FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポーツ上達のカギは「かけ声」!

2018.09.18 (Tue)

突然ですが皆さんは、スポーツの試合やテレビ中継で
選手のかけ声を耳にしたことはありますか?

例えばテニスプレーヤーがボールを打ち返すときに
「ッアァ!!」と叫んだり、砲丸投げの選手が投げる
瞬間に「ンガー!!」と雄たけびをしたりしています。

一見すると、単なるパフォーマンスのようにも見える
この行動が、実は脳の働きと密接に関わっていたのです。
そこで今回は、声や音が脳に与える刺激について少し
お話したいと思います。

わたしたちは、体を動かすとき脳のさまざまな部分を
働かせています。そのとき司令塔となるのが大脳です。
体を動かすとき、大脳は体のどこをどのように動かす
のか計画し、筋肉に指令を出すという複雑で高度な仕
事を担っています。

しかしスポーツにおいて、この大脳が上達の大きな
ブレーキになってしまう場合があります。

それは、
「あの人には負けたくない」
「失敗したらどうしよう」
というような意識・・・いわば“邪念”です。

この“邪念”が大脳の運動指令に混じってしまうことが
力みや姿勢のズレなどにつながり、本来持っている
運動能力を十分に発揮できなくなると考えられます。

余計なことを考えれば考えるほど、本来の力は発揮
できなくなってしまうのです。

では、スポーツ選手のようにかけ声を出すと
どうなるのでしょうか。

声を出しながら運動をしたときの大脳の活動をみて
みると、声を発したとき、著しく変化がみられる部分が
2つあります。

1つは大脳の中の前頭前野という、ものを考える中心
となる部分です。声を出すことで、この部分の活動が
著しく低下していたのです。前頭前野の活動が低下
することで“邪念”がふきとび、その人がもともと持って
いる能力がフルに発揮されやすくなります。

そして2つめは、意識をつかさどる大脳に対し、無意識
を担う部分である小脳が活発に働いたことです。この小
脳こそが運動上達のカギを握っています。

そもそも、上達するとは…運動を自動化(無意識化)する
ことです。繰り返し練習すると、最初は大脳で考えながら
行っていた運動が小脳中心の活動に移り、考えなくても
無心に体を動かせるようになる。この変化こそが上達だ
と考えられています。

そのため小脳をより活発に働かせることは、スポーツを
上達させるうえで、とても大切なことなのです。

目から得た視覚情報は、必ず大脳を経由して処理され
ますが、耳から得た聴覚情報には小脳に直結して処理
されるルートがあります。

そのため声や音のリズムを耳から入れることで、その音
のリズムにあわせて無意識に体を動かすことができると
考えられています。

オリンピックなどでの大舞台で、スポーツ選手が声を
出しているのは、単なるパフォーマンスではなく脳科学
に基づいたものだったのです。

日常生活においても、固いビンのふたを開けるとき・・・。
「グウウウウゥ」と発声するだけで握力が平均3Kgアップ
するといわれています。

皆さんもぜひ、さまざまな場面で声を出してみてください。
意外な発見があって面白いかもしれませんね。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:15  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

老前整理

2018.06.22 (Fri)

皆さんは「老前整理」という言葉を聞いた
ことがありますか?

老前整理とは、自分が老いる前の、気力・体力が充実して
いるうちに身辺を見直して、いらないモノを整理しようと
いう考え方です。一方で、「生前整理」という言葉もあり
ますが、これは相続問題も含めた身辺整理のことであり、
元気があるうちに、今一度暮らしを見つめ直そうという老
前整理は、それとは異なる考え方です。

長年にわたってため込んできたものを片づけ・整理して、
快適で軽やかな老後を迎えるために、近年では老前整理を
する人が増えているといわれています。

そこで今回は「老前整理」を成功させるためのコツについ
て少しお話をしたいと思います。

そもそも老前整理といっても、何から手をつければいいのか
分からない人も多いのではないでしょうか。いざ始めるとな
ると、つい気合が入ってしまい、頑張りすぎてしまうケース
も多いようですが無理は禁物です。若いころとは体力が違い
ます。根を詰めすぎて足腰を痛めたり、寝込んでしまうこと
のないように注意しましょう。

何十年にもわたってため込んだモノを一朝一夕には片づけら
れません。割り切って少しずつ進めていきましょう。たんす
の引出し1つから、押し入れの一角から…と場所を決めてもい
いですし、「1日15分まで」と時間を決めてもいいです。一度
に沢山ではなく、少しずつ片づけていきましょう。

そして、実際に始めてみたものの、どれもこれも処分できず
に老前整理が進まないというときは「“使える”と“使う”
は違う」ということを肝に銘じてください。

例えば、押し入れに10年前に買った扇風機があるとします。
壊れていないので「使える」ものです。しかし、夏はエア
コンを使っていたので今年は1度も押し入れから出しません
でした。去年もです。ということは、これは「使える」けれ
ど「使わない」ものです。老前整理の対象になると考えまし
ょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 健康

16:38  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

けん玉・お手玉・折り紙に隠された力

2016.12.02 (Fri)

タグ : 健康

10:01  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「場所」が記憶を思い出すカギ

2016.11.29 (Tue)

突然ですが皆さんは年をとってから「もの忘れがひどく
なった」「ど忘れが増えた」と感じたことはありません
か?そこで今回は脳が若返る記憶術について少しお話を
したいと思います。

じつは記憶力には「覚える力」と「思いだす力」があり、
このうち「覚える力」は年をとってもそれほど衰えません。
低下してしまうのは「思いだす力」のほうです。

この「思いだす力」を高めるには、記憶したいことを
“場所”と結びつけて覚えることが大切になります。
たとえば頭の中に、自分の部屋やよく歩く道筋などを思い
浮かべ、覚えたいものをその場所にある家具や建物などに
、ひとつひとつ置いて覚えていくのです。

【例】
覚えるもの:桃、枕、洗剤、焼き魚

よく通る道筋に、覚えるものをイメージして置いて行きます。
家の隣の街灯の上に桃があり、ポストの横には枕、川に洗剤
がまかれて、コンビニでは焼き魚を焼いていた。こんな具合
です。

自宅から駅までの道中や、自分の部屋、会社のオフィスなど、
よく知っている場所をイメージして覚えたいものを置くこと
がポイントです。このときに活躍するのが脳の中にある「場
所細胞」です。この細胞はその名のとおり、場所の記憶に特
化した細胞で自分が行った場所を次々と覚えていきます。

この機能は、生物がエサを探したり、巣に帰るために重要で
あるため、場所を思い浮かべると覚えたものを自然に思いだ
せると考えられています。この場所細胞は、使えば使うほど
新しい機能が増えるため、脳の若返りに効果があるとされて
います。

世界や日本の記憶力選手権で好成績を残している記憶の達人
たちも、この記憶術を採用しています。皆さんもぜひ一度、
試してみてくださいね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:59  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

くも膜下出血は10人中3人は即死

2011.01.12 (Wed)

団塊の世代も今や50歳代半ばだが、気を付けたいのが
くも膜下出血。50-60歳代に多く、発症すると10人中
3人は即死するそうです。
特に、高血圧や、家族にくも膜下出血の既往歴がある人
は起こしやすいようです。

脳は外側から硬膜、くも膜、軟膜の3層の膜に覆われて
いるが、くも膜下出血は、くも膜と軟膜の間を流れている
動脈にできたこぶ(動脈瘤)が突然、破裂する病気です。

突然、経験したことのないような頭痛に襲われます。
経験者は、後ろからバットで殴られたような痛み、あるいは
頭の中で花火が上がったような痛みと表現しています。

突然、後頭部に経験したことのない激しい痛みを感じた
ときは、迷わず救急車を呼んで脳神経外科を受診すべ
だそうです。

脳卒中の中でも、くも膜下出血は生命にかかわる危険性
が最も高く、突然死の原因の一つになっているようです。

診断は、コンピューター断層撮影装置(CT)による検査で
85-90%は付きますが、分からない場合は髄液の検査を
行います。
出血が認められれば、脚の付け根からカテーテルを出血
部分まで送り込み、レントゲン撮影で動脈瘤の有無や
大きさを確認するようです。

治療は、動脈瘤のある部分の頭がい骨を切開して、
クリップで動脈瘤の根元を挟むクリッピングという手術が
主流ですが、最近は動脈瘤塞栓術が注目されている
ようです。

動脈瘤塞栓術は、脚の付け根から入れたカテーテルを通して、
動脈瘤内に白金のコイルを送り込んでこぶを固める治療法で、
診断と同時にできるそうです。

動脈瘤塞栓術は、手術に比べて患者への負担が少なく、
入院も1日で済むそうで、健康保険は適用されるが、新しい
治療法なのでまだ専門医は少ないそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : くも膜下出血 頭痛

15:49  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT