FC2ブログ

免疫力をもっと、もっと強く

2008.10.08 (Wed)

今日は、窓の外は雨、少しずつ冬の足音が聞こえてくるようです。

仕事の合間に、ブログ、ブログの脅迫観念にかられてパソコンと
格闘を始めているおやじです。

さて、今日の身体にいい話は、『免疫力」

21世紀、目に見えない、人類最大の健康の敵が猛威を振るい始めました。
2003年21世紀最初の最も危険な感染症に指定された、SARS。2004年食の安全を揺るがし人類の命をも脅かす鳥インフルエンザ。さらに得体の知れぬ感染の恐怖をまき散らすBSE。これらの現状を遠い世界の話だと、思っていましたが、しかし、現実に街からあの牛丼が、消えてしまいました。

そして、これら全ての原因は人類最大の健康の敵、ウイルスをはじめとする病原体です。
様々に進化を遂げ、人類未体験の病原体が我々を襲っているのです。しかし、元々健康な人間は自らの体内に、病原体と戦う力を備えているそれが、免疫力です。

免疫力とはなんでしょう?

身体の中で働く健康の防御システムの事。このシステムが、ウイルスなどの外敵から身を守っています。
免疫力のおかげで、我々は、ウイルスなどの存在する環境でも生きてゆく事が出来ます。
しかし、感染症にたいする免疫力に関しては、低下してきていると考えられます。
今後もこの傾向は進んで行くと考えらているのです。

その免疫力の低下が、いま、さらに加速しています。
しかし、ひとつの疑問が、例えばSARSを取り上げても、同じ環境で、罹った人と罹らなかった人がいる。
そして、このような違いは我々の日常の健康にも存在します。
旅先などで、体調を崩しやすく、すぐに風邪をひいてしまう人と、全く平気で健康な人がいます。
同じものを食べ、食あたりを起こしても、いつまでも腹痛が治らない人逆に、すぐ治る健康な人がいます。

病気にまつわるこのような健康の個人差は、一体、どこから生じるのでしょう。
実は病気に強い弱いの個人差は、免疫力の強さに比例つまり、自分の免疫力を把握しておかなければ病気と戦えないのです。

皆さんも、少し免疫力に関心を持ちましょう。

明日も免疫についての話を書いていく予定です。
スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 免疫力 感染症 ウイルス

10:13  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |