07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

すい臓がんについて

2017.06.21 (Wed)

近年、がんに罹る方が増えています。日本において
昭和56年より死因の第1位となったこの病気は、現
在では年間36万人以上の人の命を奪っています。日
本人にとって、がんは「国民病」といえるでしょう。

国民の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が
がんで亡くなるとされていますが、そのなかでも
特に危険だといわれているのが「すい臓がん」です。

自覚症状が乏しいため早期発見がきわめて難しく、
進行が早い、そして肝臓などほかの臓器にも転移
しやすいという特徴があります。

すい臓は、胃の後ろにあり、長さ20cmほどの細長い
臓器です。すい臓は2つの役割を果たしています。
食物の消化を助けるすい液の産生(外分泌)と、イ
ンスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホ
ルモンの産生(内分泌)です。すい液は膵管(すい
かん)によって運ばれて主膵管(しゅすいかん)と
いう1本の管に集まり、十二指腸乳頭(じゅうにし
ちょうにゅうとう)へ流れます。

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞
にできます。これを膵管がんといい、すい臓がんは、
通常この膵管がんのことを指します。すい臓は洋ナシ
を横にしたような形をしていますが、膵管はこの細
長いすい臓を貫いて網の目のように走る細い管です。
手術するときは、がんのある位置や広がりによって、
これらのどこを切除するかが決められます。

すい臓がんは自覚症状がまったくない場合が多く、
自覚症状があったとしてもすい臓がんだと気づきに
くいという特徴があります。すい臓がんの症状とし
て1番多いのが、上腹部や背中などの痛みと黄疸です。
黄疸がでると皮膚や白目の部分が黄色っぽくなります。

がんがある程度進行すると、体重減少・全身倦怠感・
食欲不振などの全身症状がでてきます。しかし、この
ような症状は他の病気でもあらわれやすいため、すぐ
すい臓がんと特定することは難しいといえます。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : すい臓がん

09:13  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

すい臓がんを早期発見する

2017.01.30 (Mon)

日本では、毎年30,000人以上の方がすい臓がん
亡くなっています。しかし、残念なことにその診
断と治療はいまだに難しいことが知られています。
すい臓は体の深部に位置し、胃・十二指腸・小腸・
大腸・肝臓・胆のう・脾臓などに囲まれているため、
がんが発生しても見つけるのが非常に難しいのです。

その上、どんな人が膵臓がんになりやすいのかも
よくわかっていません。胃がんや大腸がんのように
早期のうちに見つけることは難しく、すい臓がん
わかったときにはすでに進行していることが多いの
です。治療のためには早期発見はとても重要です。
では、すい臓がんを見つけるためにはどのようなこ
とを心がけていけばいいのでしょうか。

すい臓がんの早期発見が困難な理由は、検診や人間
ドックの腹部検査で使用される「超音波(エコー)」
には“空気を通りにくい“という弱点があるからです。
すい臓の前部には空気をたくさん含む胃が位置してい
るため、直径2cm以下の早期段階でのがん発見率は
わずか4.1%とされています。

すい臓がんを早期発見するポイントは「さしたる理
由もないのに血糖値が急上昇する」のを見逃さない
ことです。一般的に血糖値の急上昇は、「不摂生」
「ストレス」「遺伝」によって起きるケースがほと
んどです。そのため、それらの覚えがないのに「空
腹時血糖」「尿糖」「ヘモグロビンエーワンシー
(HbA1c)」などが前回の結果と比べて急上昇したと
きは注意が必要です。すぐにお近くの消化器内科、
消化器外科、肝胆膵(すい)内科など「すい臓の検査が
できる医師」にご相談ください。

また、下記のような場合にもすい臓の検査をする
ことが大切だと考えれれています。

・超音波検査で、すいのう胞が見つかったとき
すいのう胞とは、すい臓にできる液体の溜まった
袋です。がん自体ではありませんが、近年の研究
でこれをもっている人は、すい臓がんの発生リス
クが22.5倍になることが明らかになっています。

・血液検査でアミラーゼが基準値を超えていたとき
人間ドックの血液検査の項目に入っていることが
多い「アミラーゼ(すい臓などから出る酵素の1つ)」
値の上昇は一時的な場合が多いため、基準値を超え
た場合は放置しないようにしてください。

すい臓がんを起こす危険因子としては、糖尿病、慢
性膵炎、肥満、喫煙などがあげられています。まだ
まだ研究段階のため解明されていない部分も多い病
気ですが、早期発見や予防のためにも人間ドックの
結果にもいつもより少し時間をかけて目を向けてみ
ましょう。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : すい臓がん すい臓 がん

11:20  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

すい臓がんは怖い

2017.01.26 (Thu)

最近、がんに罹る方が増えています。
日本において昭和56年より死因の第1位となった
この病気は、現在では年間36万人以上の人の命を
奪っています。
日本人にとって、がんは「国民病」といえるでしょう。

国民の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が
がんで亡くなるとされていますが、そのなかでも
特に危険だといわれているのが「すい臓がん」です。

自覚症状が乏しいため早期発見がきわめて難しく、
進行が早い、そして肝臓などほかの臓器にも転移
しやすいという特徴があります。

すい臓は、胃の後ろにあり、長さ20cmほどの細長い
臓器です。すい臓は2つの役割を果たしています。
食物の消化を助けるすい液の産生(外分泌)と、イ
ンスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホ
ルモンの産生(内分泌)です。すい液は膵管(すい
かん)によって運ばれて主膵管(しゅすいかん)と
いう1本の管に集まり、十二指腸乳頭(じゅうにし
ちょうにゅうとう)へ流れます。

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞
にできます。これを膵管がんといい、すい臓がんは、
通常この膵管がんのことを指します。すい臓は洋ナシ
を横にしたような形をしていますが、膵管はこの細
長いすい臓を貫いて網の目のように走る細い管です。
手術するときは、がんのある位置や広がりによって、
これらのどこを切除するかが決められます。

すい臓がんは自覚症状がまったくない場合が多く、
自覚症状があったとしてもすい臓がんだと気づきに
くいという特徴があります。すい臓がんの症状とし
て1番多いのが、上腹部や背中などの痛みと黄疸です。
黄疸がでると皮膚や白目の部分が黄色っぽくなります。

がんがある程度進行すると、体重減少・全身倦怠感・
食欲不振などの全身症状がでてきます。しかし、この
ような症状は他の病気でもあらわれやすいため、すぐ
にすい臓がんと特定することは難しいといえます。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

17:03  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

C型肝炎について

2010.11.19 (Fri)

C型肝炎は、日本では約200万人が感染して
いるといわれています。
感染から長期間たつと、肝硬変から肝臓がんに
進行する恐れがあるそうです。

肝炎を起こす肝炎ウイルスは5種類あり、
肝炎が慢性化するのはB、C、D型だが、
日本では、このうちD型肝炎ウイルス感染は
ほとんど見られないようです。

B型肝炎ウイルスは、乳幼児期に母親から
感染すると、高率でウイルスの保有者となるが、
大人になって感染した場合はほとんど保有者
にならないそうですが、C型肝炎ウイルスは、
感染すると、年齢に関係なく高率で保有者に
なるようです。

C型肝炎ウイルスの保有者が、6カ月以上
肝機能障害が続く場合を「C型慢性肝炎」と
定義しているようです。
C型肝炎ウイルスに感染し慢性肝炎を発症
した人は、20年ほどで30%が肝硬変になり、
そのうち7%前後が肝がんを発症するそうです。

C型慢性肝炎は、自覚症状がほとんどなく、
重症化して、食欲不振や疲れやすさが
認められるため、健康診断や他の病気の
診断、献血時の血液検査などで発見される
ことが多いようです。

C型肝炎ウイルスは、血液を介して感染
しますが、従来の感染経路としては、輸血や
血液製剤による治療、注射器や注射針の
繰り返し使用などだったようです。


しかし、感染防止策として注射器、注射針
を使い捨てにし1989年からは献血の血液に
肝炎ウイルス検査を行うようになったため、
医療行為による感染は激減したようです。

現在の献血時の検査は、精度が一層高く
なっているそうです。

C型肝炎の治療は、インターフェロンという薬を
使用し、2カ月から半年間この治療を受けた
患者のうち、30%は肝機能が正常化し、
血液中からC型肝炎ウイルスが検出されなく
なるそうです。

リバビリンという薬は、インターフェロンと併用すると、
患者の40-50%に肝機能正常化の効果が
得られるようです。

また、体内で徐々にインターフェロンを放出する
ように改良されたペグインターフェロンという薬も
使われており、90年以前に輸血や血液製剤に
よる治療を受けたことがある人は、1度、肝臓の
専門医でC型肝炎ウイルスの感染の有無と
肝機能の検査を受けてみた方がいいようです。




テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : C型肝炎 肝硬変 肝臓がんに

11:47  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

がんの痛みとモルヒネ

2010.06.05 (Sat)

がんの痛みに対し、モルヒネなど麻薬を使う治療は、
日本ではまだ十分に普及していないそうです。

今日は、がんの痛みモルヒネについてのお話です。

日本人の死亡原因は、がんが40-64歳の中高年層
では44%を占め、65歳以上の高齢者層でも27%で、
いずれも第1位のようです。

がん患者の中で、痛みがある人は、がんの進行に伴って、
増えるばかりか、痛みも徐々に強くなそうです。

がんの慢性的な痛みは、患者に不安や不快感を引き
起こし、それがまた痛みを助長するという悪循環を生み
出すようです。

世界保健機関は、がんの痛みに麻薬によるがん疼痛
治療法の基準を示しており、これに従って治療すれば
85-90%の患者で痛みが緩和できるとされています。

この治療法で主に使用されるモルヒネやコデインなどの
麻薬は、日本では鎮痛薬としての使用量が、英国の
約8分の1、米国やオーストラリアの約6分の1にとど
まっているそうです。

モルヒネの使用量が日本で少ないのはいろいろな理由
がありますが、がんで痛みがある患者のうち、痛みが取り
除かれている人は、約半分だといわれているそうです。

モルヒネは、脳と脊髄に作用して強力な鎮痛効果を
発揮しますが、「麻薬は怖い」というイメージがありますが、
怖いのはヘロインで、モルヒネより強力な精神作用がある
ばかりか、静脈注射することで血中濃度が急激に上昇
します。
しかし、がんの疼痛治療に使われるモルヒネは、ヘロイン
とは全く異なるそうです。

痛みの治療のためのモルヒネ投与は、長期間行われ
ても麻薬中毒になることはまずないそうです。

がんの痛みを最小限度に抑えるには、患者は、まず痛み
とその程度を訴え、モルヒネ投与を受けた際には副作用
の状態を医師に伝えることが必要のようです。

モルヒネ投与で痛みを抑えることができても、副作用対策
が不十分だと、投与ができなくなることもあるため、体調の
変化を医師に正しく伝えることが大切だそうです。


 

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : がんの痛み モルヒネ がん疼痛

15:58  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT