FC2ブログ

脳を鍛えよう

2008.11.10 (Mon)

いや~ぁ、寒くなってきましたね。
我が家では、ファンヒーターがいよいよ定位置で
フル稼働の状態です。

今日は、脳をいつまでも、若々しく保つお話ですよ。

脳は年をとれば衰えるから、
認知症(痴呆症)になるのは仕方ないと、
お考えの人も多いのではないでしょうか?

たしかに年をとると脳にある前頭前野が衰えて判断力がにぶったり、記憶力が低下したりします。
でもこの前頭前野、実はいくつになっても使えば使うほど働きが良くなるという潜在能力を持っているのです(´∀`∩

前頭前野は脳の中で「判断」「計画」「割りふり」という重要な
機能を担っています。
例えば買い物に出かけたとして「今日はこれとこれを買おう」と
考えるのが「判断です」。
「軽いものから先に買おう」と順序を決めるのが「計画」。

そしてその計画にそって効率よく買い物するのが「割りふり」です。

前頭前野が衰えると、これらの作業が上手にできなくなってしまいます。
しかし、逆にこれらをシッカリ行っていれば認知症を防げるらしいのです。

前頭前野を活発に働かせるには、
楽な作業ではなく少し難しいことに挑戦することが大切です。

例えば野菜の皮は、皮むき器よりも包丁でむいたほうが手間がかかります。
いつも同じ人とばかり話しをするよりも、新しい場所に赴き新しい人とのコミュニケーションを楽しむことも効果があります。

車の洗車も機械に任せるより自分の手で行うほうが何倍も大変ですが、そのぶん刺激になるといわれています。

また、楽器などを使って趣味として曲を演奏するのもお勧めです。
同じ曲を何度も奏でるのではなく、新しい曲にチャレンジしていくことで前頭前野がより刺激されるんですね。

いろいろな道具や機械が生み出されて、私たちの生活はどんどん便利になっています。

そんな中で、楽をすればするほど脳は衰えるといわれています。
たまには便利から離れてみるのも、
大事なことなのかもしれませんね。


スポンサーサイト



テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

タグ :

15:59  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |