09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

臍帯血移植とは

2010.12.27 (Mon)

へその緒の血液である臍帯血を活用する
臍帯血移植が広まりつつあるようです。
これによって、白血病先天性免疫不全症
などの治療に光明が見えてきたそうです。

血液を作る、免疫によってウイルスや細菌から
守ったり、老廃物を体外に排出して新しい
栄養分を補充するなどの基礎的な体の働きが
損なわれる病気としては、急性白血病、再生
不良性貧血、先天性免疫不全症、先天性
代謝異常疾患などがあるそうです。

こうした病気の治療で、薬物療法などが効果
のない場合などは、血液の成分を作る細胞を
移植する必要があり、従来は、造血機能がある
骨髄を移植する方法しかなかったようです。

しかし、1990年代の半ば以降、造血機能の
ある臍帯血を移植する治療が始まりました。

臍帯血はへその緒の血液なので、提供者は、
針を刺されることもないので苦痛もなく、手間
も要りません。

採決された臍帯血は、冷凍保存され各地の
臍帯血バンクで管理されるそうです。

輸血は血液型が一致しなければできないのに対し、
骨髄移植と臍帯血移植は、白血球の血液型で
あるHLAがある程度一致していなければできないが、
HLAの幾つもの指標のうち、骨髄は1つの不一致
までが移植の許容範囲であり、臍帯血は不一致が
2つでも移植できる。このため、適合する血液が
見つけやすいようです。

臍帯血は、今後、3つの不一致まで移植できる
可能性も出てきているそうです。

造血幹細胞の移植が必要な病気は、命にかかわる
ものであり、移植をうけた時には既に進行している
患者が多いそうで、。このため、臍帯血移植を受
けても、全員が回復するとは言えませんが、移植
患者の中には日常生活ができるようになった人も
いるようです。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 臍帯血 臍帯血移植 白血病 先天性免疫不全症

14:14  |  出産  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

水中出産について

2010.04.02 (Fri)

今日は、話題の水中出産についてのお話です。

温水の中で出産する水中出産には、通常の出産方法には
ない特徴があるそうです。

出産は、多くは分娩(ぶんべん)台の上で行われているが、
姿勢としては決して楽ではなく、赤ちゃんにとっても出てき
やすい姿勢ではないそうです。

過去には、ひざを曲げて座る、四つんばいになるなど、
骨盤が広がって、赤ちゃんが自然に出てきやすい姿勢で
行われていましたが、こういった姿勢を取り続けたり、
この状態から姿勢を変換したりするのは容易ではない
ようです。

入浴や水泳で経験するように、水の浮力を利用すると、
姿勢の変換が簡単にできます。
体が軽く浮く水中出産の特徴の一つは、重力の影響を
少なくして、自分にとって楽な姿勢を取れることになります。

もう一つの特徴は、体と心のリラックスだそうです。
温水に入ると血液の循環が良くなり、筋肉の緊張が和らいで
陣痛が軽くなり、産道の筋肉もほぐれるそうです。
体の緊張が解けると心の緊張も解けるようです。

難産は、体と気持ちが互いに緊張を強め合って起きるとも考え
られるそうです。

水中出産は、体がリラックスすると心もリラックスするという
いい環境をつくるそうで、出産する際は、陣痛の間隔や
子宮口の広がり具合などの条件が整ったときに温水に入り
ます。

温水の温度は30度から34度。生まれるまでずっと入っている
わけではなく、1回60分を限度としているようです。
陣痛を和らげる目的で入る場合もあるようです。

赤ちゃんは、待機している医師とスタッフがすぐに水中から
取り上げるので、赤ちゃんがおぼれる心配はないようです。

なお、水中出産は、骨盤が狭い、卵巣に病気があるといった
母体の事情や、逆子や多胎児などの胎児の状態によっては
できないそうで、また、家庭では、助産師がいる場合でも、
緊急時の医療行為がすぐにできないとか、水質の管理が
難しいなど、行いにくい面があるようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 水中出産 リラックス 陣痛

14:15  |  出産  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。