FC2ブログ

風邪をひいたようです

2008.10.06 (Mon)

このところの、朝夕の冷え込みに、ついに風邪をひいてしまったようです。

重い頭と、軽い意識の中で、
今日はかぜについて書いてみますね。

食べたばかりなのに又食べたくなってしまう、いつもと違う空腹感の経験はありませんか?
このような症状は、風邪の初期によく経験することです。
そんな時どんどん食べ続けると内臓が疲れます。

尿や便の排泄が悪くなり、身体が重いと感じた頃咽が痛んだりして風邪だったことに気づきます。

健康な人の場合、風邪のウイルスなど、病原体が体内に侵入すると、数時間で食細胞が病原体を発見し、捕食の活動を始めます。健康で抵抗力がある人はこの辺で風邪が軽くなり、一段落してしまいます。

しかし、体力低下や疲労などで抵抗力が落ちている人や、病原体の勢いが強すぎる時などは、食細胞の活動では間に合わないほど病原体が増殖します。
この増殖した病原体を処理するにはT細胞の働きが必要で、T細胞は病原体を破壊したり、食細胞に刺激を与え働きを高めたり、抗体を作るB細胞を活性化させたりし、病原体を破壊します。

このようにして風邪は回復に向かいますが、増殖する病原体を処理するT細胞が活動し出すのは感染後4日位からなので、風邪が早目に治らない場合、T細胞が本格的に活動を始め、病原体を破壊するまでの数日間は増殖する病原体に苦しむことになります。

うがいの励行、身体の保温、食べ過ぎの注意、早寝など、普段から健康管理にいそしみ、風邪を引いたら早目に医師を訪れ、適切な治療を受けることが大切なようですよ。

皆さまも気をつけてくださいね。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 風邪 ウイルス 病原体

12:28  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |