FC2ブログ

山道を楽に歩く

2008.10.25 (Sat)

昨日の雨がうそのように、うす曇りの土曜日です。
仕事の合い間にこのブログをかいているわけですが・・
少し寒気を感じています。
いよいよ風邪をひいたかな?

秋の楽しみ紅葉の季節、さまざまな自然が秋の景色を見せてくれそうです。
こんなときに頭をよぎるのが「山登り」です。

ゆったりと自然と触れ合うことができ、健康にも良いとされている山歩きは雑誌などでも特集をくまれるほど人気ですよね。

でも、山歩きは苦しいばかりで2度と登りたくない!
なんていう私のような人もなかにはいらっしゃるんではないでしょうか?

そんな方のために今回は山歩きを楽しむためのちょっとしたコツをご紹介しようと思います(´∀`∩
山歩きの初心者によく見られるのが、勢い込んで早足になってしまうことですが、実はこれは山歩きでは注意しなければいけないところです。

山道は平地ではないので歩くと心拍数が急激に上がってすぐ疲れてしまいます。
ですから登り始めはとくにゆっくりと歩くことが大切です。

また、ゆるい斜面であっても野山は起伏に富んでいるため自分のペースが崩されやすく、筋肉に余計な負担がかかってしまいます。
山道を歩く場合は、歩幅はなるべく小さく、ベタ足で歩くことが足の負担を軽減するコツなんだそうです。
その他にも杖を使って足にかかる負担を軽くしたり、山歩きをするときは布製の軽い靴を履くようにしり、ちょっとした対策で疲労の度合いは大きく変わってくるそうです。

昔の苦しさからついつい敬遠しがちな山歩きですが、秋の素晴らしい景色を特等席で見るためにも、
もう1度チャレンジしてみるには良い機会なのかもしれません。

もし同じように苦しくても、当時とは違った楽しみを発見できそうな気がしませんか?
秋を探しに山歩きなんていうのも、趣があっていいかもしれません。



スポンサーサイト



テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

タグ : 山歩き 足の負担

16:17  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |