FC2ブログ

ストレスが体調不良を!

2008.10.07 (Tue)

このところ、アメリカ発の不況がヨーロッパそしてアジアに広がり
日本も株価が一万円われもささやかれ、大変な経済状況に・・・
最近は、本当に明るい話題が少ないようです。

こんな中、あなたはストレスを感じていますか?

人間関係や仕事などの精神的ストレスは、自律神経を乱し体調不良をおこさせるようです。

自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きをコントロールしている神経のことです。
交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスをとって内臓の働きを調節しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあります。
ここにはホルモン、免疫機能のコントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。
そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

自律神経のバランスが崩れると、さまざまな症状が全身にあらわれます。肩凝りや頭痛、疲労感、めまい、不眠、冷え、下痢や便秘、食欲不振や生理不順などいわゆる不定愁訴といわれるもので、一度に複数の症状が出たり、日によって症状が違ったりするのが特徴のようです。
検査をしても異常がみつからないので、本人は原因がわからずに不安がつのり、ますます調子が悪くなるという悪循環にもなることも多いようです。

自律神経のバランスが崩れる原因は

精神的ストレス人間関係や仕事などの精神的ストレスは、自律神経を乱す大きな原因となります。
自分の気持ちを抑えたり、完璧主義の人、くよくよするタイプなどは、バランスを崩しやすいといえます。

身体的ストレス
急激な温度変化や不規則な生活、急激な仕事の環境変化、激しい運動などの外的な刺激。

体の内部変化
更年期は、女性ホルモンの減少で自律神経失調になりやすくなります。また感染症なども原因のひとつです。

自律神経失調症は、一種の生活習慣病なので、以下のような点に気をつけましょう。

ストレスに強くなる
心身をリラックスさせ、ストレスに強くなりましょう。自分自身に暗示をかけてリラックスさせる自律訓練法で、心身をコントロールする術を身に付けるのも効果大。アロマテラピーを試してみるのもいいかもしれません。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ストレス 自律神経 体調不良

09:03  |  ストレス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |