

私たちが考えている以上に、
事故につながるケースが多いんですね。
そもそも「うっかりミス」とはなぜ起ってしまうのでしょうか?
私たちは普段、
周囲の危険に対して「注意のサーチライト」を当てています。
ところが注意力には限度があるため、
すべての範囲に強力なサーチライトを当てることは、
できません(´ヘ`;)

そこで普段は弱いサーチライトを広い範囲に当てて、
危険を察知したときには範囲を絞って一点に集中するなど、
切り替えながら生活しているのです。

しかし注意力が一点に集中されている状態では、
その部分の変化や間違いには気づいても、広い範囲の変化や
間違いには気づきません。

これが「うっかりミス」のメカニズムです。
一点に集中しているときには、
周囲の状況が見えにくくなってしまうんですね。
「うっかりミス」を防ぐためには「注意力」の一点集中と広範囲の
切り替えをトレーニングすることが効果的です。

緊張とリラックスをスムーズに切り替える練習をすることで、
日常生活のなかでの注意力を上手に使えるようになるといわれています。
一番簡単なトレーニングとしては、・顔全体にギュッと力を入れ
10秒たったら、パッと力を抜きリラックスした状態を味わう。

肩をすくめ、首、肩に力を入れ10秒たったら、
パッと力を抜きリラックスした状態を味わう。
このようなストレッチを1日に何度か行うだけでもいいそうですよ。
全ての「うっかりミス」をなくすことは難しいですが、
簡単なトレーニングを通して日常生活での注意力を
少しでも鍛えていきたいものですよね(*´∀`)



スポンサーサイト



テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル : 心と身体

タグ : ミス メカニズム

13:37  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |